世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました by 大杉 潤さん[書評]

入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました by 大杉 潤さん[書評]

大杉潤さんが書かれた「入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました」を読みました。

1万冊ってすごいですよね。

毎年300冊を読んでも、30年以上はかかります。

1年間で300冊読むのもすごいけど、30年以上続けているのもすごい。

本に投資した金額もすごいですよね。

1冊1000円以上するとして、1000万円以上。

そんな、大杉さんが書かれた本は、仕事で悩んだときに参考にするのにいい本だなと思ったので紹介します。

入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけましたby大杉潤さん

広告

悩んだときは

入社3年目までで、仕事で悩んだときは自分で考えるだけではだめ。

会社のことや社会のことがよくわかっていない状態で考えても、堂々巡りするだけなんです。

同期に相談しても、解決法はでてきません。

悩んだときは、先輩に聞いたり、本を読むことがおすすめです。

特に、本を読むと知識が増え、視野が広がるのでオススメなんです。

どんな本を読んだらいいの?

本を読もうと決めても、どの本を読んだら悩みが解決できるのがわかりません。

自己啓発本は山のようにあって、自分に合っている本を見つけるのが難しいんです。

時間とお金があれば、片っ端から読んでいくといいと思いますが。

悩みを抱える入社3年目社員にはそんな時間はないはず。

そんなときのおすすめの本が、紹介している「入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました」なんです。

おすすめポイントは?

この本は、入社3年目までの社員が悩みそうなポイントを37個に絞っています。

そして、その悩みを解決できるオススメの本が3冊~4冊紹介されています。

ただ本が紹介されているわけではなく、本に書かれている内容を引用してあるので、どんな本なのかわかりやすいんです。

どんな風につかうのか?

悩みがあったときは、目次を見ます。

入社3年目までの社員が悩みやすいことが37個ありますので、きっと当てはまるものがあると思います。

例えば、職場の人間関係に悩んでいるとすると、

Q11 職場の雰囲気になじめない
Q12 職場の人間関係がうまくいかない

という項目を読むといいでしょう。

質問に対する答えを読み、自分にピンとくるものがないか探してみます。

もし、この本に書いてあることで解決できるんであればそれでOK。

でも、もう少し書かれた内容について詳しく知りたいなと思ったら、引用された内容が載っている本を読むことをオススメします。

その本を読むことで、さらに悩みを解決するための知恵をゲットすることができます。

まとめ

仕事をすればするほど、悩みは出てきます。

悩みを解決していくのが仕事の楽しみでもあのですが、入社したての人にはそんな余裕もないと思います。

すぐに解決したいですよね。

解決するには様々な知恵が必要なんです。

知恵を得るには、本を読むのがいい。

どんな本を読んだらいいのか探すのが面倒だなって人には、「入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました」がおすすめ。

だって、1万冊の中から、とっておきの本を選んでくれているんだから。

ぜひ、自分の悩みを解決する本を探す指標として使てみてはいかがですか?

「入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました」をチェックしたい人はこちら

もう1つ読んでみてはいかがですか?

「10年後、君に仕事はあるのか?未来を生きるための雇われる力」by藤原和博さん〜

入社1年目から使える「評価される」技術by横山信治さん〜真っ先に身につけたい6つのポイント〜

会社勤めで迷ったりむなしくなったときに読む本by水田 享介さん~会社の見方を変える3つのポイント~

「働く力を君に」by鈴木敏文~サラリーマンとして働きがいをもつための7つのポイント~

「会社のために働くな」by本田宗一郎~悩みながら働いてる人を勇気づける言葉がぎっしり!~

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top