世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

一生食べていくのに困らない「人を味方にする」仕事術 by横山信治さん~サラリーマンの活躍は周囲との関係で決まる~

一生食べていくのに困らない「人を味方にする」仕事術 by横山信治さん~サラリーマンの活躍は周囲との関係で決まる~

サラリーマンとしてやりがい働くためには、どんな仕事をするかよりも誰と仕事をするのかが重要です。

だから、仕事を楽しくするには自分のスキルを磨くと同時に上司や周りの人を味方にするスキルも高める必要があります。

能力が高くなんでも自分で頑張ってしまう人は、上司や周りの人を味方にすることを後回しにして組織で浮いちゃうんですよね。

周りから応援されないサラリーマンは、組織の中で成果を上げ続けることはできません。

上司は組織で浮いている人にに大切な仕事は与えませんし、たとえ与えられたとしても周囲から協力はされず、下手したら足を引っ張られてしまいます。

人は感情で動く生き物なんです。

サラリーマンとして楽しく仕事をし活躍するには、周囲の人を味方にすることは不可欠。

でもどうやったら人を味方にできるのかわからない人もいると思います。

そんな人にオススメなのがこの本。

サラリーマンでもできる、人を味方にするシンプルな方法を紹介します。

一生食べていくのに困らない「人を味方にする」仕事術 by横山信治さん~~

広告

人を味方にするために必要な5つのこと

本では、

「人を味方にするために必要なのは、素直な心、察する力、思いやり、勇気、行動力です。」

と書かれています。

そうですよね。

この5つをすべて兼ね備えている人が側にいたら、絶対に協力しますもん。

では、自分はどうかというと

・上司からミスを指摘されたときに不満顔で言い訳をしてたり
・他人より自分ばかり優先してしまったり
・自分の成果ばかりアピールしてたり
・失敗が怖くて、言い訳ばかりで行動しなかったり

など、反省すべき行動ばかりです。

こんな行動ばかりでは、周囲の人が助けてあげよう、協力しようって気にはなりませんよね。

もっと多くの人を味方にしていくには、

・耳の痛い話を心から聞く素直な心
・上司や同僚の要望を察する力
・自分だけでなく、周囲のプラスも考えられる思いやり
・選択する勇気
・選択したことを行動する力

の5つのことが大切です。

職場で活躍するために必要な3つのこと?

人を味方にすれば周囲との関係性がよくなり、仕事で活躍できる環境が整います。

この環境を最大限に活かして、活躍するには3つのポイントがあるんです。

この3つとは、感謝・謙虚・自信です。

この本では、

「謙虚」とは、物事がうまくいくのは自分だけの力だけではないと感謝すること

「自信」とは、他者と比べるのではなく、自分自身の努力の裏付けによって見いだされるもの

「感謝」とは、敬意をはらうこと

と紹介されています。

周囲の人からのサポートを得て成果を出し続けると、他人と比較し傲慢になったり、自分だけの力だと勘違いしたり、サポートが当たり前になり周囲に敬意を払えなくなり、時間をかけて築いてきた味方がいなくなってしまいます。

まとめ

サラリーマンとして楽しく働き、活躍するには周囲の人が自分の味方になってもらう必要があります。

労働組合の立場で社員を見ていても実感します。

周囲の人を味方にしている人はずっと活躍し続けています。

味方になってもらうために、自分の意思を殺し、へりくだる必要なんてありません。

自分の発言や行動が、周囲の人へどんな影響を与えるのかを意識することが大切なんです。

「素直な心、察する力、思いやり、勇気、行動力」を持って、「感謝・謙虚・自信」を忘れなければ自然と味方は増えていきます。

サラリーマンとして活躍し続けたい人は、この本を読んでたくさん味方を作ってみてはいかがですか?

一生食べていくのに困らない「人を味方にする」仕事術をチェックしたい人はこちら

もう1つ読んでみてはいかがですか?

「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣 by 横山信治さん~今すぐできる、運を高める3つのこと~

入社1年目から使える「評価される」技術by横山信治さん〜真っ先に身につけたい6つのポイント〜

「あたえる人があたえられる」byボブ・バーグ&ジョン・デイビッド・マン〜豊かに成功するための5つの秘訣〜

仕事がツライと思ったら読む本 心屋仁之助〜本当に仕事が辛いと思っているあなたにオススメの本〜

まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたらすぐ読む本 心屋仁之助〜自分らしく生きて、まわりともうまく付き合うために知っておき、挑戦したいこと〜

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top