世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

全米ドラマ「SUITS(スーツ)」シーズン1 ・第2話から学ぶ逃げなきゃ方法〜幸せに働く工夫〜

全米ドラマ「SUITS(スーツ)」シーズン1 ・第2話から学ぶ逃げなきゃ方法〜幸せに働く工夫〜

全米ドラマの「SUITS(スーツ)」にハマってます。

見るきっかけは、Amazonプライムに加入したこと。

Amazonプライムっていろんな映画やドラマが見放題で楽しいですよね。

そんな中、スーツ好きの私の目に止まったとがこのドラマ「SUITS」。

出演者のファションも素敵なんですが、セリフも素敵。

詳しく知りたい方はこちら
海外ドラマ「SUITS/スーツ」

ドラマ「SUITS」から学ぶ働く知恵を紹介します。

全米ドラマ「SUITS(スーツ)」シーズン1 ・第2話から学ぶ逃げなきゃ方法〜幸せに働く工夫〜

人生を変えたいと思った時は、目の前のことから逃げないことが大切です。

でも、人って弱いからついつい逃げちゃいますよね。

そんな自分を勇気付けてくれるセリフがあります。

シーズン1の第2話の中から紹介。

天才フリーターであるマイク・ロスが困難な状況に陥り、他人のせいにして仕事を辞めようします。

優秀な弁護士であるハーヴィーが辞めさせないために言葉をかけます。

このセリフは全て素敵なんですが、中でも一番心に響いたのは

「辞めるのは、自分の力のなさを認めるのが怖いからだ。

 行き詰ったら、逃げ出すのか?」

ってセリフ。

ドラマを見ている私の心にぐさっと刺さりました。

逃げ出したい時って、実は周囲のせいではありません。

自分の力のなさに向き合いたくないから、いろんな言い訳をして逃げ出しちゃうんです。

自分に自信を持ちたい人こそ、逃げやすいですよね。

自分が過去に逃げてきたことを振り返ると、すべて自分の力不足を見たくないからだなと納得。

逃げずに立ち向かい、自分の力で乗り越えようとするから、新しい人生が切り開けます。

逃げ続けている限り、今の自分からは変わることはできません。

逃げそうになった時は、

「自分の力なさと認めるのが怖いの?」

自分にと問いかけようと思いました。

広告

まとめ

逃げちゃダメってことではありません。

でも、すべて逃げてたらなんにも変わらないんです。

自分を変えたいって思ったときは、これまで逃げてたことに立ち向かう必要があります。

どんな時は、「自分の力のなさを認めるのが怖いの?」と問いかけてみることをお勧めします。

他人のせいにしてても、何にも変わりませんからね。

SUITS(スーツ)シーズン1を見たい人はこちらをチェック

もう1つ読んでみてはいかがですか?

全米ドラマ「SUITS(スーツ)シーズン1」第4話から学ぶ「組織で自由を得るためのポイントは?」 | 世界一幸せなサラリーマン

[映画]マイ・インターンから学ぶ「信頼」の作り方

[レビュー]シェフ 三ツ星フードトラック始めました〜大切なものを大切にする重要さが身にしみる映画だった〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top