世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

ドリップバックコーヒー「ポールバセット シグネチャーブレンド(ポールバッセト 新宿店)」〜酸味とコクのバランスがよいコーヒー〜

ドリップバックコーヒー「ポールバセット シグネチャーブレンド(ポールバッセト 新宿店)」〜酸味とコクのバランスがよいコーヒー〜

ドリップバックコーヒーは美味しくないと思っていました。

しかし、成田専蔵珈琲店の「珈琲の街ひろさき ドリップ珈琲」を飲んで印象がかわりました。

ドリップバック「珈琲の街ひろさき ドリップ珈琲(成田専蔵珈琲店)」〜ドリップバックの概念が変わった珈琲〜

ドリップバックコーヒーは、仕事中にオフィスで飲むのに適してます。

今は気になるお店でドリップバックコーヒーを見つけると、ついつい買ってしまいます。

Paul Bassett(ポールバセット)新宿店へ行ったときに買いました。

Paul Bassett(ポールバセット)新宿店 〜バリスタ世界チャンピオンプロデュースのお店〜

ドリップバックコーヒー「ポールバセット シグネチャーブレンド(ポールバッセト 新宿店)」〜酸味とコクのバランスがよいコーヒー〜

Paul Bassett(ポールバセット)新宿店 ドリップ

購入店

ポールバセット(新宿店)

価格

650円(5パック)

豆の特徴

華やかなアロマ、果実のフレッシュな酸味とチョコレートのようなコク、トータルにバランスがよいコーヒー
(店頭の表示より)

Paul Bassett ドリップバック

飲んでみて

ドリップバックコーヒーは薄いイメージがありましたが、このドリップバックコーヒーは酸味とコクを十分堪能することができます。

手軽で美味しかったので、あっという間になくなってしまいました。

1パック130円なので、値段は缶コーヒーくらいなので決して安くないんです。

しかし、缶コーヒーの値段で本格的なコーヒーが飲めると思うといいのかな?

淹れてる風景

Paul Bassett(ポールバセット)新宿店 淹れかた

140mlを数回に分けてそそぎおわった後、約1分間くらいつけておきます。

広告

まとめ

2つ目のドリップバックコーヒーも美味しかったです。

成田専蔵珈琲店のインパクトを越えはしませんでしたが、十分の満足できるクオリティです。

今後も買ってしまいそうです。

もう1つ読んでいきませんか?

Paul Bassett(ポールバセット)新宿店 〜バリスタ世界チャンピオンプロデュースのお店〜

ドリップバック「珈琲の街ひろさき ドリップ珈琲(成田専蔵珈琲店)」〜ドリップバックの概念が変わった珈琲〜

コーヒー豆「やなか珈琲オリジナルブレンド (やなか珈琲)」〜濃厚なコクを楽しめる豆〜

コーヒー豆「ハワイ コナ ハワイアンクイーンコーヒー農園(村上珈琲)」〜香りがよく、酸味が心地よいコーヒー豆〜

コーヒー豆「ハワイ カウ エクストラファンシー カウコーヒーミル(村上珈琲)」〜香りがよく、爽やかなコーヒー豆〜

コーヒー豆「ジダモアラングァディ エチオピア産 (やなか珈琲)」〜苦味の余韻を楽しめる豆〜

コーヒー豆「マンデリンラウトタワール(インドネシア産)」〜やなか珈琲エキュート赤羽店〜

コーヒー豆「コスタリカ ハニーマウンテン」(村上珈琲)

コーヒー豆「インド ポアブス チェリー」(村上珈琲)

コーヒー豆「大地のブレンド (常盤珈琲焙煎所大宮店)」

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top