世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

体と心を中心に時間管理をすると仕事がスムーズに進む[時間術]~幸せに働く工夫~

体と心を中心に時間管理をすると仕事がスムーズに進む[時間術]~幸せに働く工夫~

サラリーマンとして、1日をよりよく過ごすためにタスク管理や時間管理をしています。

自分の気分がよくなるように管理をすると、結果としてよいパフォーマンスをあげられるようになりました。

これまでは、タスクをいかに効率的にするかに着目していました。

ただ短期的には効率的に仕事ができるんですが、すぐに飽きて、燃え尽きてしまうんです。

そこで、体と心に焦点をあてることにしました。

疲れてイライラした状態より、元気でウキウキした状態のほうが仕事がはかどるのではとの仮説を立てて。

仮説通り、気分屋の私には心と体をコントロールするやり方がぴったり。

どんな風に体と心に注目して時間管理をしているのか紹介します。

体と心を中心に時間管理をすると仕事がスムーズに進む[時間術]~幸せに働く工夫~

広告

朝気持ちよくおきるために

睡眠時間が7時間とれると、気持ちよく起きれます。

気持ちよく起きれると、1日が最高のスタートになります。

逆に、疲れが溜まった状態で起きると最悪。

テンションが低いまま1日を過ごすことになります。

出勤するためには最低でも朝6時には起きたい。

7時間の睡眠時間を確保した上で6時に起きるには、23時には就寝するためのスケジュールを組むことになります。

23時に就寝するためには、22時には家に帰りたい。

帰宅時間を考慮すると、飲み会があっても21時には退席したいんです。

結果として、1次会で帰ることが多くなります。

そのために、2次会には出ないための方法を自分なりに試行錯誤して、帰る方法を見つけたんです。

私が実践した2次会を出ないための方法はこちら
二次会の断り方〜年間120日飲み会に行っていた私が二次会を断るためにした4つのこと〜

2次会を悪だとは思いませんが、気持ちよく朝をスタートする日を多くするためには、原則21時で帰宅することにしてます。

今の私には夜遅くまで飲むことより、気持ちよく朝起きることのほうが優先順位が高い結果ですが。

気持ちよく仕事をスタートさせるために

気持ちよく仕事をスタートするのも大切。

仕事をスタートするときに大きな影響を与えるのは通勤時間の過ごし方です。

満員電車でもみくちゃにされてイライラした状態で出社すると、いい気分で仕事をスタートすることができません。

イライラしてると、集中力は落ちるし、他人にやさしくできないしいいことはありません。

イライラを取り除くために、時間や労力もかかります。

そこで、どうしたら気分よく通勤時間を過ごせるのか考えました。

・朝早く出て空いている電車にのる
・好きな本を読む

などいろいろ試してみました。

ただ、朝早く出ると空いている電車に乗れますが、朝に家族と過ごす時間が減ってしまいます。

妻と子供と朝ご飯を一緒に食べたいので、7時過ぎの電車に乗ることになります。

席に座れたら本を読むことができますが、座れないと本を読むスペースがなくじっとしていることになります。

そこで、アマゾンプライムに登録して、ドラマやアニメを見ることにしました。

家でダウンロードすると電波に関係なく見ることができるし、ドラマやアニメは20分~40分で通勤時間にぴったり。

片手でスマホを持つスペースがあれば、満員電車でも見れます。

ちなみに最近はまっているのは「SUITS」と「昭和元禄 落語心中」。

タスクはどうする?

仕事を始めるまえに、今日やることを紙に書き出します。

これはどんな状況でもやります。

ただ、タスクをする順番は、その日の自分の感覚で決めます。

例えば、疲れがたまっているときは気分が乗ってくるまで、単純な仕事からスタートします。

気分が乗ってきたら、労力がかかる仕事にシフトしていきます。

逆に、朝から調子がいいときは、最初に頭をつかう仕事をします。

自分の体や心の状態に合わせて、順番を決めるととってもスムーズ。

仕事中のリフレッシュにも力を入れる

サラリーマンだと基本的には8時間労働です。

8時間ずっと、心地よい状態で仕事をすることは難しいんです。

なので、リフレッシュする方法を持っているのが大切。

私の場合は、

・コーヒーを飲む
・アロマをかぐ
・音楽を聴く
・ストレッチする

という4つの方法をミックスしてリフレッシュしています。

五感でリフレッシュするのが私流。

夜の過ごし方

私は家にいる時間がながけれが長いほどリラックスできます。

家族と話したり、ゆっくりとお風呂につかったり、ストレッチや瞑想をすることで体も心もほぐれるんです。

家でゆっくりできた日は、ぐっすり眠れて、次の日の調子はいい日が多いです。

なので、月曜から金曜日まで心地よく働き続けるために、2回以上は家で過ごせるようにしています。

手帳で、「休息の日」が週に2回以上あるのか確認をしながら、様々な予定を組んでいます。

スケジューリングの工夫は?

飲み会の次の日は、午前中に重要な仕事をいれないようにします。

逆に、集中力が必要とされる仕事が立て込む日がわかっていると前日には飲み会やセミナーは入れないようにします。

気分や体調を意識すると、どんな風に1日を過ごすと次の日が調子がいいのか悪いのかがわかってきます。

もし、夜に飲み会があり、次の日の午前中に重要な会議が入ってしまった場合はお酒の量を減らして、疲れをためないような工夫もしています。

まとめ

ルーティーンを決めて、毎日同じスケジュールで過ごしてはいません。。

サラリーマンはすべて自分の意思で仕事内容を決めることができないので

自分でコントロールできないものをコントロールしようとするとストレスがかかります。

時間はすべてコントロールできませんが、自分の気持ちはコントロールできます。

なので、心地よい状態で仕事ができることに力をいれてます。

いい気分を保つことができると、自然と仕事に集中でき、いろんなことに挑戦したくなります。

無理やりモチベーションを上げる必要もなく、たんとんと仕事をしているんですが終わってみるといろんなことができてるんです。

結果として、今日もいい1日だったなという日が増えてきました。

仕事もしっかりやって、かつ心地よく過ごしたいなって人には、体と心を意識して時間管理をしてみることをお勧めします。

コンディションを整えるのにおすすめの本

もう1つ読んでみてはいかがですか?

残業せずに定時で帰る方法〜入社して12年間ずっと残業してたぼくが毎日定時退社できるようになるまでに実践した10のこと〜

二次会の断り方〜年間120日飲み会に行っていた私が二次会を断るためにした4つのこと〜

元気に活動し続けるために活動と休息をセットでスケジュール化する[時間術]~幸せに働く工夫~

1日の1%を好きなことに使うだけで、毎日が充実する~幸せに働く工夫~

時間を作って、本を読み、人に会う〜幸せ働く工夫〜

プロフィール

かく
ブログ運営者の『かく』です。
世界一幸せなサラリーマンを目指して活動中です。

詳しいプロフィールはこちら
アイコンの秘密もプロフィールを見ればわかりますよ。
プロフィール | kaku3.jp

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top