世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

上司より妻の機嫌を大切にする~幸せに働く工夫~

上司より妻の機嫌を大切にする~幸せに働く工夫~

私が幸せに働くために意識していることが

「上司より妻の機嫌を大切にする」事なんです。

上司を大切にしなくていいって事ではないですよ。

もっと、パートナーを大切にすることで、仕事も人生も充実します。

この考えをもつようになったきっかけや実践していることを紹介します。

上司より妻の機嫌を大切にする~幸せに働く工夫~

広告

きっかけ

定時退社するようになって、家族との関係が良くなりました。

定時退社した工夫はこちら
残業せずに定時で帰る方法〜入社して12年間ずっと残業してたぼくが毎日定時退社できるようになるまでに実践した10のこと〜

家族との関係が良くなると、仕事が充実してきてんです。

家族を大切にするといいよって記事はこちら
家族との時間を大切にする理由は?〜幸せに働く工夫〜

もっと家族との関係をよくしたいなって思ってた時に娘が通っている幼稚園で講演がありました。

講演者は、花まる学習会代表である高濱正伸先生、内容は子育てに関することでした。

高濱先生を知りたい人はこちら
花まるグループ【講演会】 » 講演者 高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

子育てについて、経験も知識ももったすばらしい方なんです。

私が印象に残った言葉は

「子育てで一番大切なのは、母親がごきげんでいること。」

なんです。

講演会で、私は父親として子育てに協力できることを質問したら

「父親は、母親がごきげんでいるための、努力してください」

って言われたんです。

衝撃でした。

子どもが望んでいることって、母親が笑顔でいることなんですよね。

子供たちが家で安心して過ごしてると、私も心から落ち着いて過ごせます。

妻の笑顔を増やすためにできることは?

妻の笑顔を増やすためにどんなことをしたらいいのかも質問したんです。

すると、高濱先生は

「妻の好きなことを知りなさい。そして、好きなことができる時間を作ってあげなさい」

って事だったんです。

私の妻は専業主婦なので、常に子どもと一緒にいます。

専業主婦で家にいるからこそ、一人の時間を持つことは難しいですよね。

妻がストレスを抱えると子供たちは不安になって、家族で心地よく過ごせなくなります。

実践していることは?

妻の時間をつくるためにしてることを紹介します。

ちょっとしてことですが、

平日の夜に妻が趣味をできるように、本当に必要な時しか残業をしない、飲み会なども回数を減らすなど、家にいるようにしてます。

家では、晩御飯の片付けや子供たちの髪を乾かしたりしてます。

片付けや子供と遊んでる間は、妻は1人の時間が持てます。

ちょっとだけですけどね。

私にとって片付けや子供とのふれあいは気分転換にもつながるので、一石二鳥。

休日は私がご飯当番で3食作りますよ。

妻も手伝ってくれますが、少しでものんびりできるように頑張って作ってます。

さらに、妻が友達と飲むときは万全の体制で送り出します。

必要なら、送り迎えも。

年に数回しかない飲み会で、日頃のストレス発散をして欲しいですしね。

まとめ

妻のご機嫌をいつでも取れてる訳ではないですが、自分にできることの中から工夫をしてます。

家族と楽しく過ごす時間が、私にとって働く意欲を高める最大のエネルギーです。

私にとって妻のご機嫌をとるのは永遠の課題ですが、楽しみながら妻をご機嫌にしていきたいですね。

日々、精進!

妻のご機嫌をとるいい方法を発見したら、ブログ報告します。

高濱先生のことをもっと知りたい人が読む本

もう1つ読んでみてはいかがですか?

残業せずに定時で帰る方法〜入社して12年間ずっと残業してたぼくが毎日定時退社できるようになるまでに実践した10のこと〜

家族との時間を大切にする理由は?〜幸せに働く工夫〜

忙しさに埋没しないための朝の工夫〜幸せに働く工夫〜

会社って実は素敵なところかもよ?〜幸せに働く工夫〜

働きすぎたから変われなかったんだよな[ひとりごと]

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top