世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

学ばない人の悲劇〜5年ぶりに会った後輩から学んだこと〜

学ばない人の悲劇〜5年ぶりに会った後輩から学んだこと〜

5年前に一緒に仕事をしてた後輩と食事をしました。

5年ぶりに会う後輩がどんな風に変わってるのか楽しみにしてましたが、会ってみて愕然。

5年前と全く変わってないんです。

後輩の口から出てくるのは、上司や同僚や不平不満、自分がどれだけ大変かなどなど。

愚痴は視点・考え方・やり方を変えたら解決できる内容ばかり。

組織を引っ張る人間になって欲しいと期待してたので、余計に失望しました。

本人がそれでいいんならいいんですけどね。

ショックが収まってくると、後輩がどんな5年間を過ごしてたのか興味が湧きてこました。

どうしたら何も変わらないのかを突き止めたくなったんです。

そこで、

「この5年間はどんな5年間だったの?」

と質問してみると

後輩の口から出てきた言葉は

「とにかく忙しい日々で仕事に追われてました。無駄な仕事ばかりやらされて、大変。何とかならないんですかね。」

とのこと。

仕事に追われた日々を積み重ね、自己研鑽の時間をとることなく過ごしていました。

本人がレベルアップしてないから課題を解決する力もなく、5年間前と同じ悩みで愚痴を言っているんですね。

ちょっと前の私も同じだったので、愚痴を言いたくなる気持ちはわかります。

目の前の仕事に追われて、こなしているだけだと人は変わらないことを実感しました。

どんな1日を積み重ねてるかで、未来は変わるんですね。

まとめ

私は労働組合のトップになるという転機を迎え、素晴らしいリーダーになりたいとの想いから自己研鑽を始めました。

こんな機会がなかったら、今でも自己研鑽なんてしてないでしょうし、このブログも書いてないでしょう。

目の前の後輩と同じ道を歩いている自信があります。

私の場合はまだ本気の自己研鑽歴は2年ですが、本気で勉強すると世界は変わります。

視点・考え方・スキル・人脈など2年前とは別人になりました。

学び続けていると、学んだことを試したくて課題を克服しようとする気力が湧いてきます。

昔だったら困難なことにぶつかると愚痴を言うだけでしてが、今では解決してやろうという気になります。

課題に立ち向かっている間で、失敗を繰り返しながらさらに学びを深めていけます。

課題に立ち向かっていると、文句を言い続ける暇は無くなります。

仕事に追われる日々を送るのか、自己研鑽するのかは個人の選択です。

この選択の差で、1日や1週間では差が出ないかもしれませんが、5年も経つ大きな差がつきます。

学ばないって怖いと感じた飲み会でした。

広告

将来も雇われる力をつけたい人にオススメの本

書評はこちら
「10年後、君に仕事はあるのか?未来を生きるための雇われる力」by藤原和博さん〜

もう1つ読んでみてはいかがですか?

長時間労働で失っていたものは?〜残業削減に取り組んで気がついた3つのこと〜

残業を削減するのは、未来への投資を行うため~幸せに働く工夫~

働きすぎたから変われなかったんだよな[ひとりごと]

残業代ゼロ法案が帰ってきた!「脱時間給 今国会見送り」の記事から考える働き方~幸せに働く工夫~

月100時間の残業すると、どんな1日になるの?~幸せに働く工夫~

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top