世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

コーチングとは「信じること」by生島淳さん~リーダーに読んでほしい!悩みを解決できるから~

コーチングとは「信じること」by生島淳さん~リーダーに読んでほしい!悩みを解決できるから~

生島淳さんが書かれた『コーチングとは「信じること」』を読みました。

ラグビー日本代表ヘッドコーチであったエディー・ジョンズさんとの対話をもとに書かれた本です。

エディー・ジョンズさんといえば、世界的には弱小だったラグビー日本代表を、強豪チームにも劣らないチームに育てたカリスマ。

いやー、おもしろかったし、興味深い本でした。

スポーツ好き、監督好きにもいいけど、この本は会社で働くリーダーに読んでほしいので紹介します。

コーチングとは「信じること」by生島淳さん~リーダーに読んでほしい!悩みを解決できるから~

広告

本の内容は?

この本は、エディー・ジョンズさんが、どうやってラグビー日本代表を強くしていったのかが書かれています。

事例はラグビーを通して語られていますが、ラグビーがわからなくてもこの本は楽しめます。

エディー・ジョンズさんが

どのように人と接しているのか、
チームをまとめようとしているのか
チームを強くしようとしているのか

が良くわかる本です。

実例を通しながら説明されているので、頭で理解するというより、感覚で理解することができます。

こういう場面だと、こんな風に考えてみるといいのかと、肌感覚で理解できる感じです。

この本がオススメの人は

この本は、リーダーの立場の人は1度は読んで欲しい。

どのようにリーダーシップを発揮したらいいのか

組織を強くするためにはどうしたらいいのか?

組織に変革を起こすにはどうしたらいいのか?

部下を指導するにはどうしたらいいのか?

などリーダーにはいつも悩みがつきものですよね。

これらの悩みは、この本を読むことで自分がやるべきヒントが得られます。

エッセンスをご紹介

一番、印象に残ったパートを紹介します。

コミュニケーションをとることは、アートとという発想にはびっくりしたので紹介します。

コーチングはアート

私が知っているリーダーは、なんで俺の言うことがわからないのかって言う人が多いです。

私もリーダーになってからは、何回も伝えているのに、なんで部下はわかてくれないんだと思ってました。

エディーさんは、コーチングはアートだと言い切ります。

エディーさんがコーチングをするときには

1人ひとり必要なことは異なるので、その人に今何が必要なことを見極めること。

どのタイミングでどんな情報を投げかけると、相手の良さを引き出せるのかを考えて話している

と言います。

見極めるのも芸術ですし、様々な情報から何を組み合わせて伝えるかも芸術です。

コーチングの概念が異なるので、私とエディさんでは行動もまったく異なります。

エディさんの姿勢を学ぶと、これまでの自分の伝えかたでは伝わっていなかったのが良く理解できます。

コーチングはアート。

こんな発想は私にはありませんでした。

異文化に触れることが重要

コーチングはアートですので、よりよいコーチングをするには創造性が重要です。

いろんなアイデアが生まれる上司でなければ、いいコーチングはできないということになります。

では、アイデアはどのような時に生まれるかというと、エディさんは日常から離れているときに生まれると言います。

どのくらい離れるといいかというと、海外など異文化に触れるのが一番いいとのこと。

残念ながら、サラリーマンは気軽に海外には行けません。

でも、会社を離れてカフェに行く考えるとか、映画を見たり本を読むとか、社外の仲間と話すなど、日常の仕事から離れることはできます。

実際は、日本の多くのリーダーは日常の仕事に忙殺されて、日常から離れる努力はできていません

もし、日常に忙殺されているとアイデアは生まれず、いいコーチングができません。

いいコーチングができなければ、リーダーの考えを理解できていない部下が増えます。

リーダーの考えが理解できていない部下が仕事をしている限りは、組織としても結果を残せないでしょう。

リーダーは一生懸命仕事を頑張っているだけではダメ。

日常を離れ、創造性を高める努力も必要なんです。

リーダーは結果を残してなんぼですから。

まとめ

私はこの本を読んで、部下とのコミュニケーションや育成に関する課題を解決することができました。

エディさんの経験をもとに書かれているので、理解しやすいし、実践しやすいからだと思います。

ぜひ、部下とのコミュニケーションや育成、組織づくりで悩んでいるリーダ―は読んでみてはいかがですか?

明日から活かせるヒントがちりばめられていますよ。

コーチングとは「信じること」がきになる方はこちら

もう1つ読んでみてはいかがですか?

「最高のリーダーは何もしない」by藤沢久美〜部下から仕事をしていないと思われても、リーダーにしかできないことをしよう〜

「結果を出しながら人を育てる上司の魔法」by黒岩禅〜ついついやってしまう部下に印象の悪い上司の言動〜

「上司のあなたが頑張って働いても部下はなぜついてこないのか?」by森昭さん~頑張る上司は邪魔な人?~

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top