世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

「流れに身を任せて過ごす」への挑戦[3日目]〜感性を大切に今を生きる〜2017年2月3日

「流れに身を任せて過ごす」への挑戦[3日目]〜感性を大切に今を生きる〜2017年2月3日

「流れに身を任せて過ごす」への挑戦をしてます。

きっかけはこちら
流れに身をまかせるへの挑戦をします〜感性を大切にして、今を生きる〜

3日目の様子を紹介。

流れに身を任せるとは、自我を捨てるってことかなって思った1日でした。

「流れに身を任せて過ごす」への挑戦[3日目]〜感性を大切に今を生きる〜2017年2月3日

今日も仕事です。

サラリーマンだから、当たり前か。

午前中は、溜まった自分の仕事を片付けて、部下と打ち合わせをしました。

流れに身を任せる月間なので、いつものルーティーンは無視して気分で進めようと決めました。

気分で進めようと思っても、染み付いたルーティーンは抜けないですね。

気がつけば、いつも通りの進め方でやっていました。

打ち合わせでも流れに任せてみると、部下の意図を組み込みながら、部下が力が発揮できるように進めることができました。

部下の立場にたって進めると部下の反応もよくて、スムーズに進みます。

私の好みを押し付けるよりすごくいい。

自分のエゴを手放すとスムーズに進むんだなって実感。

午後は会議。

主に確認のための会議だったんです。

この手の会議に出席すると、

・もっと端的に話すことができないのかな?
・なんでそんな質問をするのかな?
・もっと短時間で終わらせられないのかな

ってイライラしながら聞いてきました。

今回は、流れに身を任せるという心構えで会議に臨みました。

すると、きっとこの会議はこのテンポで進めるのがいいのかなって気持ちで話を聞くことができ、イライラせずに会議を終えることができました。

ゆっくりめのテンポで進むと、のんびりと資料を読み込んだり、考えごとをする時間があり、のほほんとしてると新たな発見がありました。

ハイスピードで進んでいると、見落としていることってあるんですよね。

会議後は残っている仕事を力まずに、でもテキパキと終わらせました。

だって、明日は家族でスキーなので、終業後は早めに帰宅したいから。

早く帰りたい目的があると、さっさと仕事は終わりますね。

広告

まとめ

「流れに身を任せて過ごす」と、力まずに仕事ができます。

さらに、自分のやり方へのこだわりも薄れるから、部下の力を活かすのにもいいかも。

自分の考えややり方にこだわってると、スムーズに流れていかないんですよね。

この調子でもっとゆるーく過ごしてみます。

いいかげんに生きたい人にオススメの本

書評はこちら
いいかげんに生きる 心屋仁之助〜自分の人生を取り戻すためにしたい4つのこと〜 | 世界一幸せなサラリーマン

流れに身を任せて過ごす挑戦の様子はこちら

流れに身をまかせるへの挑戦をします〜感性を大切にして、今を生きる〜

「流れに身を任せて過ごす」への挑戦[1日目]〜感性を大切に今を生きる〜2017年2月1日

「流れに身を任せて過ごす」への挑戦[2日目]〜感性を大切に今を生きる〜2017年2月2日

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top