世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜4週目〜

「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜4週目〜

「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜4週目〜をレポートします。

挑戦するきっかけはこちら
3日間つづけて定時退社をしてみて

定時退社するための工夫はこちら
「結果を出して定時で帰る」を実践〜とにかく予定を入れる編〜

これまでのレポートはこちら
「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜2週目〜
「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜3週目〜

人生を充実させるためには、仕事だけでなく、自分の時間、家族との時間、大切な仲間との時間が重要です。

3週目は定時で退社をするものの、懇親会(アフター5)のお付き合いで、寝不足になってしまいました。

課題は懇親会(アフター5)の過ごしかたです。

4週目は、アフター5への対策も行いました。

さて今週はどうだったのか、ご報告します。

「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜4週目〜

紅葉

10月13日〜16日

13日:社内会議   懇親会
14日:社外会議   懇親会
15日:定時退社   セミナー+懇親会(プライベート)
16日:泊まりの会議 懇親会

今週も毎日懇親会(アフター5)がありました。

しかし、先週よりも平均睡眠時間は5時間30分から6時間30分と1時間ほど増やすことができました。

懇親会に出席しても、睡眠時間を確保するためにおこなった工夫を紹介します。

①社内の会議では、以下の2点を実施しました。

・懇親会の終了時間をプルグラムに盛り込む

・二次会をしないことを明言する

この2点を事前に会議参加メンバーと共有することで、時間どおりに1次会を終え帰宅することができました。

②社外の会議では、以下の2点

・寝不足だと不機嫌になってしまうこと(1日7時間は寝たい)

・勉強中なので、夜の時間を確保したいこと

この2点を1次会の場で多くの方に伝えました。

少し勇気はいりましたが、意外と受け入れてくれる方が多く、2次会をスムーズに辞退して帰宅することができました。

広告

まとめ

結果として、睡眠時間は目標の7時間には届きませんでしたが、先週よりも1時間多く確保することができました。

仕事上の懇親会(アフター5)は全て断ることは難しいのが、サラリーマンの悲しいところです。

しかし、自分の行動を変えるだけで、自分のリズムを崩さずに過ごすことができます。

今の課題は、懇親会(アフター5)があるとブログの更新ができないことです。

今週は、懇親会があっても、自分の時間を作る工夫を続けて、毎日更新を目指します。

さらに、長い目でみて、家族との時間、自分との時間を確保するために、懇親会(アフター5)は週3回を目安にスケジュール管理をします。

週3回ほど懇親会・飲み会(アフター5)が入った週は、その他の日に、「自分時間」「家族との時間」とボールペンで予定をいれるようにしております。

もう1つ読んでいきませんか?

3日間つづけて定時退社をしてみて

「結果を出して定時で帰る」を実践〜とにかく予定を入れる編〜

「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜2週目〜

「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜3週目〜

定時退社をすると、「平日」だけでなく「休日」も充実する

しあわせになれる『はたらきかた』武田双雲を実践〜よい仕事には余白が必要。休みを積極的をとってみた〜

家庭を優先させることが仕事をうまくいかせるコツ?

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top