世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

結果を出して定時に帰る<6週目>〜上司が休んでも問題は起こらない〜

結果を出して定時に帰る<6週目>〜上司が休んでも問題は起こらない〜

サラリーマンでも楽しく働き、幸せに過ごしたいと思っています。

人生を充実させるためには、自分の時間、家族との時間、大切な仲間との時間をもつことが重要です。

私の時間が仕事だけに奪われないように、「結果を出して定時に帰る」を挑戦しています。

挑戦するきっかけはこちら
3日間つづけて定時退社をしてみて

定時退社するための工夫はこちら
「結果を出して定時で帰る」を実践〜とにかく予定を入れる編〜

これまでのレポートはこちら
「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜2週目〜
「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜3週目〜
「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜4週目〜
「結果を出して定時に帰る」への挑戦〜新米上司として心がけている4つの工夫〜
結果を出して定時に帰る <5週目>〜定時に終わらなかった仕事への対応方法〜

6週目の様子を紹介します。

結果を出して定時に帰る<6週目>〜上司が休んでも問題は起こらない〜

コーヒー カップ

6週目(10月26日〜30日)

6週目は体調不良でした。

26日:早退して病院へ
27日:半日有休
28日:1日有休

27日、28日は両日とも年1回の重要な会議がありました。

毎年、責任者が出席している会議です。

休むといろいろ言われるかな?と思いましたが、思い切って休んでみました。

心配したこと

・「責任者がこないとは何事か」と言われる
・「責任者が体調不調になるとは、責任感が足りない」と言われる
・部下が役割の果たせないのではないか

休んでみて

・会議参加者から何にも言われない。
・部下も私の代わりを果たして、むしろ楽しそう帰ってきた
・部下は一人で役割を果たして、自信がつき、顔つきも変わった。

心配していたことは、全く起こりませんでした。

周囲からは、私の体調を心配していただきました。

部下は、のびのび仕事をしていました。

私でなければできないない仕事なんて、本当はないのかもしれません。

来週は、自分がしなければと思っていた仕事の棚おろしをします。

広告

まとめ

風邪をひいて、思い切って休んだことで、気づきがありました。

・自分しかできない仕事はほとんどない
・部下は上司がいない方がのびのび仕事ができる
・体調不良で休むと心配してくれる

体調不良の時に無理して働いても、だれも褒めてくれるわけではありません。

今後も、体調が悪い時は部下に仕事を任せて休みます。

きっと、休むたびに新しい発見がある気がします。

もう1つ読んでいきませんか?

3日間つづけて定時退社をしてみて

「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜2週目〜

「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜3週目〜

「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜4週目〜

「結果を出して定時に帰る」への挑戦〜新米上司として心がけている4つの工夫〜

結果を出して定時に帰る 〜5週目 定時に終わらなかった仕事への対応方法〜

「ちょっと今から仕事をやめてくる」北川恵海 〜仕事への関わりかたを見つめ直す小説〜

しあわせになれる『はたらきかた』武田双雲を実践〜よい仕事には余白が必要。休みを積極的をとってみた〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top