世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

世界一幸せなサラリーマンを目指す理由

世界一幸せなサラリーマンを目指す理由

世界一幸せなサラリーマンを目指してブログを書き始めました。
vol.1 世界一幸せなサラリーマンを目指して〜やりたいことを見つけよう!〜

なぜ、世界一幸せなサラリーマンを目指してブログを書き始めた理由を紹介します。

世界一幸せなサラリーマンを目指す理由

角島 灯台

広告

私の夢は?

私の夢は

「世界中のサラリーマンが楽しく働き、サラリーマンとして幸せな人生を送るお手伝いをする」

ことです。

サラリーマンのイメージは?

夢を持つようになった理由は、サラリーマンが辛い職業として捉えれているからです。

会社で働いていると

・定年まで働かないといけない
・少ない給料で働いてやっている
・希望してない場所や部署で働かせられてる
・自分の希望なんて通らない
・会社の奴隷だ
・何を言われても逆らえない
・楽しみは週末だけ
・上司と会うのがいや
・適切な評価がされない
・やりたいことは何もできない
・やりがいを持つなんて無駄

などなど、寂しい言葉ばかり出てきます。

サラリーマンは多くの時間を会社で過ごすのに、嫌な思いばかりしているなんて辛すぎます。

サラリーマンは辛い職業?

本当にサラリーマンはつまらなくて、辛いだけなのかなと考えました。

昔は、サラリーマンの間は仕事に時間を捧げ、自分の時間、家族との時間を犠牲にしないといけないと思って仕事をしていました。

自由は定年後しかやってこないとも思っていました。

そんな人生は嫌だ、サラリーマンでも楽しく過ごしたいと思い、変化するための行動を始めました。

自分らしく生きたいと考えて行動すると、サラリーマンでも楽しく働くことができるようになりました。

特別なことをしたわけではありません。

ちょっとしたことを積み重ねると、人生は変わっていきます。

私の経験を通じてサラリーマンに幸せを!

多くのサラリーマンが幸せになれると信じて、ちょっとした行動をすると全員幸せになる可能性を持っています。

ただ、自分でもできると気付いていないだけです。

サラリーマンでも幸せになれると信じていないだけです。

私が日々実践しているちょっとしたことを紹介することで、多くのサラリーマンが

・自分でもできるんだ
・サラリーマンでも幸せになれるんだ
・サラリーマンって素敵な職業だな

と感じてほしいです。

説得力を増すには?

私がサラリーマンとして楽しく働いて幸せでないと説得力はありません。

一番説得力があるのは、私が世界一幸せなサラリーマンになることです。

私の夢

「世界中のサラリーマンが楽しく働き、サラリーマンとして幸せな人生を送るお手伝いをする」

を叶えるために、世界一幸せなサラリーマンになると決意しました。

そして、世界一幸せなサラリーマンになっていく過程を紹介したいと思い、ブログを書き始めました。

まとめ

日本には約5000万人のサラリーマンがいます。

サラリーマン全員が、やりがいを持って、楽しく働き、幸せな人生を送ることができると、日本がもっと素敵になると思います。

具体的には

・毎朝、楽しそうに仕事に行って、定時で退社する。
・充実感満載で家に帰ってくる。
・通勤電車はやる気で満ちてる。
・自分の仕事の話を楽しそうに話す。
・自分の時間、家族との時間、仲間との時間が持て、もっと人生が充実する。

こんな風になったらいいな!と日々妄想しています。

世界一幸せなサラリーマンを目指して挑戦していきます。

応援してください!

もう1つ読んでみてはいかが?

東京版Vol2 もっとワガママに生きて良い!自分の中の「好き」発見講座に参加 〜私がニヤニヤした3つのこと〜 | kaku3.jp

私のなりたい姿は? 〜体験コーチングで導き出された言葉とは〜 | kaku3.jp

大下千恵さんの体験コーチングを受けて 〜自分の中にある「やりたいこと」を見つめることができる〜 | kaku3.jp

なりたい姿を目指して<行動編1> 〜自分らしくいられる曲を探してみた〜

なりたい姿を目指して<行動編2>〜私の想いを社員に伝えたみた〜

なりたい姿を目指して<行動編3>〜会社の影響力のある人に想いを伝える〜

なりたい姿を目指して<行動編4>〜なりたい姿が湧き上がってくる曲がみつかった!〜

なりたい姿を目指して<妄想編1>〜コーチングを通じて出てきた3つのやりたいこと〜

「結果を出して定時で帰る」を実践〜とにかく予定を入れる編〜 | kaku3.jp

「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜2週目〜 | kaku3.jp

「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜3週目〜 | kaku3.jp

「結果を出して定時に帰る」への挑戦 〜4週目〜 | kaku3.jp

「結果を出して定時に帰る」への挑戦〜新米上司として心がけている4つの工夫〜 | kaku3.jp

結果を出して定時に帰る<5週目>〜 定時に終わらなかった仕事への対応方法〜 | kaku3.jp

結果を出して定時に帰る<6週目>〜上司が休んでも問題は起こらない〜 | kaku3.jp

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top