世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

ハリガリ フルーツゲーム 〜反射神経が試される!大人も子供も思わず熱くなるカードゲーム〜

ハリガリ フルーツゲーム 〜反射神経が試される!大人も子供も思わず熱くなるカードゲーム〜

ハリガリ フルーツゲームを紹介します。

ハリガリ カードゲーム|アミーゴ社(AMIGO)(5歳くらいから)|木のおもちゃ.jp

反射神経が鍵となるシンプルなカードゲームです。

場にでている同じフルーツの合計が5つになった時、最初にベルを鳴らすゲームです。

シンプルがゆえに、子供も大人も思わず熱くなってしまうゲームです。

ハリガリ フルーツゲーム 〜反射神経が試される!大人も子供も思わず熱くなるカードゲーム〜

広告

ゲーム対象者

人数:2人〜6人

対象年齢:6歳くらい〜

幼稚園だと足し算が遅いので、ちょっと難しいかな?

部品

ベルとフルーツの書いたカードのみです。

遊び方

中央にベルをおき、全員に同じ枚数を配りきります。

配られたカードは重ねて伏せたまま、自分の前におきます。

じゃんけんで勝った人が、持ち札の一番上のカードを表にして、素早く自分の前におきます。

順々に顔度を表にしていきます。

カードが出るたびに、ドキドキします。

二枚目からは、はじめに捨てたカードの上におき、一番上にあるカードだけが見えるようにします。

場にでている同じフルーツの合計が5枚になったときがポイントです。

最初にベルを鳴らした人がその回の勝者です。

勝者は捨て場でている全員のカードをもらい、自分のカードの下に加えます。

もし、お手つきをした場合は、自分の持ち札から全員に1枚ずつ配らなければなりません。

誰かのカードがなくなったときにゲームは終わり、残った持ちカードの数で勝敗を決めます。

まとめ

素早く計算をして、ベルを鳴らす反射神経が問われます。

どのカードだと、合計が5になるのか想像しながら出てくるカードを見ます。

躊躇したら負けです。

シンプルなので反射神経の差があらわになります。

大人だから勝てるゲームではないのが、楽しいところです。

真剣に勝負しないとベルは鳴らせません。

思わず熱くなってしまいますよ。

お友達などが集まるときにいかがですか?

購入

Amazon.co.jp | ゲーム ハリガリ フルーツゲーム<AMIGO社 ドイツ> | おもちゃ 通販

もう1つよんでみてはいかがですか?

デジット(DIGIT)〜マッチ棒クイズのように棒を動かして遊ぼう〜世界一幸せなサラリーマンを目指して | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

カタミノ(KATAMINO)〜36,057通りの組み合わせが数学的脳を作る〜世界一幸せなサラリーマンを目指して | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

アルゴ(algo)〜子供と一緒に遊んで論理的思考アップ〜世界一幸せなサラリーマンを目指して | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

埼玉アイスアリーナ(上尾市)〜家族でスケートを楽しむ〜世界一幸せなサラリーマンを目指して | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top