世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

『フランス人が日本人の働き方に感じる「恐怖」』の記事から考える日本人の働き方〜幸せに働く工夫〜

『フランス人が日本人の働き方に感じる「恐怖」』の記事から考える日本人の働き方〜幸せに働く工夫〜

海外の方から見た日本人の働き方って興味がありますよね。

東洋経済オンラインに『フランス人が日本人の働き方に感じる「恐怖」』というタイトルで日本人の特徴が紹介されていました。

詳しくはこちらをご覧ください
フランス人が日本人の働き方に感じる「恐怖」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

読んでみると、確かにそうだと思い当たることがたくさん。

フランス人に言われて、なる気づく日本人の働き方を紹介します。

『フランス人が日本人の働き方に感じる「恐怖」』の記事から考える日本人の働き方〜幸せに働く工夫〜

広告

「頑張る」はフランス語にない

まず、びっくりしたのが「頑張る」にあたるフランス語や英語、スペイン語がないということ。

私なんて「よし、がんばろう」という言葉は毎日何回も使っています。

日本人って、自分の頑張っている姿を人に見せるのが好きですよね。

ちなみに私は大好きです。

また、サラリーマンに必須の

「ご苦労様です」

「お疲れ様です」

もフランス語には存在そんざいしないとのこと。

苦労をかってでも頑張るという姿勢は、日本人特有なんですね。

忙しいが好き?

確かに、日本人は「忙しい」って言葉をちょっとだけ誇らしげに使いますよね。

「最近仕事どう?」なんて聞かれたら、「いろいろ頼まれて忙しいよ」って答える方は多いんでは?

忙しいから困っているというより、頼りにされて忙しいことに自分の存在価値を感じているのかもしれません。

記事を書かれたフランス人の人は、日本人の「忙しい」発言を真面目に受け止め、解決してあげようとしたそうです。

しかし、多くの日本人と触れることで、日本人の「忙しい」って言うのは「今人生は充実している」と同じことなのではと感じたみたいです。

日本人って、忙しことに価値をおいているんですね。

私もそうだし、こんな環境にいるから、のんびり時間を使うことに罪悪感を感じてしまうのかも。

仕事に誇りをもっている

日本ではどんな職に就いている人でもプライドをもって仕事をしているように見えると紹介しています。

フランスでは、清掃員や大工、工場ラインの作業員などの学歴を必要としない仕事は社会的地位が低くみられることもあり、プライドをもって仕事をしている人に会うことはほどんどないそうです。

確かに、日本ではどんな仕事でも素晴らしい成果を上げていると、尊敬されていますよね。

新幹線の清掃員や大工の人も、NHKのプロフェショナルなどのテレビで紹介されてますよね。

そういう意味では、自分のやりたいことをやって、貢献いしていたら認められるいい国なのかもしれません。

まとめ

この記事のまとめに、日本人は

「プライドを持ったいい頑張り」と「人目を気にする悪い頑張り」の2種類がある気がする

と書かれています。

多くのサラリーマンは「人目を気にする悪い頑張り」で仕事をして、長時間労働をしているんですよね。

「プライドを持ったいい頑張り」で仕事ができる人は、時間なんて気にせずに納得のいくまで努力できるので、素晴らしい仕事ができます。

どうせ頑張るなら、「プライドを持ったいい頑張り」で日本人らしく仕事をしたいですね。

「忙しい」と「頑張る」という口癖を辞めてみたら、働き方が変わるかもしれませんよ。

仕事のやり方を見つめなおすのにおすすめの本

書評はこちら
「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」by中島聡さん~仕事を終わらせるたった1つのコツとは?~ | 世界一幸せなサラリーマン

もう1つ読んでみてはいかがですか?

残業代ゼロ法案が帰ってきた!「脱時間給 今国会見送り」の記事から考える働き方~幸せに働く工夫~

『だから、一流は「2次会に行かない」』プレジデントオンラインの記事から考える時間の使い方~幸せに働く工夫~

『先輩社員に聞いた「マズい有給休暇の取り方」』東洋経済オンラインの記事から考える働き方

「味の素、朝型シフト 就業開始を30分早く」から考える時間の使い方~幸せに働く工夫~

「ジタハラ(時短ハラスメント)」が急増する(日経ビジネスオンラインより)~新たなハラスメント登場~

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top