世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

働くことを考えはじめたときに読む本 by有川真由美〜仕事に悩んだときにオススメです〜

働くことを考えはじめたときに読む本 by有川真由美〜仕事に悩んだときにオススメです〜

タイトルで「働くことを考えはじめたときに読む本」と書かれているように、就職前の学生に向けられた本です。

働くことを考えはじめたとき読む本 | 有川 真由美 | 本 | Amazon.co.jp

しかし、仕事に悩んだときに読むと、前向きに仕事をしてみようと励まされる本です。

私は、

  • 働くことの意義を見いだせたい
  • 何のために働いているのかわからなくなった
  • 今の仕事が楽しくなくて、辞めようかなと考えている

このように感じている方こそオススメです。

楽しく働くヒントがたくさんある本です。

わたしが楽しく働くために、参考となった(試したい、共感した)と思った5つのことを紹介します。

働くことを考えはじめたときに読む本 by有川真由美〜仕事に悩んだときにオススメです〜

広告

目の前の仕事に打ち込んでいるうちに、たどり着くこともある

仕事をしていると

  •  やりたいことが見つからない
  •  やりたい部署にいけない
  •  やりたい仕事を任せてもらえない

などの悩みを持つことは多いです。

悩んで、任されている仕事に打ち込めないといつまで経っても状況は変わりません。

与えられている仕事に打ち込むと、仕事で他人の役に立ち、新しいチャンスをもらえることがあります。

他人からもらったチャンスに打ち込んでいると、さらに新しいチャンスをもらえることがあります。

これを繰り返していくと、自分のやりたい仕事に近づいていくのです。

働くことは、自由を手にいれること

会社に入ると自由がなくなると思っている人は多いと思います。

確かに新入社員のころは、何の権限もなく、仕事も選べず、言われたことをしなければなりません。

しかし、仕事力がつくと、発言力も出てくるし、自由に行動しやすくなります。

さらに成果もついてくると、多少のわがままも「あなたが言うなら」と聞いてもらえるようになります。

たとえ会社でも、働き続けて仕事力をつけることで自由になれるのです。

さらに、働くことを通じてお金を手に入れることで、自分の好きなものを手に入れることができます。

働くことは不自由なことではなく、自由に近づく道なのです。

「本当のところ、どうなの?」と疑うクセをつける

私が仕事をつまらないなと思うときは

  •  過去からやっているからやらなければいけない
  •  みんながやっているからすべき
  •  上司、先輩から言われたから絶対に言われた方法でやらければならない

など「〜しなければ」、「〜するべき」という先入観にとらわれているときです。

私が、仕事をつまらないと感じるときは

  •  本当に必要な仕事?
  •  仕事の目的は?
  •  仕事を達成したときは誰へ貢献できるの?

などと考えます。

その結果、

  •  その仕事をなくす
  •  仕事のやり方を変える

などと自分がワクワクしながら取り組めるように工夫をします。

「本当のところ、どうなの?」と疑うクセが、自分の仕事を楽しくしてくれます。

自分の意見を言える人になる

自分の意見を言わずに他人の言うことに従っていては、いつまでたっても自分のやりたいことはできません。

周りの顔色を伺い、空気をよんで、何も言わないことで、仕事に消極的で、考えを持たない人とみなされます。

逆に、積極的に意見を言うことは、積極的に仕事に関わっている人とみなされます。

意見が組織貢献のためだとなお良いです。

初めのころは、上司や先輩などの顔色が気になりますが、積極的に自分の意見を言える人になりましょう。

仕事に積極的だと思われている人におもしろい仕事はやってきます。

小さな約束ほど守る

人間関係が良好であればあるほど働きやすいです。

人間関係で一番大切なことは、「約束を守る」ことです。

それもちょっとした約束でも守ることです。

なので、私は依頼されたことが些細なことほどすぐするようにしています。

言われた時にやるのを逃すと、なかなかできなくなってしまい、結果として約束を破ってしまうことになります。

また、ちょっとした約束をすぐにすると、相手に与える印象も良くなります。

こんな些細なことも、自分のためにきちんとやってくれるんだと思われると、重要なことも真かせてくれるようになるのです。

小さなことを積み重ねることが、自分のやりたい仕事を任せてくれることにつながります。

まとめ

自分の人生の責任を取れるのは自分だけです。

仕事はいろんな理由をつけて、妥協し、考えることを放棄してしまいます。

1日の約3分の1の時間を費やす仕事を楽しくするためには、ちょっとした工夫をすることでできます。

「働くことを考えはじめたときに読む本」には、楽しく働くヒントがたくさん散りばめられています。

仕事で悩んでいる方は一度読んでみてはいかがですか?

もう1つ読んでみてはいかがでしょうか?

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top