世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

「理想の1週間」への挑戦(No.6)〜お酒の飲み方を見直そうと思った1週間〜2017年5月4週目

「理想の1週間」への挑戦(No.6)〜お酒の飲み方を見直そうと思った1週間〜2017年5月4週目

充実感と心地よさの両立を目指して「理想の1週間」に挑戦しています。

挑戦するきっかけの記事はこちら
「理想の1週間」への挑戦を開始!~心地よさを数値で検証してみる~

4日連続で仕事の飲み会があった1週間でした。

飲み会が続いても充実感を得るためには、お酒の飲み方を見直した方かいいなと実感。

楽しい雰囲気の中でたくさん飲んでしまうと、1日では復活しないんです。

1日だけでなくて、5日間も疲れを引きずってしまいました。

アラフォーだと若くないってことですよね。

お酒を飲む量も意識しようと心に誓った1週間を指標に沿ってご紹介します。

「理想の1週間」への挑戦(No.6)〜お酒の飲み方を見直そうと思った1週間〜2017年5月4週目

広告

7時間睡眠

7時間睡眠できたのは5回。

仕事の懇親会が4回もあった中では、しっかり睡眠時間を確保できました。

ただ、火曜日の懇親会でお酒を飲みすぎた影響で、寝ても寝ても疲れは取れず。

睡眠時間を確保できても、飲みすぎたダメージはなかなか回復しません。

その後の飲み会では生ビールを2杯までにしたところ疲れを悪化させることはありませんでしたが、一週間ずっと火曜日の疲れを引きずってました。

アラフォーになったので、飲み方も変えていかないと快適な毎日は過ごせないんだなと気づかされました。

6月も飲み会は多いので、生ビール2杯までで過ごしてみます。

30分以上の運動

30分以上の運動は7回達成。

週末にはキャンプへ行ったので、週末もしっかり体を動かしました。

体を動かして、睡眠をたっぷりとれた日の翌日は気持ち良く目覚めることができます。

本を2冊

週で2冊読むのが指標。

読んだ本はコグレマサトさんとするぷさんが書かれたブログについて書かれた本です。

PVを伸ばしたかったら、ブログについてもっと研究することが大切ですね。

これまでは書くことばかり意識してたので、今後はもっとブログについて学ぶ時間も増やしていきたいなと思った1冊でした。

週に1冊だけだと物足りないなと思ってしまうので、次週は2冊読めるように工夫します。

映画を1本見る

映画を1本も見ることができず。

疲れが溜まりすぎると、映画も見る気がしないことがわかった1週間でした。

私にとって飲み過ぎと睡眠不足は生活の質を落とす二大要素。

充実感と心地よさの肝は、お酒の飲み方かも?

ブログ15記事更新

ブログは6記事更新し、過去記事は4つメンテナンスをしました。

合わせても10記事。

指標の15記事には到達できず。

疲れが溜まってると書きたい文書が頭に浮かび上がってきませんね。

家族との時間

飲み会が4回あったので、家族と晩ご飯を食べられたのは3回。

飲み会は一次会のみで2時間程度で終えたので、9時過ぎには家に帰りました。

9時に帰れると子供たちと会話できます。

夜に子供たちの笑顔を見ると癒されるので、できる限り早く帰ろうと思った1週間でした。

社外の人に会う

1回、社外の人と会って飲みました。

指標にもしてますが、週に1回は社外の人と会うと固まりかけた思考をほぐすことができます。

同じ環境で過ごしつづけると、固定観念にとらわれやすいんです。

変化が激しい世の中でサラリーマンとして生き抜くには、柔軟な発想が必要。

いろんな人と会って、視野をひろけていくそ!

まとめ

疲れを溜めすぎて気づく、コンディションの良さのありがたさ。

疲れを溜めてしまうのは、スケジュールの組み方やお酒の飲みすぎが原因です。

ついつい飲みすぎた2時間で、最高で1週間を無駄にしてしまいます。

これは本当にもったいない。

1週間を通してコンディションを整えられるように、1日で飲むお酒の量もコントロールしようと心に誓った1週間でした。

この週に読んだ本

もう1つ読んでみてはいかがですか?

「理想の1週間」への挑戦を開始!~心地よさを数値で検証してみる~

理想の1週間」への挑戦(No.5)~振り返りが大事だと気がついた1週間~2017年5月3週目

「理想の1週間」への挑戦[No.4]~懲りずにアクティブな1週間を過ごしてしまった~2017年5月2週目

「理想の1週間」への挑戦[No.3]~GWを満喫した1週間~2017年5月1週目

「理想の1週間」への挑戦[No.2]〜アクティブでちょっと疲れた1週間〜2017年4月4週目 | 世界一幸せなサラリーマン

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top