世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

日曜日の夕方に「会社に行きたくない」と憂鬱になったら、手帳を開こう!〜日曜日の憂鬱を解決した私の方法〜

日曜日の夕方に「会社に行きたくない」と憂鬱になったら、手帳を開こう!〜日曜日の憂鬱を解決した私の方法〜

日曜日の夕方になると、明日から仕事は嫌だなって気持ちになりますよね。

1度憂鬱になると、ますます仕事のことを考えては更に憂鬱になります。

すると、会社に行きたくないなって強く思うように。

せっかくの日曜日の夜が楽しめなくなってしまいます。

日曜日の夜も楽しみ、月曜日からスッキリと仕事をするための方法をご紹介します。

日曜日の夕方に「会社に行きたくないな」と憂鬱になったら、手帳を開こう!

広告

日曜日の憂鬱

入社してから10年くらいは日曜日の夜が嫌いでした。

会社に行かないといけないと思うだけで憂鬱。

考えないようにすればするほど、頭は仕事のことでいっぱいに。

家族と団らんできる貴重な時間なのに、そわそわしながら過ごしてました。

何が憂鬱なのか?

ある時、憂鬱になる原因はなんなんだろうと考えてみました。

すると、

上司に怒られそう。
得意先に怒られそう。
うまくできなさそう。
やることがいっぱいで時間がなくて大変そう。

と頭の中に思い浮かびました。

でも、どんなことで怒られそうなのか、上手くいかなさそうなのか具体的な内容は全く思い浮かびません。

そこで手帳を取り出し来週の予定を確認し、何で怒られそうなのか探してみました。

手帳で確認してみると、

手帳で確認すると

・締め切り間近な提出物に手をつけてない
・得意先でプレゼンがある
・苦手な書類の作成がある
・支店長のヒアリングがある

など、不安に思う原因がわかります。

原因がはっきりすると更に憂鬱さは増しますが、対策もできちゃうんです。

手帳を見ながら

・提出物は月曜日の朝早くに仕上げちゃおう
・プレゼンは火曜日に準備、水曜日に模擬プレゼンを見てもらったら、大丈夫そう
・苦手な書類作成は、隙間時間で内容を考えて木曜日にしっかり書いて、金曜日に提出
・支店長ヒアリングはジタバタしても仕方がないので、ありのまま報告

と頭の中で考えながら、手帳に時間とやることをメモしていきます。

メモをすると頭の中は、

・今、憂鬱になっても何も解決しない。
・月曜日の朝からしっかりやれば大丈夫そう。
・どうせなら日曜日の夜を楽しもう

と整理され、憂鬱さがすっと晴れていきました。

この経験以降は、日曜日に憂鬱になった時は次週の準備をすることが習慣となりました。

具体的なやり方は?

日曜の夕方に憂鬱になるのは、

・次週のやることが明確になってない時
・準備ができてない時

の2つです。

なので、先ほども書きましたが、日曜日に明日の仕事は嫌だなと憂鬱になってきたら手帳を開きしましょう。

とにかく手帳を開くことが大事。

手帳を開いたら、月曜日から金曜日までのスケジュールを確認。

最初は

・やらないといけないことは何か?
・先週のもちこしの仕事は何か?
・準備が足らないことは何か?

など、紙に書き出していきます。

次に書き出した内容で、自分を憂鬱にする項目をチェックし、チェックした項目だけ対策を考えます。

対策を考えたら、タスクリストを作り、さらに対策を実行するための予定を手帳に組み込みます。

一連の作業は、私の経験ではかかっても1時間程度。

たった1時間で、憂鬱でどうしようもない状態から解放されます。

まとめ

日曜日の夕方にスケジュールを確認しておくと日曜日の夜がスッキリと過ごせます。

更に、月曜日の朝もやることが決まっているのでスムーズに仕事を始められます。

中には、日曜日くらい仕事のことは考えたくないって人もいると思うかもしれません。

でも、1時間ほど準備をしただけで、日曜の夜を憂鬱に悩まされずに過ごせると思うとお得ではないですか?

日曜日の夕方に憂鬱になった時は、手帳を開くことをお勧めしますよ。

稼ぐ人の手帳の使い方を知りたい人にオススメの本

書評はこちら
「年収1億円手帳」by江上治さん~稼ぐ人は手帳に何を書くのか?~

もう1つ読んで見てはいかがですか?

「こんなはずじゃなかった」と言わない人生を送るためには?~労働組合のトップが考える対策とは~

現状維持が生まれる瞬間はこれだ!〜労働組合トップのひとりごと〜

何度も同じ失敗を繰り返すと思ったら、日記がオススメ

仕事に行き詰まった時は、キャンプへ行こう!〜キャンプ歴5年のサラリーマンの経験より〜

午後の仕事の効率を上げるには、お昼休みの「散歩」がオススメ

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top