世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

成長しない人の共通点〜上司になって見つけた3つの特徴〜

成長しない人の共通点〜上司になって見つけた3つの特徴〜

部下を持つようになって気づいたことがあります。

同じくらいの能力で、
同じ環境にいて、
同じような仕事をしてても

成長の速度が違います。

不思議だなと思い、観察していると見つけたんです。

成長が遅い人の特徴を。

私が2年間の観察から見つけた特徴を紹介します。

成長しない人の共通点〜上司になって見つけた3つの特徴〜

広告

行動しない

成長が遅い人は、とにかく行動をしません。

行動できたとしても、考えてから行動するまでの期間が長いんです。

いつになったら行動するのかなと見守ってますが、我慢ができなくて行動を促してみると

「準備ができてない」
「時期じゃない」
「もっといい方法がある」

など、行動しないことを全力で正当化します。

行動をしないと経験ができず、新しいことを学ぶ機会に恵まれません。

実践こそ学びの場。

行動をしない限り、現状維持。

行動する人に取り残されて行きます。

相談ができない

成長が遅い人は、めったに相談しません。

仕事で壁にぶつかっても、自分の力でやることにこだわります。

時間をかけてもたいした成果を上げられずに信頼を落とします。

信頼が落ちると、ほどほどの仕事しか任せられなくなります。

結果、成長できる機会を失っていきます。

壁にぶつかった時に相談できると、他の人の知恵を借りることができます。

自分の知恵に他の人の知恵を合わせると、考えや行動の幅が広がります。

幅を広げて行動すると、成果を上げられる可能性は高くなります。

成果をあげると、さらに挑戦しがいのある仕事を任せてもらえます。

新しいことに挑戦すると、学ぶことも多くのさらに成長します。

この差はとても大きいのです。

他人のせいにする

新しいことに挑戦すると、必ず失敗します。

成長できない人は、失敗を他人のせいにします。

自分以外でうまくいかなかった原因を詳細に分析し報告してくれます。

自分を守るために精一杯。

自分には非がないと思っているので、自分の行動や考え方を改めようとはしません。

自分で問題を乗り越える力がつかないので、同じ問題にぶつかった時は同じような失敗を繰りかえします。

その度に、他人のせいにして、自分は恵まれてないと嘆いてます。

他人のせいにしない人は、失敗した時に自分の改善点を探します。

そして、改善点を修正する時に成長するんです。

成長するから、同じ問題にぶつかっても自分で解決し次のステージへと進んでいきます。

まとめ

・行動しない
・相談しない
・他人のせいにする

特徴を持っている人は、自分で成長する機会をなくしてます。

私はこれらの特徴を持っている人に、挑戦しがいのある仕事を任せようとは思いません。

同じ職場にいても、成長できる機会が少なくなっていきます。

いやー、残念。

自分も

言い訳して行動しない時

他人のせいにしている時

ってあるんですよね。

こんなときは、

自分で成長する機会をなくしてるよと言い聞かせ

勇気を出して行動に移し、

辛いけど自分のせいだと思うようにしています。

人のふり見て我がふり直せです。

頑張ってるのに成長してないなと思う人にオススメの本

書評はこちら
「がんばらない成長論」by心屋仁之助さん~がんばっても辛い人の解決法はがんばらないこと~

もう1つ読んでみてはいかがですか?

自分の問題は自分で解決できたほうが良くないですか?

「なんで私の意見は通らないの?」と思っている人へ〜意見を聞く側から一言〜

「上司に恵まれない」と言う部下を持つ上司が「部下に恵まれない」と嘆く理由は?〜労働組合トップのひとりごと〜

「こんなはずじゃなかった」と言わない人生を送るためには?~労働組合のトップが考える対策とは~

いつも不平不満を言っている人の共通点は?〜600人以上の不平不満を聞いてきた経験から〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top