世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

サラリーマンはハイリスク・ローリターンな働き方?~労働力も分散投資の時代かな?~

サラリーマンはハイリスク・ローリターンな働き方?~労働力も分散投資の時代かな?~

安定や安心を求めてサラリーマンになる人って多いですよね。

私もそんな1人です。

でも、今はサラリーマンとして働くことが安定・安心につながるのか?

もしかして、終身雇用を信じて1つの会社だけで働いているのはハイリスク・ローリターンなんではと思ったので紹介します。

サラリーマンはハイリスク・ローリターンな働き方?~労働力も分散投資の時代かな?~

広告

サラリーマンは安定ではなかったのか?

安定した人生を送りたいならサラリーマンだ。

独立するのは危険だから、大企業に勤めたほうがいい。

という考えが主流だったと思います。

これは、入社した会社が何十年、何百年と存在する前提。

存在するだけでなく、右肩上がりで成長し続ける前提のもとに信じられた話です。

大企業でもつぶれる時代では

入社した会社で定年まで働く前提で仕事をしていると、その会社でしか働けない人になってしまいます。

会社が存続してくれたらなんの問題もありません。

しかし、今は大企業でも倒産してしまう時代。

今働いている会社が倒産することは他人事ではありません。

働いている会社が倒産したらどうします?

身につけたスキルを他社へ売り込むことはできますか?

そんなこと考えて仕事をしていないからできませんよね。

ハイリスク・ローリターンとは

サラリーマンには収入の上限がありますが、定年まで働けるという安心もあります。

しかし、企業が存続する確率が低くなると、いつ仕事がなくなるかわからなくなります。

この状態は不安定で避けてきたフリーランスの人と同じ。

フリーランスだった自分の頑張りで収入をどこまでも伸ばすことはできるけど、サラリーマンだったら無理ですよね。

そしたら、そしたら、サラリーマンって収入に上限があり、雇用の安心のないってことになりますよね。

ハイリスク・ハイリターンならまだしも、ハイリスク・ローリターンって一番やっていはいけない投資ですよね。

投資は分散が常識なのに

資産投資の世界では、分散投資が進められますよね。

1つにしか投資していないと、その投資先に何かあったときに全財産を失うから。

お金はリスク分散が常識になっています。

しかし、労働力はどうでしょうか?

今のサラリーマンは自分の労働力を1つの会社にしか投資していません。

これって、リスクのある投資ですよね。

リスクを承知の上で投資をしていたら問題ありません。

でも、いろんなリスクを避けるためにサラリーマンを選択した人にとっては。

これからは労働力も分散投資の時代?

自分の働いている会社がいつまでのあるとは限らない世界で、どのようにリスク分散をしたらいいでしょうか?

私はお金と一緒で、労働力も分散投資する時代だと考えています。

終身雇用前提でスキルを高めている時代は終わりました。

労働組合のトップをしているので実感していますが、会社は守ってくれません。

自分の身は自分で守るしかないんです。

まとめ

お金を増やしていくには、分散投資、長期投資が常識ですよね。

長く働き続けるには、労働力も分散投資、長期投資の発想が必要です。

もうすぐ40歳の私。

今の会社で働くことを前提に過ごしてきたからこそ、常に危機感を持ちながら仕事をしています。

残りのサラリーマン生活はどんな風にして過ごしていくかな?

ハイリスクは嫌いじゃないけど、ローリターンはなんとかしたいなと思う今日この頃です。

サラリーマンの働き方を見直すのにおすすめの本

書評はこちら
「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」by木暮太一さん~サラリーマンが成果を上げても給料がたいして変わらない理由が解明するよ~

もう1つ読んでみてはいかがですか?

サラリーマンが自由になるには、会社への依存度を下げることがポイント

日曜日の夕方に「会社に行きたくない」と憂鬱になったら、手帳を開こう!〜日曜日の憂鬱を解決した私の方法〜

「こんなはずじゃなかった」と言わない人生を送るためには?~労働組合のトップが考える対策とは~

現状維持が生まれる瞬間はこれだ!〜労働組合トップのひとりごと〜

仕事に行き詰まった時は、キャンプへ行こう!〜キャンプ歴5年のサラリーマンの経験より〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top