世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

「ひとり時間」で、すべてがうまく回りだすby池田千恵〜ひとり時間こそ大切にすべき!〜

「ひとり時間」で、すべてがうまく回りだすby池田千恵〜ひとり時間こそ大切にすべき!〜

他人に流されてて、自分のやりたいことができてないなと思っている方はいませんか?

「ひとり時間」をつくると、本当にいろんなことがうまくいきます。

今、

  • 私らしくありたい
  • やりたいことを見つけたい
  • やりたいことを実現したい
  • 毎日、充実した日々を送りたい

これらに近づいていくのに欠かせないのが「ひとり時間」です。

私が最近大切にし始めた「ひとり時間」について、詳しく書いてある本を紹介します

「ひとり時間」で、すべてがうまく回りだす! by池田千恵 〜ひとり時間こそ大切にすべき!〜

木

広告

「ひとり時間」の重要性

自分のやりたいことをするには自分の軸をつくることが大切です。

他人の言うことや飛び交う情報に流されて行動していては、自分らしく生きることはできません。

自分で考え決断をするからこそ、主体的に生きることができます。

そのためには、自分自身を見つめる時間が必要です。

自分自身を見つめるための時間こそ「ひとり時間」です。

「ひとり時間」の作り方

「ひとり時間」は「できる」じゃなくて「作る」ものです。

「ひとり時間」は5分でもいいんです。

ちょっとした隙間時間でも「ひとり時間」を作って、考えようとする意識が重要です。

しかし、ちょっとした時間だけだとできることは限られます。

この先どんなことをしようとか、1日の振り返りなどまとまった時間が必要なこともあります。

まとまった「ひとり時間」をつくるには、週間や月間の予定を組む時に「ひとり時間」として自分の予定を入れます。

会議やアポイントと同じくらいレベルの予定として時間をとります。

緊急の用事以外は、「ひとり時間」に予定を入れないようにしています。

「ひとり時間」で何はなにを考えるの?

「ひとり時間」で何をしたらいいの?と思っている方も多いと思います。

私は「ひとり時間」で

  • どんな未来にしたいのか妄想する
  • 妄想した未来を実現する方法を考える
  • 不安な感情を見つめる
  • イライラする理由を感じる
  • 自分の好きなことを感じる
  • やりたくないことを感じる

など自分が感じていることに注目します。

感じたことをもとに、その日、その週、その月にやりたいことを書き出したりもします。

自分自身と向き合うことであればなんでもいいのです。

まとめ

私は、毎朝仕事を始める前に30分「ひとり時間」をとっています。

朝の30分では、その日の仕事が終わった時にどんな状態になっていたいのかを妄想します。

そして、その妄想を達成するために、したいことを書き出していきます。

たった30分ですが、自分と向き合い仕事をすることで主体的に仕事ができ、やりたいことができます。

もう1つ読んでいきませんか?

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top