世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

行動したいけど、行動できないと悩んだ時の対処法は?

行動したいけど、行動できないと悩んだ時の対処法は?

行動したいけど、行動できないと悩んだ時は?

「どうすれば行動力を上げることができるのか?」

これは、私の悩みでした。

この時の私は、人生を変えたいなと思いながらも行動できずにモヤモヤした日々を過ごしていたんです。

2つの準備で動き出せる

結論から言うと、

・心からやりたいこと
・恐怖や不安を減らす安全基地

の2つを準備すると、行動できずにモヤモヤしていた時が嘘のようにスムーズに行動できるようになりました。

違うスキルが必要だと思っていたので、とっても不思議です。

このことに気が付けたのも、たまたま。

昔の私と変化の過程を紹介します。

労働組合のトップになると決まり

鬱屈とした日々を送っていた私ですが、労働組合のトップになることに決まったんです。

2000人の組合員の責任を背負うことになり、とにかく憂鬱でした。

頭の中では

「このままでは労働組合のトップとしての責務を果たせない。」

「自分を変えたい。」

「でも、自分の力だけでは自分を変えられない」

という言葉が駆け巡り、悩む日々を送っていました。

なぜか、素晴らしいリーダーは行動力に溢れている人だと思い込んでいたんです。

コーチングとの出会い

悩んでいるときに、コーチングに出会いました。

実は、この出会いが私を変えてくれました。

藁にもすがる思いで、コーチから行動できるためのスペシャルなスキルを学ぼうと思っていました。

しかし、コーチングでは、自分中の「やりたいこと」に向き合うだけ。

この「やりたいこと」に向き合う過程で、「やりたいこと」のすごい力を実感します。

なぜ、やりたいことにパワーがあるのか

行動することは、面倒です。

新しいことに挑戦するのは、さらに面倒です。

行動できないのは、面倒を乗り越えるだけのエネルギーが足らないから。

このエネルギーをどこから持ってこようと思っても、なかなか溜まらないんです。

しかし、「やりたいこと」が見つかると、体の中から自然にエネルギーが湧き出てきます。

そして、湧き出たエネルギーがある一定量たまると、自然と行動したくなります。

勝手に動き出すんです。

それでも動けない時は?

「やりたいこと」が見つかり、エネルギーが溜まっても行動できないことがあります。

その理由は、恐怖や不安の感情がブレーキを踏んでいるからです。

私は行動してもできない自分が情けなくて仕方なくなるのを知っています。

傷ついて、その痛みを持ち続けることが怖いんです。

そんな私でも、「安全基地」を持つと、恐怖を乗り越えで行動することができました。

安全基地とは?

私にとっての安全基地は、素の私を出せる人、私の夢を手放しに応援してくれる人です。

これらの人は、私が失敗した時に、受け止めてくれ、励ましてくれます。

これまでは、失敗して情けない自分を責め続けてましたが、

安全基地があると「失敗は挑戦したらか起きたこと。失敗は成功のもと」言って、自分を褒め称えることができるようになりました。

傷ついてもすぐに癒すことができると知ることで、恐怖を乗り越えられました。

広告

まとめ

私は「やりたいこと」を見つけ、「安全基地」を作ることで、行動したい時に行動できるようになりました。

行動できずに悩んでいた頃が嘘のようです。

これからは、この行動力を活かして、どんどん人生を変えていきたいと思っております。

行動力を高めたい人にオススメの本はこちら

もう1つ読んでみてはいかがですか?

自分と家族の時間が増える手帳の使い方〜3色ペンで書くと叶う!〜

「こんなはずじゃなかった」と言わない人生を送るためには?~労働組合のトップが考える対策とは~

「怖い」はやってみることで克服できる〜幸せに働く工夫〜

時間を作って、本を読み、人に会う〜幸せ働く工夫〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top