世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

那須高原「キャンプアンドキャビンズ」の1日目〜9月の涼しい季節に家族キャンプ〜

那須高原「キャンプアンドキャビンズ」の1日目〜9月の涼しい季節に家族キャンプ〜

2017年9月に家族4人で「キャンプアンドキャビンズ」へ行ってきました。

9月になると空気もひんやりして、気持ちがよかった。

そして、初めて挑戦した、鍋焼きうどんもよかったので紹介

キャンプアンドキャビンズは1泊2日でも、楽しめるいいキャンプ場ですよ。

那須高原「キャンプアンドキャビンズ」〜9月の涼しい季節で家族キャンプ〜

広告

まずは益子町へ

キャンプに行く前に、益子町へ陶器を見に。

我が家では、ちょっとした陶器ブームなんです。

自分でお気に入りの、お茶碗やコップをそろえて、家ご飯を楽しんでいます。

今回は、次女のコップを探しに。

私と長女が萩焼のコップを購入してから、ずっと欲しかったみたい。

陶器を売っているお店がものすごく多いので、半日では回り切れません。

全ては回れないので、お目当ての作家さんが売っているお店で陶器を探します。

気軽に立ち寄るとこではなかったです。

さらに、益子町には陶芸だけでなく、カフェも素敵なんです。

東京から訪れる客が多いから、カフェも進歩したのかな。

こんなに細い道の先にお店があるのというような道を進んでいったとこにあるお店へ。

辺鄙なとこなのに、駐車場には車がいっぱいでびっくり。

店内の雰囲気も良く

料理も美味しい!

自宅近くにもこんなカフェがたくさんあったらいいのにな。

立ち寄った「森のレストラン」は、私が思い描いていた別荘みたいなお店で、とってもよかった。

こんな家で、休日をのんびり過ごせたら最高だなと思いながらランチタイムを過ごしました。

ただ、埼玉の自宅から益子町は遠かった。

益子町はちょっと立ち寄る場所ではないですね。

キャンプ場へ

買い物とランチが終わったら、益子町からキャンプアンドキャビンズへ向かいます。

所要時間は2時間。

遠いな。

自宅からキャンプアンドキャビンズまでの時間と変わりません。

キャンプ場に行く前に軽く立ち寄る予定が遠い道草になってしまいました。

キャンプ場についたのは15時。

予定より1時間遅れての到着です。

益子町で過ごした時間は楽しかったので後悔はしてませんが、子供たちが楽しみにしているスーパーボールすくいは16時。

速攻で、テントを設営して子供たちを送り出す必要があります。

テントを設営して

速攻で設営をします。

今回はオートキャンプサイトのT30。

なんとしても、スーパーボールすくいには間に合わせてあげたい。

キャンプのベテランになったのか、たったの1時間で設営。

昔は設営して、ご飯を作り終わったら、夜の8時だったのに。

進歩しました。

私と妻の進歩したおかげで、16時から子供たちはスーパーボールすくいへ無事にいけました。

ここのスーパーボールすくいをするには、水着があるとおもいっきり遊べて楽しいですよ。

テントを設営したタイミングで、目の前に生ビールの売り子が。

これは買うしかありません。

テント設営後の生ビールは最高!

ハンモックも借りて、のんびりします。

使えたのもつかの間。

スーパーボールすくいから戻ってきた子供に占領されてしまいます。

晩御飯づくり

キャンプと言えば、バーベキュー。

でも、今回は、鍋焼きうどんに挑戦。

9月だと、涼しくなってきて、ちょっと暖かいものもがいいなと思ったのと、

鍋焼きうどん用の鍋を買ったばかりだから、使いたかったのもあります。

我が家の晩ご飯の方針は、簡単で、片づけが簡単なこと。

鍋焼きうどんは、簡単に作れるし、後片付けも簡単なので、我が家の方針にぴったり。

出汁を煮立たせて、具材を入れ、麺を入れ、最後に卵をおとして完成。

4人家族なので、この作業を4回繰り返します。

ビールを飲みながら作ると気分もルンルン!

蓋をあけて食べる1人鍋。

至福の晩御飯です。

もう少し寒いと、もっとおいしい。

10月のキャンプの晩御飯でも試してみようと思います。

ここに、えび天があるとさらにゴージャスになりそう。

ビンゴ

キャンプアンドキャビンズの夜の楽しみは、ビンゴ大会。

夜の7時から8時過ぎまでやってます。

我が家はこのビンゴまでに、晩御飯とお風呂を終わらせてます。

豪華な景品があたるので、気合いを入れて参加してます。

初めてのビンゴで自転車を当てたので、いつも期待値だけは高いんですが。

今回は、何回もリーチまで行きましたが、結果はビンゴならず。

ビンゴは数字が読まれて、ハンコを押すだけなのに、楽しいから不思議です。

焚き火タイム

薪はセンターハウスで買えます。

ひと束、500円。

お手頃価格。

ビンゴの参加賞であるマシュマロを焚き火で温めます。

トロトロになったマシュマロをビスケットに挟んで食べるのが我が家の恒例行事。

マシュマロを食べ終わったら、長女は宿題。

親は焚き火を見ながら、お酒をいただきます。

この時間が1番癒されます。

キャンプの醍醐味は、焚き火タイムですね。

自分の日々の悩みがちっちゃく感じて、もっと自分らしく生きようと思えるこの時間は月1で欲しいなー。

まとめ

益子町で陶器をみて、

カフェを楽しんで、

キャンプを楽しんで、

生ビールを飲んで、

鍋焼きうどんを食べて、

焚き火で火を眺めて

いい1日でした!

1人鍋焼きうどん用のなべはこちら

もう1つ読んでみてはいかがですか?

那須高原「キャンプアンドキャビンズ」で1泊2日の家族キャンプ(1日目)

那須高原「キャンプアンドキャビンズ」で1泊2日の家族キャンプ(2日目)

「キャンピカ富士ぐりんぱ」(静岡県裾野市)レビュー~遊園地が徒歩5分、子供連れキャンプに最適!~

「くりの木キャンプ場」レビュー〜都心から近くて、家族キャンプにオススメ〜

「スウィートグラス」(北軽井沢)レビュー〜大人も子供も大満足、設備が充実したキャンプ場〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top