世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

いつまでも会社があると思うなよ 川島高之著 ~今の働き方、生活に悩んでいるサラリーマンにおすすめ~

いつまでも会社があると思うなよ 川島高之著 ~今の働き方、生活に悩んでいるサラリーマンにおすすめ~

「いつまでも会社があると思うなよ」(川島高之著)を読みました。

いつまでも会社があると思うなよ!

このままでいいのかなと不安を感じているサラリーマンに読んで欲しい本です。

川島高之さんは三井物産ロジスティクス・パートナーズ株式会社取締役でありながら、

NPOファーザーリング・ジャパン理事もつとめられています。

ファザーリング・ジャパンは「イクボス」を提唱するなど、父親の新しい働き方を提唱している組織です。

川島高之さんが考え、実践したことが詰まった本が、「いつまでも会社があると思うなよ」です。

ちなみに、「いつまでも会社があると思うなよ」というタイトルは

“今までと同じような働き方が続けられるような会社は今後少なくなる。
 更には生き方も大きくパラダイム転換する時期にきている”

との実感からつけたとのことです。

私は共感した3つのポイントを紹介します。

いつまでも会社があると思うなよ 川島高之著 ~今の働き方、生活に悩んでいるサラリーマンにおすすめ~

広告

人生は先送りにしてはダメ

人生は常に「今が旬」です。

その時にしかできないことがたくさんあるんです。

育児や介護だけでなく、将来のための勉強、一生を通じて大切にしたい趣味、婚活、妊活などもタイミングが重要です。

過ぎ去った時間は帰ってきません。

人生はどんなときでも、旬で軽視していいときなどないのです。

サラリーマンは、家庭より仕事を重視すべきだと考え、その時にしかできないことを先送りにする人生はもう辞めにしませんか?

三本柱がポイント

人生を先送りにしないためのポイントは「三本柱」を意識して生きていくことです。

三本柱とは、ワーク・ライフ・ソーシャルのことです。

ワーク:働くこと

ライフ:私生活

ソーシャル:地域社会と関わり

人生は1回きりなので、人生を楽しみつくすに全部を楽しむことが大切です。

その時にしかできないことはたくさんあります。

仕事をしているかと諦めずに、全て楽しむことができないのか考えることがスタートです。

どのような状況であろうと、1つだけに偏るのではなく、ワーク・ライフ・ソーシャルの時間を持つ努力が大切です。

会社にしがみつく生き方から、自分の足で立つ生き方へ

サラリーマンだと、職場という居心地の良い場所に引きこもって、会社の仲間とばかり群れて、会社に全て依存しがちです。

これでは、何かあった時に頼ることができるのは会社だけになってしまい、会社にしがみつく生き方になります。

職場以外の居場所をいくつか持ち、仕事仲間との関係を維持しながらも適度な距離をもつ。

そのうえで、会社で成果をあげながらも、別の仲間・別の世界を持っていると、会社に頼りきらない生き方になります。

もはや、会社が永遠にある保証はなくなりました。

何かあったら会社がなんとかしてくれるという意識を変える時なのです。

人生のリスクヘッジとして、会社以外の居場所を自分でつくっていくことが安心につながります。

まとめ

人生は一回きりです。

どうせなら120%楽しみたいですよね。

楽しむポイントはワーク・ライフ・ソーシャルの三本柱を全てを楽しむ努力をすることです。

自分の時間をどのようにマネージメントするかは自分次第!

このままでいいのかなと不安を感じている方は読んでみてはいかがですか?

いつまでも会社があると思うなよ!

もう1つ読んでみてはいかがですか?

残業しないのに給料が上がる人がやめた33のこと by 俣野成敏 ~やめることを決めることではじまる~ | kaku3.jp

仕事がツライと思ったら読む本 心屋仁之助〜本当に仕事が辛いと思っているあなたにオススメの本〜  | kaku3.jp

しあわせになれる『はたらきかた』武田双雲〜サラリーマンが楽しく働く5つのポイント〜  | kaku3.jp

働くことを考えはじめたときに読む本 by有川真由美〜仕事に悩んだときにオススメです〜 | kaku3.jp

「ちょっと今から仕事をやめてくる」北川恵海 〜仕事への関わりかたを見つめ直す小説〜 | kaku3.jp

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top