世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

「本を出したい人の教科書」by吉田浩さん〜サラリーマンでも本は出せる!〜

「本を出したい人の教科書」by吉田浩さん〜サラリーマンでも本は出せる!〜

吉田浩さんが書かれた「本を出したい人の教科書」を読みました。

サラリーマンながら、本を出すことに憧れている私。

本を出して、多くの人をセミナーやコーチングして、幸せなサラリーマンが増えるお手伝いをしたいと密かに思っています。

普通のサラリーマンにとって、出版なんて縁のない世界かと思っていましたが、この本を読むと私でも努力を重ねたら本が出せるか持って思えるんです。

毎年100冊の本作りを手伝っている吉田浩さんから学ぶ、本を出すために知っておくといいことを紹介します。

「本を出したい人の教科書」by吉田浩さん

広告

本を出せると信じる

本を出せる人とはどんな人でしょうか。

この本では「本を出せると信じている人が出版できる」と書かれています。

つまり、出版のスイッチをONにして、信じて行動し続けることが出版への第一歩なんです。

まずは、自分でも出版できると信じてみましょう。

誰にでも宝は眠っている

いくら信じても、普通の人には本になるネタなんてないと思ってしまいますよね。

この本では、

「ごく普通の中学生でも、平凡な看護婦さんでも、企画の切り口さえ素晴らしければ読者を感動させる本は書けるのです。」

と紹介されています。

実際に14歳の中学生や普通の看護婦さんが本を出して、数万部売れているんです。

このことには勇気付けられますよね。

私が書くことができるテーマは、働いている職場や今やっている仕事に眠ってるかもしれないんです。

この宝を掘り出すことが大切なんですが、誰にでも本にできる宝が実在します。

圧倒的な体験をしよう

この本には、

「『非日常体験が作家性を創る』と言っても過言ではありません。」

と書かれています。

作家として名を成す人は人生のどこかで、必ず逆境を体験しているんです。

究極の貧乏や圧倒的な挫折など。

ということは、名を成す作家になりたければ、他の人がしない体験を進んでしたらいいってことですよね。

みんなが嫌がる仕事を引き受けたり、みんながやらないことをやってみたり。

普通のサラリーマンでも日頃の行動を変えたら、名を成す作家に近づけるかもしれません。

1万時間かける

どんなど素人でも、1万時間を費やして修行したり、研鑽を積んだりすると、プロになれるという法則です

著者は

「何かひとつのスキルを積み重ね、それこそが作家性のすべてだ。」

と書いています。

つまり、サラリーマンでも、毎日スキルを磨く意識があればプロになれるんです。

1日3時間、10年間続けたら、1万時間に到達します。

もし、仕事でスキルを積むことができたら1日3時間なんて楽勝ですよね。

10年は長いですが、本を出せるとわかれば頑張れる年数ですよね。

常にスキルを磨く意識を持ち仕事を続けていたら、サラリーマンでも本が出せるチャンスがあります。

授業料を払う

この本では

「人を感動させる文章を書くには、膨大な量のインプットが必要です。そのインプットのためには、多額のお金がかかります。」

と書かれています。

つまり、いい文章を書くために、授業料を払いなさいってことです。

どれだけ、身銭を切って投資し、体験を詰めるかってことですよね。

本を出しかたったら、授業料を払って経験を積む意識が大切ってことですね。

まとめ

この本を読んで、スキルを磨き続けたら出版できるかもという夢を持つことができました。

この本には出版するために必要な知識がたくさん詰まっています。

出版してみたいけど、自分では無理かなって諦めていた人に読んでほしい本です。

少しでも本を出してみたいなって思ったことがある人は是非。

「本を出したい人の教科書」をチェックしたい人はこちら

もう1つ読んでみてはいかがですか?

「この本は100万部売れる」by井狩春男さん〜ベストセラーのキーワードは身近、これはブログにも使える〜

「自分の言葉で人を動かす」by木暮太一さん〜これで妻からつまらない話しと言われなくなる〜

コメント0件

プロフィール

かく
ブログ運営者の『かく』です。
世界一幸せなサラリーマンを目指して活動中です。

詳しいプロフィールはこちら
アイコンの秘密もプロフィールを見ればわかりますよ。
プロフィール | kaku3.jp

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top