友達がいないと悩む30代サラリーマンが友達を作るためにやったことは?

「気の合う友達が欲しいな〜。」

こんな風に思うことはありませんか?

30代のサラリーマンである私は友達と呼べる人がほとんどおらず、いつも友達が欲しいと思っていました。

結婚して、子供ができて、忙しく働いていると、友達がどんどん減っていきます。

このままでは友達が1人もいない人生になってしまうという危機感が募ってきました。

こんな状況を変えたいと、友達を作るために試行錯誤しました。

行動をし続けると、友達ができました。

40年近くも仲間がいなかった私が気の合う仲間を見つけた方法を紹介します。

友達がいないと悩む30代サラリーマンが友達を作るためにやったことは?

出会いを求めて

出会いがなければ友達ができないと思い、セミナーなどへ行きました。

セミナーなどに行けば、人に出会います。

出会った人と話しますが、友達になる感じではありません。

知り合いって感じ。

そう、距離感があるんです。

異業種交流会に行っても、名刺がたまるだけで、人脈や友人ができない人と同じ状況でした。

距離感がある理由は?

友達と知り合いの違いは、距離感です。

知り合いって、近くもなく、遠くもなくって感じですよね。

この距離感は、実は私が作っていたんです。

私はセミナーなどで初めて会う人の前では、相手に合わせてました。

嫌われたくないから、自分から相手に踏み込むことをしなかったんです。

相手に合わせている限り、自分のことを話しません。

自分のことを話さない限り、相手からよくわからない人で終わります。

作戦変更

差し障りのない会話をしてても、友達はできないと気付いた私は作戦を変更しました。

まずは、自分のことを晒し出してもいいと思えるセミナーにだけ参加することにしました。

自分と趣味があう、目指す姿が一緒、時間の使い方が近いなど、共通点があるセミナーへ集中的に行くことへ。

そして、気が合いそうな人と話すことにしました。

それでも、自分を出すのは怖いので、恐る恐る自分のことを話してみました。

自分のことを話してみると

同じ考えや趣味を持つ人だと、自分のことを話しても興味を持ってくれます。

自分のことを少し話しては、相手の話を聞くことを繰り返してみました。

最初の頃は自分を出すのが怖くて、自信なさげに話してました。

回数をこなしていくと、自分の好きなことや大切にしていることを話すことが。

慣れってやつですね。

自分が心をオープンにすると、相手も心をオープンにしてくれる可能性は高くなります。

自分が安心して話せる場を見つけて話すことがオススメ。

友達だけが残っていく

自分を出し続けると、興味を持ってくれる人と、興味のない人に分かれます。

考え方が合わない人や、興味を持つことが違う人は、離れていきます。

自分のことを晒して話すことは、友達になれる人となれない人を振り分けてくれます。

話をした人が離れていくと、寂しい気持ちになります。。

逆に、お互いに強く興味を持つ人だけが残っていきます。

友達づくりには、去っていく人よりも残ってくれる人を大切にするのがポイントです。

振り返ると、お互いに興味を持てる人が友達になってました。

まとめ

友達を作ったステップをまとめます。

1つ目は、自分と気の合いそうな人がいる場所へ行く
2つ目は、自分のことを話し、相手の話も聞く
3つ目は、去っていく人はそっとしていく
4つ目は、興味が湧く人と何度も話す
5つ目は、時間をかける、焦らない

です。

友達とは互いに興味が湧く人です。

経験上、友達は時間をかけて話し続けることでしかできません。

まずは、自分と気が合いそうな場へ行き、自分のことを話してみましょう。

何よりも、焦らないことがポイントです。

数年前まで友達がいなかった30代サラリーマンでもコツコツこ行動すれば、飲み会や勉強会ができる友達ができます。

周りの人とうまく付き合いたい人にオススメの本はこちら

書評はこちら
まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたらすぐ読む本 心屋仁之助〜自分らしく生きて、まわりともうまく付き合うために知っておき、挑戦したいこと〜

友達・仲間づくりに興味がある方はこちらの記事もいかがですか?

仲間が欲しかったら、自分の夢を熱く語ろう~2年越しで念願の第1回東京リーマン・ブロガーズ会を開催した経緯より~

仲間の言葉が私を勇気づけてくれる!〜第4回ツキイチ勉強会からの学び〜

サラリーマンでも自主開催セミナーはできるのか?〜第5回ツキイチ勉強会の学びを紹介〜

新橋で第3回東京リーマン・ブロガーズ会を開催!

社外の仲間の増やし方!〜幸せに働くコツ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です