世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

「怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる」by大鶴和江さん~怖れって自分次第で手放せるんです~

「怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる」by大鶴和江さん~怖れって自分次第で手放せるんです~

大鶴和江さんがかかれた「怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる」を読みました。

「怖れ」って、本当に嫌な感情ですよね。

なくなればいいのに、絶対に無くならないものだと思ってました。

この本を読むと、自分次第で怖れを手放して、悩みから自由になれることができるってわかったんです。

私にとっては、世紀の発見。

腑に落ちるまで何回も読むことになりましたが、私が本から学んだ怖れを手放すために大切な考え方を紹介します。

「怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる」by大鶴和江さん~怖れって自分次第で手放せるんです~

広告

怖れとは?

怖れや不安は、ありとあらゆるところに存在し、絶対に逃れられないものだと思っていました。

しかし、この本では、

恐怖や緊張や不安は、「自分の心の中で創り出した想像や妄想」であることがほとんです。

と紹介されています。

私なりに解釈すると、怖れは自分で勝手に作り出して、自分で恐れているってこと。

だから、怖れはどうにもならないものではなく、自分次第では手放すことができちゃうんです。

これこそが、私にとっての大発見です。

だって、怖れは絶対に自分ではどうにもならないものだと思っていたから。

怖れを手放す第一歩は?

しかし、怖れは簡単に手放すことはできません。

簡単に手放せるんなら、こんなにも悩まないわけで。

簡単に手放せない理由は、嫌われるかもしれない、見放されるかもしれないという自分の心が創り出す怖れを手ばなして自分が幸せになると決めるないといけないからです。

私たちは、他人にどのように思われるかを気にしてしまいます。

なかでも、嫌われるかもしれない、見放されるかもしれないっていう恐怖をなかなか手ばなせないですから。

しかし、ここががんばりどころ。

他人の目や評価を気にしない勇気を持つことが第1歩なんです。

なぜ他人の評価を気にするのか?

他人の目を気にするのは、子供時代に親の目を気にしてきた習慣がまだ残っているからなんです。

大好きな母親の関心を引くために、母親の評価を常に意識して子ども時代をすごしてきました。

この子ども時代の考え方や行動のパターンが大人になっても残っているんです。

子ども時代には役に立った考え方や行動のパターンは大人になっても約に立つとは限らないんです。

他人の評価を気にしないために

子ども時代に作られたパターンは大人になっても役立つわけではありません。

大人になってからも他人の目を一番大切にして生きていると、自分らしく生きることができません。

他人がどのように思うのかより、自分の想いや感情を大切にすることが重要です。

わかっていても、他人の評価より自分の感情を大切にすることは難しいです。

自分を大切にするには自己重要感を高める訓練が必要となります。

自己重要感とは

自己重要感とは

「自分という人間はここにいてもいい、

 生きているだけで、自分は価値のある存在だと思えるし、

 なにかができるとかできないとかにかかわらず、

 無条件に自分がいきていてもいいとかんじられる」

ことです。

誰かの役に立つことで自分の価値を見出してきた私にとっては、なかなか理解できない感覚です。

自己重要感を高めるには、自分の感情と日々向き合っていくことが大切になります。

まとめ

怖れは自分の心が生み出しています。

なので、自分の心について理解していくと、怖れを手ばなし、悩みから自由になれます。

この本には、自分の感情との付き合い方についても詳しく記載されています。

読み進めていくことで、気がつかなかった自分の感情に向き合え、自己重要感を少しずつ高めていくことができます。

怖れを手ばなし、悩みから自由になりたい方にはとてもオススメの本ですよ。

「怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる」をチェックしたい人はこちら

悩みから自由になるヒントについてもう1つ読んでみてはいかがですか?

まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたらすぐ読む本 心屋仁之助〜自分らしく生きて、まわりともうまく付き合うために知っておき、挑戦したいこと〜

「人の目を気にせずにラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのこと」金光サリィ〜自分らしく生きたい私に響いた3つのポイント〜

仕事がツライと思ったら読む本 心屋仁之助〜本当に仕事が辛いと思っているあなたにオススメの本〜

「とにかくウツなOLの人生を変える1ヵ月」by はあちゅうさん~見方を変えれば、人生はあっという間に変わる!~

コメント0件

プロフィール

かく
ブログ運営者の『かく』です。
世界一幸せなサラリーマンを目指して活動中です。

詳しいプロフィールはこちら
アイコンの秘密もプロフィールを見ればわかりますよ。
プロフィール | kaku3.jp

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top