世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

嫉妬して辛い心が軽くなるアニメを紹介~昭和元禄 落語心中 シーズン1 第5話と第6話を見るといいよ~

嫉妬して辛い心が軽くなるアニメを紹介~昭和元禄 落語心中 シーズン1 第5話と第6話を見るといいよ~

活躍している友人や同僚に嫉妬ばかりしてしまう自分がいませんか?

私も、フェイスブックなどで活躍している人を見ると、ついつい嫉妬してしまいます。

嫉妬することがよいエネルギーになって、自分の活力になれば問題ないんですが。

嫉妬ばかりして、自分ってだめだなって思うと辛いですよね。

嫉妬ばかりして、辛い人が励まされるアニメを見つけたので紹介します。

嫉妬して辛い心が軽くなるアニメを紹介~昭和元禄 落語心中 シーズン1 第5話と第6話を見るといいよ~

昭和元禄落語心中って漫画を知ってますか?

詳しくはこちらをご覧ください
アニメ「昭和元禄落語心中」

アマゾンプライムに加入すると、アニメの「昭和元禄 落語心中」が見放題なんです。

最近、アマゾンプライムにはまってて、通勤電車の中ではずっと見ているんです。

さて、話に戻りますがアニメに出てくる、落語家である菊比古と助六(初太郎)の掛け合いがとっても面白いんです。

助六(初太郎)は、明るく、お調子者で、豪快。

稽古もろくにせず、お金とお酒と女にだらしがない。

でも、助六(初太郎)の落語はとても面白く、観客を楽しませます。

一方、菊比古は真面目で几帳面。

落語の稽古は真面目に打ち込みますが、自分の殻を破ることができる人気がでない。

まさに、正反対な二人。

陰は日向にあこがれるのはいつものこと。

がんばってもがんばっても成果があがらない菊比古は、助六(初太郎)に対して、

「遊んでばっかりなのに、仕事をもらってきてずるい」って言うんです。

いや~、他人に嫉妬ばかりしている人は、絶対に共感できるポイントですよ。

なんで、真面目にやっている私が報われないんだってね。

ついつい自分を重ねてしまいます。

自分の欠点と、他人の長所はよく見えるんですよね。

しかし、菊比古に転機が訪れます。

でも、助六(初太郎)が企画したお芝居で、菊比古の長所を発見します。

菊比古には、誰よりも色っぽさがあったんです。

落語の中には、豪快な話もあれば、色っぽい話もあるんです。

そして、自分の長所を生かした落語をしたら、大人気へ。

嫉妬しているときって、自分の欠点と他人の長所ばかりに目が行き、自分の長所なんて完全無視なんですよね。

しかし、自分の長所を見つけると、自分のことに集中できます。

すると、他人の長所を気にしている暇はなくなるんですよね。

広告

まとめ

アニメで見ていると、嫉妬ばかりして人気が出ていない菊比古が自分を取り戻していく、心の中をのぞき見できます。

映像で見ると、感情移入しやすくて、アニメの中の自分物なのに自分ごととして見ちゃうんですよね。

今でも、他人の活躍を嫉妬しては、自分を見失ってしまいそうになる私。

自分を見失いそうなときに、繰り返し見たいアニメですね。

昭和元禄落語心中を漫画で読みたい人はこちらをチェック

もう1つ読んでみてはいかがですか?

[レビュー]シェフ 三ツ星フードトラック始めました〜大切なものを大切にする重要さが身にしみる映画だった〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top