世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

気の合う仲間の見つけ方〜アラフォーになって初めて社外に仲間を作った方法〜

気の合う仲間の見つけ方〜アラフォーになって初めて社外に仲間を作った方法〜

気の合う仲間が欲しいな〜。

ここ数年間、心に思い続けてたことでした。

もうアラフォーの私ですが、恥ずかしながら仲間と呼ばれる人はいませんでした。

でもどうやったらできるのかもわからず、モヤモヤしてました。

現状を変えたいと工夫を重ねた結果、今では気の合う仲間ができました。

仲間と勉強会なんかもやっちゃってます。

40年近くも仲間がいなかった私が気の合う仲間を見つけた方法を紹介します。

気の合う仲間の見つけ方〜アラフォーになって初めて社外に仲間を作った方法〜

広告

知り合うけど・・・

セミナーなどに行けば、社外の人に出会います。

いろんな人と出会いますが、一緒に活動したいなって人を見つけるの難しかったんです。

何かビンときませんでした。

きっと相手も私に対してピンときてなかったんだと思います。

だから、お互いにその後に何かしようと声をかけることはありませんでした。

ピンとこない理由は?

初めて会う人の前では、嫌われたくないから相手に合わせてました。

相手に合わせてると、常に受け身。

自分から何かを主体的に発信することはありません。

結果として、私がどんな人なのか相手には伝えられてなかったんです。

だんだんつまらなくな?

セミナーなどに出始めてた頃は、相手の話に合わせるので精一杯でした。

社外の人に会うのが慣れてくると、相手に合わせているのがつまらなくなりました。

もともと話したがりの性格の私は、黙って話を聞いているだけなのは耐えられなかったんです。

でも、自分を出すのは怖い。

怖さとつまらなさの間で戦い続けました。

結果、怖さを乗り越えることを選択してみました。

仲間が欲しい気持ちが勝りました。

自分を出してみる

自分をどんな風に出したらいいかなって考えました。

自分が興味があったり、考えていることで気の合う人を見つけられたら嬉しいなと思い

・自分の仕事のこと
・仕事で達成したいこと
・ブログを書いてること
・自分のやりたいこと

などを話すことしました。

話し続けると

最初の頃は自分を出すのが怖くて、自信なさげに話してました。

興味を持たれなかったり、否定されるのが怖いんですよね。

でも回数をこなしていくと、自分の好きなことや大切にしていることを堂々と話すことができます。

慣れってやつですね。

残った人が気の合う人

どうどうと素の自分を出し続けると、興味を持ってくれる人と、興味のない人に分かれます。

目の荒いふるいみたいなもんですね。

考え方が合わない人や、興味を持つことが違う人は、どんどん離れていきます。

離れていかれるのは、ちょっと寂しい。

自分も興味が持てない相手だと一緒にいたいと思わないので、お互い様ですね。

何回も話した結果、私が興味を持ち、相手も私に興味を持ってくれた人が気の合う仲間になっていきます。

まとめ

私は気の合う仲間とは、自分も相手のことをもっと知りたいと思う人で、相手からも自分のことをもっと知りたいと思ってくれる人だと考えています。

簡単に言うと、互いに興味が湧く人が仲間。

仲間を見つけるには、相手から興味を持ってもらう必要があります。

相手から自分に関心を持ってもらう方法には、素の自分を出すことが一番効果的でした。

それも、出せば出すほど、自分に合う人が見つかりやすいんです。

これからも、もっともっと自分を出して、仲間を見つけていきます。

周りの人とうまく付き合いたい人にオススメの本はこちら

書評はこちら
まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたらすぐ読む本 心屋仁之助〜自分らしく生きて、まわりともうまく付き合うために知っておき、挑戦したいこと〜

もう1つ読んでみてはいかがですか?

仲間が欲しかったら、自分の夢を熱く語ろう~2年越しで念願の第1回東京リーマン・ブロガーズ会を開催した経緯より~

仲間の言葉が私を勇気づけてくれる!〜第4回ツキイチ勉強会からの学び〜

社外の仲間の増やし方!〜幸せに働くコツ〜

行きたくない飲み会を断る方法〜年間120日あった仕事の飲み会を3分の1回以下にした経験から〜

悩みを解決するには、本音で話せる場を作ろう〜弱みを晒さないと根本的な解決はしない〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top