世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

人生を豊かに変える3つの習慣「福に憑かれた男」by喜多川泰さん~幸せに働くために大切なことを教えてくれる~

人生を豊かに変える3つの習慣「福に憑かれた男」by喜多川泰さん~幸せに働くために大切なことを教えてくれる~

喜多川泰さんが書かれた『人生を豊かに変える3つの習慣「福に憑かれた男」』を読みました。

喜多川泰さんの本を読んだことがありますか?

私は喜多川泰さんが書かれた「株式会社タイムカプセル社」を読んでからファンになりました。

書評はこちら
株式会社タイムカプセル社 by喜多川泰さん~人生はその気になれば、いつでもやり直せるんだよ!~

引き込まれるストーリーで楽しいのはもちろんのこと、今の自分に染み入る言葉が見つかってしまうんです。

読み終わった後には、心が温かくなり、自分らしく生きる勇気をもらえます。

『人生を豊かに変える3つの習慣「福に憑かれた男」』からは、仕事に向き合う姿勢について発見がありました。

そうそう、こんな意識で働きたかったのにいつの間にか忘れてたなってことを思い出させてくれる本でした。

一生懸命働いているのに、辛い、成果がでないって人にオススメですよ。

人生を豊かに変える3つの習慣「福に憑かれた男」by喜多川泰さん~幸せに働くために大切なことを教えてくれる~

広告

仕事が辛いときの思考は?

仕事をするときに、ついつい

・成果が出たかどうか?
・売上を上げられたかどうか?
・儲かったどうか?

しか考えてないことはありませんか?

私は、営業の仕事をしているときに一緒に仕事をしている人やお客さん自身に興味よりも、どんあ評価が得られるのか、どのくらい支払ってくれるかしか考えていません。

人よりお金や成果のことしか考えていないと、商品を勧めることは押し付けてお金を奪い取ることだと思い、心苦しくなってしまいます。

このような考えだと、特に営業をしている人は、仕事が辛くて辛くて仕方なく、どんなことをしても成果がでなくなってしまいます。

奪い取っていると考えていると、成果を達成しても充実感はないですよね。

一緒に仕事をする人やお客さんのことを考えていないと、仕事は辛くなり、達成感がえられなくなります。

幸せな働き方の心構えは?

この本では幸せな働き方をするには

「目の前の人そのものに、その人の人生に興味を持つこと」

が大切だと書かれています。

さらに、

「お客を一人の親友・家族として見ることができれば、名前で呼び合い、感情を分かち合うことができれば、その親友・家族がきっとおおきな幸福を運んで来てくれる」

とも紹介しています。

そうだよね。

だって、仕事をするには、他人と絶対に関わる必要があります。

そして、他人と関わるときは、私の気持ちは必ず相手に伝わります。

目の前の人をとっても大切にすると、大切にしている気持ちが伝わります。

逆に、お金を運んでくれる人としか見なければ、その気持ちが伝わります。

どちらの気持ちが伝わる人と仕事をしたいのか、注文をしたいのかを考えると一目瞭然ですよね。

でも、ノルマに追われていると、生活に追われていると、このことをついつい忘れてしまいがちです。

自分とお客さんの両方が幸せになってこそ、仕事が楽しく、充実感がえられます。

幸せに働く第一歩って、常に目の前の人に興味をもち、大切に接することなんです。

苦難の受け止め方は?

どんなに目の前の人に興味をもち、大切に接しても、苦難はやってきます。

苦難でくじけていては、幸せに働き続けることはできません。

一生懸命仕事をして苦難にぶつかると、仕事へのモチベーションが下がってしまいますよね。

私は、苦難があると

大変なことがおこると、何で自分だけこんなことが起きたんだ~。

こんなに一生懸命に仕事をしているのに、世の中はなんて不公平なんだ~。

もう、一生懸命仕事をするのを辞めてやる。

という思考のループを繰り返してました。

そして、仕事へのやる気や意義を見失い、さらに悪い状況をつくり出してました。

しかし、苦難はマイナスのメッセージではないことをこの本では教えてくれます。

本の中では

苦難とは「今よりももっと素晴らしい人生をてにいれるためには今の場所にとどまっていたはダメだぞ。」

だと紹介しています。

苦難とは今までのやり方や考え方、行動を変えるきっかけなんです。

そろそろ行動を変えて、レベルアップするときだよってサインなんですよね。

このことを知っていると、苦難にぶつかったときにただ落ち込むのではなく、次のステージに上がるためにがんばろうと思えます。

まとめ

家族と同様に、仕事を一緒にしている仲間やお客さんを大切にできているのか?

これは、もっと幸せに働きたいって思っている私への大切な問いでした。

ちなみに、私は「大切にしている」と即答できませんでした。

よい人生を送るためには、自分や家族を大切にすることは重要です。

よい仕事をするためには、仕事仲間やお客を大切にすることがとっても重要です。

これからは、目の前の人をもっと大切にしていくぞって心に誓った本でした。

幸せな働き方をしたいなって思う人は、1度読んでみることをオススメします。

『人生を豊かに変える3つの習慣「福に憑かれた男」』をチェックしたい人はこちら

もう1つ読んでみてはいかがですか?

株式会社タイムカプセル社 by喜多川泰さん~人生はその気になれば、いつでもやり直せるんだよ!~

「会社のために働くな」by本田宗一郎~悩みながら働いてる人を勇気づける言葉がぎっしり!~

「働く力を君に」by鈴木敏文~サラリーマンとして働きがいをもつための7つのポイント~

ヒーローズ(株)by北川恵海~心が軽くなって、元気になる小説だよ!~

コメント0件

プロフィール

かく
ブログ運営者の『かく』です。
世界一幸せなサラリーマンを目指して活動中です。

詳しいプロフィールはこちら
アイコンの秘密もプロフィールを見ればわかりますよ。
プロフィール | kaku3.jp

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top