世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

「なんで私の意見は通らないの?」と思っている人へ〜意見を聞く側から一言〜

「なんで私の意見は通らないの?」と思っている人へ〜意見を聞く側から一言〜

1年間で数百の要望をいただく労働組合のトップです。

全ての意見を叶えるのは事実上不可能。

相反する意見もあるし。

でも、全ての意見が叶わないわけではありません。

通る意見と通らない意見があります。

では、どんな意見は通らないのか?

通らない意見の特徴を教えちゃいます。

「なんで私の意見は通らないの?」と思っている人へ。〜意見を聴く側から一言〜

広告

方針に合わない主張をする

労働組合の方針に真反対の意見はほぼ通りません。

組織として物事を決定するときに組織の方針に沿ってなければ賛成しづらいんです。

言ってることとやってることが違う組織は信用されません。

労働組合への意見の多くが、制度や運用の変更など会社の同意が必要なものばかり。

信用度が低い労働組合が会社と交渉しても、会社が受け入れてはくれません。

交渉には信頼関係が重要。

労働組合の方針にあっているかどうかはとても重要です。

丸投げする

意見が通らない人は、

「◯◯で困っているので、何とかして欲しい。後はよろしく」

と言い、労働組合に丸投げにします。

労働組合の仕事しかしてない役員は、確かに考える時間はたくさんあります。

労働組合のトップは解決方法を考えるのが仕事です。

しかし、現場を離れているのため、どんな解決方法が現場の人にとっていいのかわかりません。

現場に即してない解決方法を提案したため、社員が救われない経験はたくさんしてきました。

現場の社員の意見を聞かなければ、解決方法に確信を持てません。

確信が持てなければ、会社と交渉できません。

ちなみに、社員の意見のほとんどは会社への不満なので会社とのやりとりが必須になります。

一方で、意見を通しやすい人は具体的な解決方法も合わせて伝えてくれますし、積極的に協力をしてくれます。

デメリットを受ける社員に配慮しない

意見を形にした時に、全ての社員にメリットがあれば意見を通しやすいです。

しかし、意見を形にした時に、ある社員にメリットがあっても、別の社員にはデメリットになることもあります。

労働組合にくる意見の多くは、このタイプのものが多いんです。

労働組合が提案する意見に1人でもデメリットが生じる可能性があると慎重になります

デメリットを生じる可能性のある社員に配慮しながら、納得してもらうために丁寧に進めなければなりません。

しかし、意見が通らない人たちは自分が困っているのだから、兎に角はやく叶えろと要求してきます。

デメリットを生じる社員に対して、自分とは関係がないと思っているのか見向きもしません。

労働組合は全社員に配慮して物事を進めるべきだと思っています。

なので、自分だけよければいいというスタンスの社員には協力的にはなれません。

労働組合を敵にする

実はこれが大切なんですが

自分の意見を通すために

・「自分が絶対に正しい」
・「労働組合が間違ってる」
・「自分が困っているのは全て労働組合のせいだ」

というスタンスでコミュニケーションを取る人がいます。

苦しんでて相手に不満をぶつけたい気持ちは分からなくもないですが、「お前は間違ってる」と非難してくる人の力にはなろうと思いません。

心が狭いと言われればそれまでですが。

労働組合の役員も人間なので自分のことを否定されるといい気分にはなりませんし、否定してくる社員とは関わりたくはありません。

関わりたくない人とは、いかに関わらないかということに注力します。

意見を聞いて、叶えようなんて気には全くなりません。

まとめ

意見を言うのも人間ですが、意見を聞くのも人間です。

意見を聞いた人が本気で叶えようと思わない限り、その意見が採用され実現されません。

意見が採用されない人はびっくりするくらい、意見を叶えようとする人のやる気をなくす行動をします。

自分の意見を採用して欲しいなと思ったら、意見を聞く人が本気で叶えたくなるように提案していくことがポイントです。

人を味方にする秘訣を知りたい方にオススメの本

書評はこちら
一生食べていくのに困らない「人を味方にする」仕事術 by横山信治さん~サラリーマンの活躍は周囲との関係で決まる~

もう1つ読んでみてはいかがですか?

自分の要望を叶えるための労働組合の上手な使い方は?

上司とよい関係を築く秘訣は?~よい上司に恵まれたらいいなという淡い期待を捨てること~

サラリーマンが自由になるには、会社への依存度を下げることがポイント

いつも不平不満を言っている人の共通点は?〜600人以上の不平不満を聞いてきた経験から〜

上司と喧嘩をするのは、百害あって一利なし〜上司に刃向かって報われない人を何人も見てきた労働組合トップの経験から〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top