世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

自分の能力に疑問を感じている人におすすめ〜全米ドラマ「SUITS(スーツ)」シーズン2第9話より〜

自分の能力に疑問を感じている人におすすめ〜全米ドラマ「SUITS(スーツ)」シーズン2第9話より〜

絶賛、ハマり中の全米ドラマ「SUITS(スーツ)」

詳しくはこちら
海外ドラマ「SUITS/スーツ」

このドラマでは、仕事で悩む人が解決に役立つ考え方、心の持ち方がふんだんに盛り込まれてます。

今回は

・なんか認められないな?
・頑張ってるのにどうしたらいいのかわからない?
・自分には能力がないのかな?

って思ってるサラリーマンにオススメ。

脇役のルイスを見て、自分の行動を見直して見ましょう。

自分の能力に疑問を感じている人におすすめ~全米ドラマ「SUITS」シーズン2 第9話~

例えば、上司から認められていないと感じる期間が長ければ長いほど、自分には能力がないと思ってしまいます。

「SUITS」に登場するルイスは、弁護士としての能力はありますが上司に好かれていません。

また、上司に好かれたくて行動することがすべて裏目。

とってもチャーミングな人物なんですが、客観的に見ているとなんでそんなことをするのかなって思ってしまいます。

能力がないと思い込むと、

・新しいことに挑戦できない
・与えられた仕事に素直に喜べない
・卑屈になってしまう
・褒美を与えられると、利用されると感じる
・自分を大きく見せるために、横柄な態度をとる
・怒りで周囲を従わせる
・権力をたてに、脅し、人を従わせようとする

など、上司も周囲の人も嫌がる行動をとってしまうんですよね。

悪いサイクルに入ると、周りとの人間関係もうまくいかず、ますます疎外感を感じ、居場所がなくなってしまいます。

大切なのは「自分の能力を疑わないこと」

自分には能力があるうえで、もしうまくいっていなかったら別の要因を探す必要があります。

サラリーマンなら組織で仕事をしていきます。

私は、上司として大切な仕事を任せるときには能力だけでなく

・日々の行動
・周囲との人間関係
・体調管理

など別の要因もみます。

多少能力が劣っても、周囲を巻き込み、助けを得ながら働くことができると感じる人に大切な仕事を任せたいんです。

能力がないからと嘆いてなにもしないのではなく、

広告

まとめ

ドラマをおもしろくするには、ルイスみたいな脇役は必要です。

しかし、自分の能力を活かして、やりがいのある仕事をするには反面教師となります。

ルイスを観察することで、なぜ認められないのか、嫌われるのかがよくわかります。

大切なのは自分を疑わないこと。

そのうえで、どうしたら組織の中で認められ、いい仕事を割り振ってもらえるか考える必要があるんです。

ドラマを見ている限りルイスは愛すべき存在ですが、もし同じ職場にいたらきっと避けるでしょうね。

全米ドラマ「SUITS」が気になる人はこちら

もう1つ読んでみてはいかがですか?

若手が雑用をするのは何のため?若手社員に送りたいセリフ~全米ドラマ「SUITS(スーツ)」シーズン2 第3話より~

敏腕弁護士ハーヴィーのやさしさにほろっとする第11話から学ぶ~全米ドラマ「SUITS」シーズン1より~

[忠誠心は本物よ」と言われるには?~全米ドラマ「SUITS(スーツ)」シーズン1 第10話から学ぶ~

勝者は言い訳などはしない〜全米ドラマ「SUITS」シーズン1 第8話から学ぶ勝者のメンタリティ

全米ドラマ「SUITS(スーツ)シーズン1」第4話から学ぶ「組織で自由を得るためのポイントは?」

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top