世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

仕事をつまらなくしてたのは自分だった~幸せに働く工夫~

仕事をつまらなくしてたのは自分だった~幸せに働く工夫~

やりがいのある仕事をしたい。

なのに、日々同じ仕事ばかり。

私は恵まれていない。

もっと恵まれた環境にいたら、もっと仕事をがんばり、社会に貢献できるのに

って思っている人はいませんか?

昔の私は思っていました。

仕事がつまらないのは、会社と上司が悪いと決めつけていたんです。

でも、仕事をつまらなくしてたのは自分だったんです。

同じ環境でも、自分の意識が変われば仕事は楽しくなるし、やりがいを持つことができます。

そんな私の経験を紹介します。

仕事をつまらなくしているのは自分~幸せに働く工夫~

広告

昔の働き方は?

入社して数年は、上司に言われたこと、得意先に言われたことを言われたとおりにやっていました。

たしかに、入社直後は仕事を覚えるために言われたことをやり遂げることは大切です。

でも、仕事を覚えたとも、言われたことしかしなかったんです。

なぜ言われたことしかしなかったのかというと、怒られないため。

ようするに、怒られないために仕事をしていました。

家でも学校でも優等生として育てられた私にとっては、何より怒られることが怖かったんです。

怒られること=自分が全否定されることだと思っていたから。

怒られないことで安息感を得ていましたが、怒られないことを目指した仕事は楽しくなかったですね。

びくびくしながら仕事をしてたというのが一番近い表現でしょうか。

転機は?

入社2年目にもなると、上司から「もう少し自分で考えて仕事をしろ」と怒られるようになりました。

言われた通りのことしかしないという仕事スタイルが通用しなくなったんです。

つまらないし、怒られるし、そろそろ仕事のやり方を変えないといけないなと思った時期です。

でも、言われたことしかやらなかった私がいきなり自分で考えて仕事をするなんて無理。

何を考えたらいいのかもわからない。

「自分で考えろ」恐怖症におびえてた入社2年目でした。

自分で考えるために

途方にくれは入社2年目の私は、上司によく褒められていて成果を出している人に注目するようになりました。

単に、いいなという羨望のまなざしでみていましたが、見ていると発見があったんです。

成果を出している人はマニュアルに沿っていなくても怒られていないし、むしろ自分で工夫をして成果をだすことで上司からは褒められている。

ここに自分が安心して働くヒントがあるのではないかと思い、仕事ぶりを観察し、質問を繰り返していました。

時には、先輩に同行して、顧客とのやり取りを見させていただきました。

どの先輩も顧客がどうやったら喜ぶのかをひたすら考えて行動していたんです。

視線の先が違ったんです。

私は上司、成果を上げている先輩はお客さん。

顧客を観察することに

気づきを得てから、お客さんを観察することにしました。

観察するとお客さんの状況は一人ひとりるんです。

つまり、すべてのお客さんに喜んでもらうには異なるアプローチが必要。

ここに考える余地がありました。

得意先に行き営業をするという仕事は変わりませんが、どの得意先に行くのか、どのようにアプローチするのかは全く異なります。

どうやって人間関係を作ろう、どうやってニーズを聞き出そう、どのような解決策がいいのか、だれがキーパーソンなのかなど考えることがたくさん。

自分で考え、実践できるって楽しいんです。

営業という仕事は毎日同じですが、やっていることは全く違うんですよね。

同じ仕事の中に工夫できることがある

CAMPANELLA(カンパネラ)に本田直之が「賛否両論=オリジナリティ」という記事を投稿しています。

王道を極めることに徹する/第1回 「鮨さいとう」・齋藤孝司氏というお題で書かれているんですが、

詳しい記事はこちら
迷って、ぶれて、たどり着いた究極のオリジナリティ(後編) | | CAMPANELLA [カンパネラ]おいしいお酒、充実オフタイム

後編の中で、齋藤さんは

仕事がつまらないという人がいますが、それはつまらないのではなくて、自分でつまらなくしているのです。そういう人は、どこに行っても同じことを繰り返してしまいます。

「だから、与えられた仕事をただやる子と、与えられた仕事を自分なりにかみ砕いてやる子の違いはすぐにわかりますね。そういう子は、顔つきも違います」

と言われています。

ミシュラン三つ星を8年続ける人気鮨店、東京・六本木の「鮨さいとう」の店主が発せられる言葉は重いですね。

私もサラリーマンの経験しかないですが、とても実感できる言葉です。

まとめ

仕事がつまらないと愚痴るサラリーマンは多いですよね。

会社や上司が悪いと私も愚痴っていました。

でも、与えられた仕事を楽しく、やりがいがあるものにできるかは自分次第なんです。

仕事をつまらなくするのも自分、楽しくするのも自分。

このように思えると、サラリーマンも悪くはないですよ。

幸せに働きたいなって思っている人におすすめの本

書評はこちら
人生を豊かに変える3つの習慣「福に憑かれた男」by喜多川泰さん~幸せに働くために大切なことを教えてくれる~

もう1つ読んでみてはいかがですか?

「会社の犬かも」と感じ落ち込んだときに知ってほしい素敵なセリフ~全米ドラマSUITS(スーツ)シーズン2 第5話より~

「仕事が好きですが、今やりたいことが特にありません」への出口治明さんのアドバイスがとてもいい!〜幸せに働く工夫〜

「どうしたら仕事を楽しくできるのかな?」と疑問をもつことが、工夫し続ける原動力だった~幸せに働く工夫~

『先輩社員に聞いた「マズい有給休暇の取り方」』東洋経済オンラインの記事から考える働き方

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top