世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

キャンプでご飯を炊くならユニフレームの「ライスクッカーミニDX」~簡単で、あっという間!~

キャンプでご飯を炊くならユニフレームの「ライスクッカーミニDX」~簡単で、あっという間!~

キャンプでカレーやおにぎりを食べると本当においしいんです。

でも、ご飯を炊くのは面倒だなって思ている人はいませんか?

ガスコンロさえあれば、簡単においしいご飯が炊けちゃいます。

簡単にご飯が炊ける鍋、ユニフレームの「ライスクッカーミニDX」を紹介します。

キャンプでご飯を炊くならユニフレームの「ライスクッカーミニDX」~簡単で、あっという間~

広告

大きさは

「ライスクッカーミニDX」は1~3合まで炊ける鍋です。

重さは約415gと軽い鍋。

ご飯の炊き方は

こちらが炊き方。

お米を洗って、鍋に入れます。

そして、お米の量にあわせて水を入れます。

メモリがついているので、計量カップもいりません。

約30分ほど水に浸したら、火にかけます。

まずは強火で鍋のふたがカタカタ言うまで待ちます。

数分で鍋の蓋の脇から泡がぶくぶくと出てきます。

ぶくぶくするまでは、躊躇なく強火でOKですよ。

ふたがカタカタ鳴り出したら、弱火へ。

弱めるポイントはふたがカタカタいう程度。

面倒な方は、とにかく弱火でOKです。

火を止めるポイントは、鍋の隙間から湯気が出なくなったら。

この間は、鍋から目を離さないのがポイント。

時間でいうと10数分程度です。

湯気が出なくなったら、火を消して5分待ちます。

すると、きれいにご飯が炊きあがります。

注意点

鍋が傾いていると失敗しやすいです。

キャンプ場では地面の状態によって、鍋が傾きやすいので気を付けてください。

ちょっとぐらい焦げ臭いにおいがしても大丈夫です。

ほどよいお焦げになっています。

値段は?

価格は税込み4000円です。

これでおいしいご飯が炊けるのなら、安いもんです。

まとめ

キャンプと言ったら、カレーやおにぎり。

あつあつの白ご飯があったら最高ですよね。

簡単にそして短時間でご飯を炊ける「ライスクッカーミニDX」がオススメですよ。

「ライスクッカーミニDX」をチェックしたいひとはこちら

キャンプで熱いものを置くのにおすすめのテーブルはこちら

キャンプで便利な道具のレビューはこちら

カーミットチェア〜キャンプやアウトドアで使えるコンパクトでおしゃれな椅子〜

Tetra Drip (テトラドリップ)〜なにこの薄さ、アウトドアでコーヒーを淹れるならこれ〜

ユニセラ TG-Ⅲ [レビュー]ユニフレームの卓上バーベキューグリル〜コンパクトで使いやすいよ〜

サーモス保冷缶ホルダー〜いつでもキンキン、アウトドアで冷たいビールを飲むならこれ〜

「スノーピーク トルテュライト」〜キャンプ初心者の我が家が初テントを購入するまで〜

オススメのキャンプ場の記事はこちら

丸沼高原オートキャンプ場 〜施設情報〜

やまぼうしオートキャンプ場 「レビュー」〜芝生と富士山がきれいなキャンプ場〜

[北軽井沢]スウィートグラス レビュー 施設情報〜大人も子供と大満足なキャンプ場〜

「キャンピカ明野ふれあいの里」 レビュー〜山梨でキャンプするならここ、きれいで癒される!〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top