世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜3週目〜

「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜3週目〜

「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜3週目〜をレポートします。

挑戦するきっかけはこちら
3日間つづけて定時退社をしてみて

定時退社するための工夫はこちら
「結果を出して定時で帰る」を実践〜とにかく予定を入れる編〜

2週目のレポートはこちら
定時退社への挑戦 〜2週目〜

人生を充実させるためには、仕事だけでなく、自分の時間、家族との時間、大切な仲間との時間が重要です。

さて今週はどうだったのか、ご報告します。

「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜3週目〜

宇部 花

10月5日〜9日

5日:夕方に突発案件発生、1時間の残業
6日:定時退社、同期と交流会
7日:社内会議、飲み会
8日:社外会議、社外の飲み会
9日:定時退社、自己啓発、昔の同僚と飲み会

5日以外は定時に退社できています。

しかし、5日中、4日間が飲み会のため深夜帰宅となり、睡眠時間も平均で6時間取れませんでした。

そのため、今週は「睡眠不足」と「自分・家族との時間が十分にとれない」ことに悩まされました。

特に、睡眠不足になると

・日中の仕事効率の低下
・通勤時間中のインプットとアウトプットの質の低下

を引き起こします。

改善点として

・飲み会は最大で週3回までとする。
・飲み会があっても、睡眠時間を7時間確保できるように早く帰る

ことを実践します。

まとめ

定時退社しても、飲み会で時間が奪われ、自分と家族の時間、仲間との交流をバランス良くとって、幸せだと毎日思える日を過ごすことができないと意味がありません。

飲み会が無駄だとは思っていません。

しかし、1週間が飲み会ばかりで時間を奪われることに課題があります。

これからスケジュールする飲み会は最大週3回までとします。

そして、毎日睡眠時間が7時間となるように帰宅する工夫も行いたいます。

定時退社を目指して、自分が楽しく・幸せに時間を過ごそうと決心したからこそ、感じたことです。

まだ、3週目。

工夫をしながら、「結果を出して定時に帰る」を実践していきます。

もう1つ読んでいきませんか?

定時退社をすると、「平日」だけでなく「休日」も充実する

定時退社への挑戦 〜2週目〜

「結果を出して定時で帰る」を実践〜とにかく予定を入れる編〜

3日間つづけて定時退社をしてみて

しあわせになれる『はたらきかた』武田双雲を実践〜よい仕事には余白が必要。休みを積極的をとってみた〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top