世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

「上司に恵まれない」と言う部下を持つ上司が「部下に恵まれない」と嘆く理由は?〜労働組合トップのひとりごと〜

「上司に恵まれない」と言う部下を持つ上司が「部下に恵まれない」と嘆く理由は?〜労働組合トップのひとりごと〜

労働組合の仕事をしていると、いろんな人から話を聞きます。

たくさんの人から話を聞けば聞くほど、

「これって多くの人に当てはまることじゃないかな」

ってことを見つけることがあります。

その中の1つが、上司と部下の関係についてです。

上司と部下に感する私が見つけた法則を紹介します。

「上司に恵まれない」と言う部下を持つ上司が「部下に恵まれない」と嘆く理由は?〜労働組合トップのひとりごと〜

広告

上司に恵まれないと嘆く部下は?

サラリーマンの宿命は上司を選べないこと。

上司は様々な権限を持っている逆らえない存在です。

サラリーマン人生の多くが上司によって左右されるため、上司には多くの期待をしてしまいます。

どんな期待かというと

・自分の性格を理解してマネジメントしてくれる
・自分の長所を見出して仕事を与えてくれる
・困っていることを察して手を差し伸べてくれる

など、自分に都合のいいものばかり。

それも自分から何か伝えることなく察してやって欲しいと思ってます。

この期待を上司が満たしてくれないと、上司に恵まれないと嘆いています。

上司も人間なので部下の期待を全て察せるわけはありません。

部下に恵まれないと嘆く上司は?

上司になる人は、当たり前に自分で考え仕事をして成果を出してきた人です。

工夫して、成果を出すことが当たり前なんです。

このタイプの上司は、自分のように働く部下がいないと「なんで当たり前のことができないの」嘆きます。

上司の当たり前は部下の当たり前ではないことを理解していないんですよね。

どんな働き方をして欲しいのか部下に伝えないとわからないのに、あいつらは使えないとぼやいてます。

部下を教育、指導するのも上司のやくめなゆでふけどね。

どっちもどっちも

上司に恵まれないと嘆く部下も、部下に恵まれないまなげく上司もどっちもどっちも。

結局は自分の期待に沿わないことへ不満を言ってるだけで、お互いのことを理解しようとしていません。

お互いに「察しろ」ですからね。

理解しようとしないからいつまでたっても分かり合えることもなく、互いに影で文句を言っているんです。

だから上司の文句を言っている部下が多い組織は、上司も部下の文句を言っているんですよね。

自分の思っていることは、言葉にしないと伝わりません。

だから、自分のことを知って欲しければ、勇気を出して言葉にして伝えるんです。

まとめ

上司は部下を、部下は上司を選べません。

自分の期待を全て備えた上司や部下に巡り会えることを期待するのは、宝くじの1等を期待するようなもの。

いい上司やいい部下に巡り合わないかなと期待して待つのではなく、出会った上司や部下と互いに努力していい関係にするのが大切。

いい大人なんだから、お互いに歩み寄ればいいのにと思いながら愚痴を聞く日々です。

人間関係をよくしたい人にオススメの本

書評はこちら
一生食べていくのに困らない「人を味方にする」仕事術 by横山信治さん~サラリーマンの活躍は周囲との関係で決まる~

もう1つ読んでみてはいかがですか?

現状維持が生まれる瞬間はこれだ!〜労働組合トップのひとりごと〜

サラリーマンが自由になるには、会社への依存度を下げることがポイント

日曜日の夕方に「会社に行きたくない」と憂鬱になったら、手帳を開こう!〜日曜日の憂鬱を解決した私の方法〜

「こんなはずじゃなかった」と言わない人生を送るためには?~労働組合のトップが考える対策とは~

サラリーマンが仕事の悩みを解決したい時は、コーチをつけてみたら!〜約1年半コーチングを受けた経験から〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top