世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

『「“下働き”こそ最強の戦略」とマレーシア大富豪が断言する理由』という記事から学ぶ働き方

『「“下働き”こそ最強の戦略」とマレーシア大富豪が断言する理由』という記事から学ぶ働き方

ダイヤモンドオンラインに書かれていた『「“下働き”こそ最強の戦略」とマレーシア大富豪が断言する理由』が面白かったので紹介します。

これからの生き残っていくためには、差別化が必要です。

誰もやらないことをとことんやると、それが差別化につながります。

下働きは誰もやりたくないことですが、下働きをすることで差別化でき、さらにプラスのメリットもあります。

サラリーマンとして差別化に悩んでいる人にオススメの記事ですよ。

『「“下働き”こそ最強の戦略」とマレーシア大富豪が断言する理由』という記事から学ぶ働き方

広告

下働きの魅力は?

下働きは誰もやりたくないことです。

みんな下働きよりも、日の当たる場所で仕事をしたいし、活躍をした!

なので、下働きはライバルの少ない、ブルーオーシャンな市場なのです。

成功するなら、競争相手の少ない場所で戦うのが鉄則。

仕事で成功したいのなら、あえて下働きという市場に飛び込むのも戦略です。

下働きをすると?

記事の中で、下働きをすると

「会社でどんな頼み事でも、イヤな顔ひとつせず笑顔でやる。

しかも、頼まれた以上の成果をお返しするつもりでやる。

すると、さらに頼まれます。

そうやって頼まれたことを全部こなすうちに、信頼されるようになる。

かわいがってもらえるようになる。」

と紹介されています。

下働きを極めると、上司や先輩から可愛がってもらえるというメリットが得られるのです。

なぜ、可愛がってもらう必要があるの?

組織で活躍するには、上司や先輩に可愛がられる必要があります。

それは、可愛がられると上司や先輩からチャンスをもらえるから。

チャンスをもらえると、活躍できる可能性が広がります。

組織ではどれだけの能力があっても、チャンスを与えられなければ活躍することなんてできません。

実力を発揮する場所を得ることほど、組織で大切なことはありません。

自分の力に過信している人はついつい忘れがちですが、仕事もポジションも与えてくれるのは上司であり、先輩なんです。

下働きのさらなるメリットは?

組織で活躍するには、仕事を早く覚えることが欠かせません。

先輩に教えて下さいと言っても、先輩も仕事で忙しいので丁寧に教えてもらえる機会は多くはありません。

後輩指導なんて、めんどくさくて仕方がないからです。

しかし、先輩の頼みごとを聞き、一生懸命下働きをしていると、身近で先輩の仕事を見ることができます。

自分のために力を注いてくれている後輩の頼みなら、丁寧に教えたくなるものです。

自分のお手伝いをしてくれる後輩が力をつけると自分の助けにもなります。

下働きは、いろんな人の仕事スキルを学ぶいい機会なんです。

まとめ

記事の中で、

「下働き」は、「持たざる者」の最強の戦略である、と

下働きをするのに「武器」は何も必要ありません。

お金も知識も一切なくていい。ただ、

相手が求めるものを、それを超える水準で返すことに徹するだけ。

腹さえ決めれば、誰でもできることです。

しかし、これに徹すれば、必ず信頼を手に入れることができます。

そして、この信頼が最強の援軍となってくれるのです。」

と紹介されています。

仕事で活躍するためには、信頼が一番。

その信頼を得るために誰にでもできる方法が、下働きなんですよね。

「マレーシア大富豪の教え」についてもっと知りたい方はこちらをチェック

もう1つ読んでみてはいかがですか?

毎日5分の報告で、1日の自由が得られる!〜幸せに働く工夫〜

自分を犠牲にし、お金を追い続けても幸せはなかった。だから、幸せなサラリーマンを追求する!〜幸せに働く工夫〜

『先輩社員に聞いた「マズい有給休暇の取り方」』東洋経済オンラインの記事から考える働き方

「仕事が好きですが、今やりたいことが特にありません」への出口治明さんのアドバイスがとてもいい!〜幸せに働く工夫〜

「どうしたら仕事を楽しくできるのかな?」と疑問をもつことが、工夫し続ける原動力だった~幸せに働く工夫~

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top