世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

「長時間労働」vs「定時退社」はどちらが正解な働き方なのか?

「長時間労働」vs「定時退社」はどちらが正解な働き方なのか?

「長時間労働」vs「定時退社」はどちらが正解な働き方のか?

ずっと悩み続けたことがありました。

それは、

「長時間労働」vs「定時退社」はどちらが正解なのか? という疑問です。

ビジネス書を読むと、ワークライフバランスが大事だという人もいれば、死に物狂いで働くことが必要だという人もいます。

本を読めば読むほど、わからなくなっていくジレンマに陥っていました。

入社した頃は?

入社して10年間はとにかく働きづめでした。

長く働いていた理由は、会社で活躍している人が長時間労働だったから。

自由な時間も欲しかったんですが、成果をあげたかったし、お金をたくさん欲しい気持ちが勝っていました。

実際に、自分と家族の時間を削って、仕事をしてたんです。

他人よりも長く働くことで、成果は上がったし、上司にも認められたし、給料も増えました。

でも、何か満たされない日々です。

自分自身がイライラしてて、妻とも喧嘩が多かったし、子供にも優しくなれず、家にいるのが楽しくなかったからかもしれません。

思っていた人生と違うなと悩んでいました。

こんな私に転機が訪れます。

労働組合のトップになることが決まって

野心バリバリだけど満たされたない私が。なんと労働組合のトップになることが決まりました。

労働組合のトップになることは、2000人の組合員のトップということ。

なかなかですよね。

よくみられたい願望の強い私は、かっこいいリーダーに見られるために、素晴らしいビジョンを考えてました。

どんなビジョンがいいのか妻に相談してたら、

「あんたができてないことを偉そうに言わない方がいいよ。」

と言われたんです。

心にぐさっときましたね。

確かに、自分と家族を幸せにできてない私が、2000人の組合員を幸せにするなんておこがましい話です。

そこで、自分と家族を幸せにする生活を送ることから始めようと決めました。

変えたことは?

まずは活躍している人の言葉に頼らないことに決めました。

自分は自分は、他人は他人の精神です。

そして、自分に焦点を当てて、大切にしたいことを思い浮かべて見ました。

仕事以外で出てきたものは

・家族との時間
・自分の趣味や学びの時間
・仲間との時間

です。

最後に、3つの時間を少しずつ増やすために行動を開始。

例えば、残業を減らして見たり

関連記事
>>>残業せずに定時で帰る方法〜入社して12年間ずっと残業してたぼくが毎日定時退社できるようになるまでに実践した10のこと〜

仕事の飲み会や二次会を断ったり

関連記事
>>>会社の飲み会を断る方法~年間120日あった飲み会を3分の1までに減らせたよ~

>>>二次会の断り方〜年間120日飲み会に行っていた私が二次会を断るためにした4つのこと〜

少しずつ、少しずつ時間の使い方を変えていきました。

時間の使い方を変えて見て

大切にしたいものを大切にすると、毎日が充実します。

長時間労働しかしなかった時の、満たされずにイライラしてたことが嘘のようです。

時間の使い方は、職場、家族、自分の状況に応じて、工夫するのがいいなと

広告

まとめ

自分と家族を幸せにしようと決めたら、

「長時間労働」vs「定時退社」はどちらが正解なのかを悩むことがなくなりました。

自分と家族を幸せにしてくれるのなら、どっちでもいいという感覚でいます。

状況に応じて、今月はは長く働いておこうとか、今週は家族との時間を大切にしようとか臨機応変に時間を使ってます。

この経験から、他人の言葉や考えに振り回されてたら、自分の幸せは掴めないんだなということを学びました。

時間の使い方に興味がある人はこちらの記事がオススメ

我が社の長時間労働がなくならない本当の理由は?

残業せずに定時で帰る方法〜入社して12年間ずっと残業してたぼくが毎日定時退社できるようになるまでに実践した10のこと〜

会社の飲み会を断る方法~年間120日あった飲み会を3分の1までに減らせたよ~

残業せずに定時で帰る方法〜入社して12年間ずっと残業してたぼくが毎日定時退社できるようになるまでに実践した10のこと〜

今の働き方に疑問がある人にオススメの本はこちら

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top