世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

ブログを続けるためには、「真似る」と「捨てる」の2つが大切だった~ブログを初めて約2年、1000記事以上更新の経験より~

ブログを続けるためには、「真似る」と「捨てる」の2つが大切だった~ブログを初めて約2年、1000記事以上更新の経験より~

ブログを始めたはいいが、続かないと悩んでいる人は多いですよね。

私はサラリーマンブロガーですがブログを開始して1年10か月、1000記事以上を更新しました。

自分なりに工夫をしてきましたが、それが多くの人の役に立つかどうかはわかりませんでした。

そんな中、ブログを続けている人の話を聞いているうちに共通点を見つけたんです。

続けるためにしていることは違いますが、自分のスタイルを見つけるためにやったことは同じでした。

このことは、どんな人でも役立てると思ったので紹介します。

ブログを続けるためには、「真似る」と「捨てる」の2つが大切だった~ブログを初めて約2年、1000記事以上更新の経験より~

広告

いろんな方法で更新している

続けられている人の書き方を聞いてみると書く時間、書き方、目標記事数、ネタの見つけ方などまったく違うんです。

ある方は、

・早朝に1記事更新する。
・朝の起きた時間とその日の気分で書く内容を決める
・自分の心が動いたことしかかない。

別の方は

・1日1記事を必須とする

さらに別の方は

・自分のブランドを高めるために書く
・役に立ちたい人を1人決めて書く
・ネタ帳はつくらない
・旬なうちに書く

私は

・早朝と通勤電車の中で更新。
・毎日更新にはこだわらず
・1週間で15記事は更新する毎日にしたい

など、まったく違います。

だから、続けるためにはどの方法がいいのか、悪いのかという議論はあまり役に立ちません。

方法は異なりますが、共通するのはみんな自分のスタイルを持っていることなんです。

そして、自分のスタイルはいきなり身についたものではなく、同じプロセスから身につけていました。

自分のスタイルの見つけ方

では、どうやったら自分のスタイルを見つけられるんでしょうか。

続けられるひとは、以下のプロセスをたどっています。

プロブロガーなど、ブログで有名な人のマネをする

多くの人が、本やセミナーでブログについて学んでいます。

そして、その人が教えていることを素直に真似をしています。

鵜呑みにしない

続けられている人のポイントは、先生の教えを鵜呑みにしません。

だって、先生と置かれている状況も性格もことなるので、先生の方法が自分にあっているとは言えないからです。

真似て、なんか違うなと思ったら、その教えを捨てる勇気を持っています。

「最悪1行でもいいので更新しよう」という教えがあったとします。

1行でいいんだったら更新できそうと気が楽になる人もいれば

1行だけ書いて更新したら、テンションが下がる人もいます。

でも、プロブロガーから教わったことだから、とにかくやり続けようと思っているとだんだんブログが嫌になっちゃうんですよね。

そして、続かなくなります。

自分に合わせて工夫する

ブログが続いている人の捨てる基準は、自分が楽しさを感じられず、辛くなる時です。

だって、楽しむためにブログを書いているのに、更新する度に辛かったらブログを書く意味がありません。

合わない教えを捨てると、また異なる人に学びを求めます。

学んだことは素直にマネて、やってみます。

そして、自分に合うところだけ吸収していくんです。

真似ると、捨てるを繰り返すと

真似て、捨てるを繰り返していくことで、自分が楽しく続けられる方法ができるんです。

ブログを書くのが楽しいから、続けられるんです。

私の周りでブログを続けている人で、「~すべき」というべき思考を持っている人が少ないのも、人によってスタイルは異なることを知っているのかもしれません。

私の場合は

最初は、「毎日更新」を自分に課しました。

確かにブログを書く習慣をつけるのには良かったんですが、ブログを更新できないときにイライラするようになったんです。

例えば休日に、ブログを書きたいのに子供が遊んで欲しいと言ってきたら、うっとうしいなと思うことも。

そもそも、家族を楽しくすごして幸せになりたいと思ってブログを書いていたに本末転倒になったんです。

そこで、「毎日更新」を自分に課すことを辞めました。

家族と一緒にいるときは、家族を優先することを決めた後、一人の時間を探してみました。

早朝、通勤時間、昼休み、寝る前など、見つけた一人の時間でブログを書いてみました。

やってみると、通勤時間が一番はかどることが判明。

そして、寝る前が一番はかどらないことも判明。

このことから、「通勤時間はブログを書く」ことをマイルールにしてます。

通勤時間はサラリーマンには必須の時間なので、結果として定期的にブログを更新することができています。

その他のマイルールは

「テーマは1つに絞らない」
「その日の気分で書く内容をきめる」
「気になったことはメモしておく」
「途中で書けなくなったら、他の記事へ移る」
「気分が乗らないとき、体調が悪い時は書かない」

などなど自分の中で楽しく書くために決め事を作ってます。

まとめ

教えてもらったのに捨てたことに対して、罪悪感を抱いていました。

だから、これまではオススメできなかってんです。

他のブロガーさんも自分に合わないことは捨てているのを聞いて、心がすっきりしました。

教わったことを捨てても大丈夫です。

今では、確信して言えます。

ブログを続けたい人は、「真似る」と「捨てる」を使って自分のスタイルを確立しましょう。

ブログで結果を出したい人におすすめの本

もう1つ読んでみてはいかがですか?

ブログを更新するには、制限時間を決める〜ブログを始めて1年7ヶ月で1000記事を更新した経験から〜

なぜ、初心者サラリーマンが1年7ヵ月で1000記事を更新できたのか?

なぜブログを続けられたのか~ブログ1周年を迎えたサラリーマンブロガーのつぶやき~

祝 ブログ1周年~ブログを1年続けて良かったことを紹介します!~

ブログ600記事達成〜書き続けることで新しい世界が開ける〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top