世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

「この本は100万部売れる」by井狩春男さん〜ベストセラーのキーワードは身近、これはブログにも使える〜

「この本は100万部売れる」by井狩春男さん〜ベストセラーのキーワードは身近、これはブログにも使える〜

井狩春男さんが書かれた「この本は100万部売れる」を読みました。

ベストセラーの目利きと言われた井狩春男さんが、ベストセラーの方程式を紹介しています。

ベストセラーの方程式の中に、ブログにも活用できそうな内容があったので紹介します。

キーワードは「身近」です。

「この本は100万部売れる」by井狩春男さん〜ベストセラーのキーワードは身近、これはブログにも使える〜

広告

ベストセラーのキーワードは?

この本では、

「ベストセラーを作るためのキーワードはたった1つしかない。」

と書かれています。

そのキーワードは「身近」なんです。

身近に感じることをイメージしにくいですが、

本の中で、身近とは読む人が、「あ、これはわたしのためにつくられた本だ」って思うことと紹介されています。

これには、納得しますよね。

では、どんな「身近」だったらいいのか紹介します。

内容が身近

内容が身近とは、すらすら読めて、分かりやすく、かんたんに書いていあることです。

簡単な内容にしなさいということではありません。

たとえ、経済など難しそうな内容でも、すらすら読めるように書いていあると身近になります。

どんな内容でも、読む人が身近だなって感じる工夫をすることが大切なんです。

これはブログでも一緒ですよね。

読む人が身近だなって感じ、かつすらすら読めるように書くと、多くの人に読んでもらえることですよね。

タイトルが身近

本でも、ブログでも、読むかどうかはタイトルで決めることは多いですよね。

読む本はブログのタイトルは、これは自分のためになりそうと身近に感じるものが多いです。

タイトルについては、別の章で5つの項目で書かれているほど奥深いものです。

著者が分析した内容には、

・難しい言葉を使わない
・前向き
・タイトルだけで達成感を与える

などなどありますが、詳しく知りたい方はこの本を読むことをお勧めします。

ブログを学んでいる人は、誰もが知っていることですが、実践するのは難しいですよね。

著者が身近

本でも、タイトルが気になったら、どんな人が書いているかもチェックしますよね。

有名な人であればあるほど、身近に感じます。

しかし、無名でも工夫はできます。

読んだ人が身近に感じる工夫を重ねると、たとえ無名でも身近に感じてもらえるかもしれません。

無名の人ほど、プロフィールの工夫が大切。

情報が身近

ベストセラーになるには、多くの人に読んでもらう必要があります。

一部の人にしか興味がない内容だと、その時点で限られた人にしか届きません。

多くの人に届けたいなら、多くの人が身近だなって思える情報を発信することが大切です。

また、どんな情報も身近に感じてもらえるような工夫が大切です。

ついつい、これはいい情報だっと思って発信をしてしまいます。

そこに、どうしたら読む人が身近かに感じるのかという視点を入れるだけで、多くの人に届く内容になるかもしれません

短いという身近さ

「すぐ読める、すぐ分かる本はベストセラーになりやすい。」と紹介されています。

ブログも、すぐ読めて、すぐ分かるという内容が読みやすいですよね。

書く側は、伝えたい思いが強すぎると、長く、難しい文章になってしまいがちです。

文章の短さは、読み手にとっての身近につながります。

明るいという身近さ

「良し悪しに関係なく、内容の暗いものは売れにくい傾向にある。ただし、小説などは例外」と紹介されています。

大多数の読者は明るい方に向いているからだと分析されています。

ブログは制限もなく発信できるメディアなので、明るくても暗くてもどちらでもいいと思います。

ただ自分のブログを、ベストセラーのように多くの人に届けたかったら、明るいという要素は忘れてはいけないのかもしれません。

新しいという身近さ

読者は常に新しいもの好きです。

知ってると思われると、その本を手に取ってもらえません。

しかし、まったく新しいものを生み出そうとしたら至難の技です。

大切なのは、「新しい」と思わせる工夫。

似たようなことでも、味付けや盛り付けを変えながら、「新しい」と思ってもらうことに力を入れることです。

本も似たような内容の本がたくさん出ていますよね。

ブログも、新しそうだなって思ってもらえる工夫をすることで多くの人に届く可能性が広がります。

まとめ

「身近」って考えば考えるほど、難しいテーマです。

考えても考えても、答えは出てきません。

だからこそ、考えて工夫した人が多くの読者を集めることができます。

いい内容を書いているはずなのに、多くの人に届いていないなって悩んでいるブロガーさんにはとてもオススメの本です。

私も、もっと「身近」に感じれてもらえるブログを書いていきます。

「この本は100万部売れる」をチェックしたい人はこちら

もう1つ読んでみてはいかがですか?

「自分の言葉で人を動かす」by木暮太一さん〜これで妻からつまらない話しと言われなくなる〜

コメント0件

プロフィール

かく
ブログ運営者の『かく』です。
世界一幸せなサラリーマンを目指して活動中です。

詳しいプロフィールはこちら
アイコンの秘密もプロフィールを見ればわかりますよ。
プロフィール | kaku3.jp

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top