世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

新たな挑戦をする勇気をもらった!大下千恵さんのコーチング(2017年6月)

新たな挑戦をする勇気をもらった!大下千恵さんのコーチング(2017年6月)

毎月、コーチである大下千恵さんからコーチングを受けています。

6月は新しい挑戦をはじめて間もないタイミングでのコーチング。

自分の想いを聞いてもらい、背中を押してもらいました。

信頼してるコーチから背中を押してもらえると勇気100倍っては話です。

新たな挑戦をする勇気をもらった!大下千恵さんのコーチング(2017年6月)

広告

2017年5月の振り返り

5月のコーチングでは、

「労働組合のトップをしているメリットをもっと活かしたら?」

という提案がありました。

言われて見ると、労働組合のトップであることをほとんど利用していないことを改めて気づいたんです。

そこで、労働組合のトップとしてできることを考える月間にしました。

実践してみて

労働組合のトップである特徴を活かすと決めてから、いろんな人に労働組合の話をすることにしました。

勇気を出して話して見ると、興味を持ってくれる人が多くて、それをブログに書きなよとまで言われるように。

勇気を出して労働組合ネタのブログを書くと、多くの反応が返ってきました。

このネタって「かくさん」しか書けないよねって。

2017年6月のコーチング

先月の活動を振り返って

・労働組合ネタはみんなに受け入れられないと決めつけていたこと
・労働組合ネタは反応が良いことに驚いていること

を話しました。

話をした後にコーチからは、

「労働組合ネタは面白いだけでなく、ブログからかくさんがどんな人か滲み出てる。」

と言うフィードバックをもらいました。

さらに

「覚悟を決めて、労働組合ネタを続けてみたら」

と背中も押してもらえたんです。

ブログで自分にしか書けない内容で個性を出したいと思っていた私には、絶大な後押し。

1年半も私をみてきてくれたコーチからの一言は私にとって、「勇気」以外のなにものでとありません。

勇気をもらえちゃう、楽しみながら挑戦できるんですよね。

次のコーチングまでに実施すること

次のコーチングまでには3つのことを決めました。

1つ目は、労働組合ネタのブログを加速させること。

2つ目は、週に1回は回復日を決めること。

2017年は何もしない年間だったはずのに、いつの間にか日々が行動で埋め尽くされ、疲れをためてました。

強制的に平日に回復日(予定を入れない日)を作り、疲れがたまらないスケジューリングをすることに。

3つ目は、どっちでもいいことに「No」という。

今は嫌なことには「No」と言えるようになりました。ただ、本当に好きなことだけに「Yes」と言えてるかというとそうではありません。

どっちでもいいことに「No」という練習をし、自分のための時間をもっと取れるようにします。

まとめ

ブログを始めて2年目でやっと労働組合の記事を書けるようになりました。

もっと書いていこうという後押しももらえました。

新しい挑戦をすることはいつでも怖いです。

でも、コーチからの後押しをしてもらえることで、加速的に変化できちゃうんですよね。

労働組合ネタを書き続けてどんな変化があるのか楽しみ!

私のコーチのブログはこちら

ミライ・ヘムカウ – 想定の範囲内から、想定できなかった毎日へ。

変化したい人にオススメの本

書評はこちら
「なぜ、あなたは変われないのか?」by古川武士さん〜変化したかったら心の仕組みを学ぼう!〜

もう1つ読んでみてはいかがですか?

言葉にならないモヤモヤはプロの力で乗り越える〜大下千恵さんのコーチングを受けて〜2017年4月

無意識を意識化することへの挑戦~大下千恵さんのコーチング~2017年3月

サラリーマンが仕事の悩みを解決したい時は、コーチをつけてみたら!〜約1年半コーチングを受けた経験から〜

労働組合のトップに、どうやってなったの?~現在、労働組合のトップをしている経験から~

「労働組合の仕事をしていると会社から左遷されちゃうの?」という疑問にお答えします

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top