世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

自分と家族の時間が増える手帳の使い方〜3色ペンで書くと叶う!〜

自分と家族の時間が増える手帳の使い方〜3色ペンで書くと叶う!〜

手帳はどのように使ってますか?

以前は、仕事の予定を書くものとして使ってました。

空いてるところに、仕事の予定をどんどん入れてました。

結果として仕事漬けの日々でした。

こんな日々を変えたいなと思い手帳の使い方を工夫したら、自分の時間も家族の時間を持てるようになりました。

誰でもできる簡単な方法をご紹介します。

自分と家族の時間が増える手帳の使い方〜3色ペンで書くと叶う!〜

広告

現状把握から

まずは、仕事とプライベートの予定を全て手帳に書き込みましょう。

手帳はウィークリーがオススメで、色分けをするのがオススメ。

私は、仕事は黒色、家族と過ごす時間は青色、自分のための時間は赤色にしてます。

何も意識して来ないときは、びっくりするくらい黒色で埋まってます。

赤色と青色が全くなかったんです。

色を増やしてみる

仕事だけの人生から変わるためには、赤色と青色を増やす必要があります。

いきなり、自分の時間と家族の時間を両方増やすのは難しいと感じたので、1つに絞ることにしました。

子供が小学生だったこともあり、まずは家族との時間を優先してみることにしました。

後から振り返ると、ちょっとずつ変えていったのが良かったと思います。

学校行事を手帳に書いてみると

1度しかない子供の小学生時代をできるだけ一緒に過ごしたいと思い、学校行事を書くことにしました。

休日参観や運動会だけでなく、平日の予定も手帳に書き込んでみました。

黒色の中に青色が増えると、ちょっとだけ鮮やかになります。

1度書くと青色を消さないために工夫しようという気持ちになります。

不思議な感じなんですが、先に入れた予定を大切にしたくなるんです。

そして、その予定を実行するために仕事の工夫もするようになります。

家族との約束を守ると

青色で書いた家族との予定を死守すると、自信が湧いて来ます。

仕事を工夫して子供の学校行事に参加すると、達成感と自信が湧いてきました。

さらに仕事の工夫をすれば、もっと家族との時間が取れるのではと思えるんです。

そこで、次の目標を週に1回は平日に家族と晩ご飯を食べることにしました。

そしめ、手帳に青色で「家族と晩ご飯」と書きました。

自分の時間も

家族との時間が少し増えてきたら、自分の時間を取ることにも挑戦しました。

家族のためなら堂々と早く帰れますが、自分のために早く変えるのは何だか気が引けました。

なので、セミナーを探して参加することに。

勉強なので早く帰りますって言いやすいんです。

社外で勉強をすると、知識も視点も広がり

少しずつ増やしていくと

目標は1つずつ。

達成できたら、もう1つ。

このサイクルを繰り返していくと、これまでやって来た仕事に対して

・この仕事は本当に必要なのか?
・この会議はでないといけないのか?
・この飲み会は参加しないといけないのか?
・もっと効率的にできないか?

とこれまで疑問に持たなかったことに疑問を持つようになります。

本当に必要なものだけ厳選していくと、減らせる仕事はたくさんあるんですね。

工夫したことを詳しく知りたい方はこちら
残業せずに定時で帰る方法〜入社して12年間ずっと残業してたぼくが毎日定時退社できるようになるまでに実践した10のこと〜

今では

今ではアフターファイブの予定を、4日間は家族とのご飯、1日は自分時間、2日間は仕事として予定を組んでます。

今は、家族との時間を優先中。

なので、数ヶ月先まで、「赤色の自分の時間」と「青色の家族と時間」確保しています。

そして、その予定を死守できるように日々改善です。

目標があるので、改善も楽しみながらやってます。

まとめ

手帳に3色で予定を書き込むことがスタートでした。

仕事以外の予定を手帳に入れたくて工夫をし続けました。

コツコツと続けた結果、今では毎週(家族との時間」も「自分の時間」もと」るようになりました。

家族との時間や自分の時間が欲しかったら、まずは手帳に3色で予定を書き込んでみましょう!

時間の使い方に興味がある人にオススメの本

書評はこちら
「世界で一番シンプルな時間術」byマリオン&ヴェルナー・ティキ・キュステンマッハー〜今、この瞬間をこころから楽しもう!〜

もう1つ読んでみてはいかがですか?

残業せずに定時で帰る方法〜入社して12年間ずっと残業してたぼくが毎日定時退社できるようになるまでに実践した10のこと〜

1日の1%を好きなことに使うだけで、毎日が充実する~幸せに働く工夫~

日曜日の夕方に「会社に行きたくない」と憂鬱になったら、手帳を開こう!〜日曜日の憂鬱を解決した私の方法〜

体と心を中心に時間管理をすると仕事がスムーズに進む[時間術]~幸せに働く工夫~

残業を削減するのは、未来への投資を行うため~幸せに働く工夫~

時間を作って、本を読み、人に会う〜幸せ働く工夫〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top