世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

会社の飲み会に参加すべきか?〜年間120日以上参加した経験から導き出した付き合い方〜

会社の飲み会に参加すべきか?〜年間120日以上参加した経験から導き出した付き合い方〜

「飲みにケーション」って言葉はもう死語ですかね?

私は入社した2004年、私の会社では一緒に飲まないと関係ができないと信じられている時代でした。

仕事終わりに、「飲みに行くか」と誘える上司や先輩がいい先輩で、

上司や先輩の誘いに、躊躇なく「イエス」といえる人がいい部下であり、いい後輩でした。

このような文化で育ったので、過去には仕事関係で年間120日以上飲み会に参加したこともあります。

年間120日も飲み会にでると、疲れるし、時間やお金はなくなるし、いいことはありませんでした。

こんな私が編み出した飲み会との付き合い方をご紹介します。

今では、飲み会と楽しく付き合っています。

会社の飲み会に参加すべきか?〜年間120日以上参加した経験から導き出した付き合い方〜

広告

飲み会の目的を決める

私は基本飲み会が好きです。

なので、参加することに抵抗はありません。

しかし、数が多いと嫌になってしまいます。

なので、飲み会に参加する目的を決めました。

仕事関係で飲み会に参加する目的は

・一緒に働く人と人間関係の構築する、関係を深める
・新しい人に出会う
・研鑽の場とする

の3つです。

人間関係構築にはいい場

新しい職場で仕事をするときは、飲み会に参加することをオススメします。

仕事で重要なのは人間関係。

一緒に働く人がどんな人なのかを知ること、自分がどんな人間なのかを知ってもらうことは重要です。

職場では仕事の話ができても、プライベートな話はできません。

プライベートな話の中に、その人がどんな状況なのかよくわかるんです。

一度、打ち解けると職場のコミュニケーションが驚くほどスムーズになります。

例えば、半年に一回程度の歓送迎会に参加するだけでも、職場の人と距離が縮まります。

新しい人に出会う

日頃交流のない人があつまる飲み会に誘っていただいたときは、極力行くようにしています。

初めて話す人と飲むと発見が多い。

ハズレだなと思うこともたくさんありますが、話さないとわからないですからね。

たまに、この人とは長く付き合いたいと思える人にも出会えるので、

研鑽の場になる

研鑽になる飲み会には出席するようにしています。

社内の飲み会で、話を聞いてためになったと思える時はほとんどありません。

大抵は、過去の栄光か愚痴ばかりですから。

なので、研鑽の場となる飲み会にしたい時は、尊敬する上司や先輩、活躍している後輩を自分から誘います。

部署が異なる人とじっくり話すに9時ー5時では時間が取れません。

そんな人でも、仕事終わりの時間だとゆっくり話せるので飲み会を活用してます。

例外もある

労働組合の仕事をしていると、1年に1回しか飲まない人がいます。

そんな時は、会社の偉い人であろうが、平社員であろうが どんなメンバーでも飲みに行きます。

そして、どんなことを考えているのか、思っているのか話を聞く機会にしています。

これは、労働組合のトップという役割上しかたがないと思っています。

マイルールを決める

飲み会を断ると、ちょっとした罪悪感が生まれます。

ある飲み会は断るのに、別の飲み会に参加したときはもっと罪悪感が生まれます。

この罪悪感をなくすために、マイルールを決めて周囲にも伝えています。

例えば、

・当日に誘われた飲み会はいかない
・仕事に支障がでるので、週3回以上重なると断る
・なるべく多くの人と飲みたいので、飲み会が重なった場合は日頃会えない人を優先する

などです。

このマイルールを決めて運用していると、理解が進みます。

周囲が、

「あの人と飲みたかったら事前にアポイントを取った方がいいよ」
「2週連続で飲み会に誘うわない方がいいよ」

と言ってくれます。

まとめ

飲み会は人間関係を築いたり、情報を集める手段です。

この基準を自分で決めることで、参加しても楽しいし、断っても罪悪感はありません。

最近では、飲みたい仲間を自分で決められるように主催になることが増えました。

自分で企画すれば、日にち、時間、お店、飲むメンバーが選びたい放題ですからね。

飲み会から逃げよる方法を考えるより、積極的に使い倒すてみると苦痛ではなくなりますよ。

基本は飲み会が好きな人なので、この付き合い方がなりたつのかもしれませんが。

いい人を辞めて飲み会を断りたい人はこちらをチェック

書評はこちら
「心屋仁之助のいい人をやめてスッキリする話」by心屋仁之助さん〜いい人をやめるって、自分を大切にすること〜

もう1つ読んでみてはいかがですか?

二次会の断り方〜年間120日飲み会に行っていた私が二次会を断るためにした4つのこと〜

『会社の飲み会拒否で「人生」は詰むのか?』の記事から考える飲み会との付き合い方~幸せに働く工夫~

会社の飲み会に参加しないのは損?『「飲み会嫌い」の新入社員はこれだけ損をする』の記事から学ぶ付き合い方

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top