世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

デジット(DIGIT)〜マッチ棒クイズのように棒を動かして遊ぼう〜世界一幸せなサラリーマンを目指して

デジット(DIGIT)〜マッチ棒クイズのように棒を動かして遊ぼう〜世界一幸せなサラリーマンを目指して

子供と一緒に遊べて、大人も楽しいゲームを紹介します。

デジット(DIGIT)です。

マッチ棒クイズ系のゲーム|デジット|お勧め商品|キンダーリープ

ルールは簡単。

棒を一本動かして、手札と同じ形を作っていくゲームです。

1番早く手札が無くなった人の勝ちです。

単純だけど、頭を使って楽しいですよ。

デジット(DIGIT)〜マッチ棒クイズのように棒を動かして遊ぼう〜

広告

ゲーム対象者

人数 :2人〜4人
対象年齢:7歳以上

幼稚園児には少し難しいです。

ゲーム概要

1本だけ動かして、手持ちのカードと同じか「鏡に映った形(線対称)」になれば、そのカードを場に捨てることが出来ます。

最初に手持ちのカードを全て捨てた人が勝ち。

ゲームをはじめるにあたって

まず、以下の準備をします。

①各自に手札を5枚配ります。
②山札から1枚引き、みんなに見えるように起きます。
③出たカードの形に棒を並べます。
④年齢が1番若い人が、一本だけ好きな場所に動かします。

②と③の状態です。

④の状態です。

一本だけ動かせます。

この一本がどこに行くかは、結構重要です。

ゲーム開始

スタートの状態です。

手札を見ながら、同じ形にできないか考えます。

手持ちの札。

一本だけ動かして手札と同じ形にできる場合は、手札を場に出して、棒を一本動かします。

次の人も手札を捨てて、一本だけ動かして、同じ形にします。

このようにして、手札を1番早く無くした人が勝ちです。

購入

アマゾンから買えますよ。

Digit

まとめ

小学生の子供の方が早く気づくことが多いです。

頭が柔らかいからですかね。

たまに、全く手札を出せずにカードが溜まっていくこともあります。

その分、手札が無くなった時は、かなりの達成感があります。

子供と右脳を使って真剣に勝負をしてみませんか?

もう1つ読んでみてはいかがですか?

カタミノ(KATAMINO)〜36,057通りの組み合わせが数学的脳を作る〜世界一幸せなサラリーマンを目指して | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

アルゴ(algo)〜子供と一緒に遊んで論理的思考アップ〜世界一幸せなサラリーマンを目指して | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

埼玉アイスアリーナ(上尾市)〜家族でスケートを楽しむ〜世界一幸せなサラリーマンを目指して | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

12月はレゴのアドベントカレンダーで子供と盛り上がる〜世界一幸せなサラリーマンを目指して〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top