世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

自分が家族を大切にするようになって、家族から大切にされるようになった~幸せに働く工夫~

自分が家族を大切にするようになって、家族から大切にされるようになった~幸せに働く工夫~

幸せになるために

・与えることから始めなさい
・自分から大切にしなさい

ってことが自己啓発本に書かれていますよね。

本当かなって思っていたんですが、実践してみると確かになって思うことがたくさんありました。

幸せに働くために一番大切だと思っている家族との関係をどのようにして良くしていったのか紹介します。

ポイントはまずは自分が大切にすること

自分が家族を大切にするようになって、家族から大切にされるようになった~幸せに働く工夫~

広告

昔の自分は?

自分が認められたくて、仕事をひたすら頑張っていました。

営業職だったので、朝は7時には家を出て、遅いときは夜の12時。

休日も半分は出勤し、代休はとらず。

週休2日の会社なのに、ほぼ週休1日でした。

さずがに、家族の記念日には有給休暇をとっていましたが、年間10日くらい。

なので、いつも疲れていて、イライラしては家族にやさしくできていなかったんですね。

妻は専業主婦なので、子供のことはほぼすべて任せて、甘えていましたね。

家を建てたのに

子供たちも大きくなって、5年前にマイホームを建てました。

建築家と相談を重ねて理想のマイホームを手に入れたんですが、せっかくのマイホームにほとんどいないんです。

営業から本社勤めに変わりましたが、年間90日以上出張し、年間120日以上夕食は外食。

家に帰ったら寝るだけの生活。

ローンを返すためだけに働いているようなものですね。

家族と素敵な時間を過ごしたくてマイホームを購入したのに、働いてばかりで、家にもいないし、家族とも過ごせていません。

ふと、なんのために働いているんだろうって考えたんです。

きっかけ

今から2年前に、社員の幸せのために労働組合の責任者になることを決めました。

責任者になってどんなことをするのか考えているときに、ふと自分はどうなんだって考えたんです。

大切な家族と過ごす時間は少なく、幸せになるための努力をしていないなって気が付いたんです。

他人を幸せにするなら、まず自分が幸せになってからだろうって。

それから、自分がどうなったら幸せなのか、そのためにどうしたらいいのか必死に考え、行動するようになったんです。

やったことは?

大切な人と一緒にいる時間を増やすために

・残業を減らす
・2次会も行く回数を減らす
・飲み会に行く回数も減らす
・休日出勤は極力しない、しても代休をとる

などを少しずつ実行していきました。

定時退社のコツはこちら
残業せずに定時で帰る方法〜入社して12年間ずっと残業してたぼくが毎日定時退社できるようになるまでに実践した10のこと〜

二次会を減らした方法はこちら
二次会の断り方〜年間120日飲み会に行っていた私が二次会を断るためにした4つのこと〜

結果として時間や体力的な余裕もでてきて、妻に任せきりだった家庭のことも手伝えるようになったんです。

家族に私が積極的にかかわると、自然と会話も増え、妻や子供たちとの距離もさらに近くなっていきました。

時間と労力を家族に向けることで、ちょっとずつ変化していったんです。

まとめ

今は、平日は朝ご飯とゴミ出し、夕飯の後片付けは私の担当。

休日のご飯、掃除機がけも私の担当。

ちょっとだけ、妻の時間が取れるようにお手伝いができてます。

継続した結果、仕事や趣味への理解が進んできて、昔より家族の支援が増えてきました。

大切な家族を自分から大切にするようになったからこそ、大切な家族とさらにいい関係ができたんだと実感。

大切なことにこそ、自分の時間や労力を使って大切にしていきたいですね。

まずは、自分からだ~!

与えることが大切だよって気づかされる本はこちら

書評はこちら
「あたえる人があたえられる」byボブ・バーグ&ジョン・デイビッド・マン〜豊かに成功するための5つの秘訣〜 | 世界一幸せなサラリーマン

もう1つ読んでみてはいかがですか?

残業せずに定時で帰る方法〜入社して12年間ずっと残業してたぼくが毎日定時退社できるようになるまでに実践した10のこと〜

定時退社をすると、「平日」だけでなく「休日」も充実する

二次会の断り方〜年間120日飲み会に行っていた私が二次会を断るためにした4つのこと〜

上司より妻の機嫌を大切にする~幸せに働く工夫~

家族との時間を大切にする理由は?〜幸せに働く工夫〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top