世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

むなしさの正体 武田双雲 ~毎日を充実させ、満たされた生活を送るための4つのポイント~

むなしさの正体 武田双雲 ~毎日を充実させ、満たされた生活を送るための4つのポイント~

「むなしさの正体 正しい幸せの求め方」武田双雲著を読みました。

むなしさの正体 正しい幸せの求め方

毎日、もっと満たされたいと思っている方にオススメの本です。

目標を掲げ、一生懸命努力して、達成しているのになぜかむなしさを感じるサラリーマンは多いと思います。

私は、目標を達成しても、目標を達成しても、日々むなしさを感じていました。

キーワードは「今」と「未来」です。

「今」に目を向け、「今」を味わうことで日々が充実します。

毎日を充実させ、満たされた生活を送るためのポイントを紹介します。

むなしさの正体 武田双雲 ~毎日を充実させ、満たされた生活を送るためのポイント~

広告

成長にこだわりすぎない

成長したいマインドが強くなると、「今」よりも「未来」が上位になってしまいます。

「未来」を素晴らしくしたいという想いは悪いものではありません。

しかし、「未来」に意識を向けすぎると、「今」の価値を必要以上に下げることになります。

今が駄目だとの想いから成長を目指すと、今の自分には「ない」という状態を決定付けてしまいます。

「ない」という欠落感が、むなしさを引き寄せます。

大切なのは、「今、ある」という感覚です。

「今」を満たしたうえで、どうしたいのかを考えて見ましょう。

今を否定し、成長にこだわると満たされる瞬間は訪れないのです。

「今」を満ちたりた状態にする方法

では、どうすれが「今」を満ち足りた状態に出来るのでしょうか。

本では、

いろんなことに感動・感謝すると、心は満ち足りる状態に近づく

と紹介されています。

部屋の電気、水道の蛇口から水がでること、自動車や電車などなど世の中には便利なものがあふれています。

誰かが手間をかけてやってくれたので便利に生活でき来ている状況に感謝できると、「ある」「満たされている」という状態に近づきます。

私も、全てを当たり前と思わずに、ありがたいと思えるようになってから「ない」という意識が薄れてきたように思います。

自分では出来ないこと、他の人がやってくれたことに感謝してみましょう。

むなしさを消す方法

本ではむなしさを消す方法が紹介されています。

それは、

・期待しない
・明確な目標をもたない

の2点です。

目標を持たないと何も達成できないのではと不安になってしまいますよね。

実は解説がされています。

期待をせずに、描いた夢を忘れるぐらい、今だけに集中して、目の前のことを楽しむこと。

なるほどと思いました。

「今」が重要なんですよね。

ビジョンを描こう

本では

明確に目標を掲げるのではなく、「ビジョン」を描く

ことが進められています。

ビジョンとは大きな夢ですよね。

私は「世界中のサラリーマンが毎日楽しく働くことができる世界」を夢として描いています。

この夢を描き、夢を忘れるくらい目の前のことを精一杯楽しんでいると、いくつかの明確な目標は、その途中でいつのまにか達成されると紹介されています。

明確な目標をもっていると、それにしか向かわなくなります。

ビジョン、大きな夢をもって目の前のことを楽しめば、夢は広がりますし、今を満たすことができるのです。

まとめ

重要なことことは「今」を生きることです。

「未来」の価値を高くしすぎないことも重要です。

常に感謝し、目の前のことを楽しく夢中で取り組むことで、むなしさを軽減できます。

「今」を味わうことを意識して毎日を暮らしてみましょう。

もう1つ読んでみてはいかがですか?

好きなことだけして生きていけ 千田琢哉〜好きなことをして生きていくために実践したい4つのポイント〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

自分を変える習慣力 by三浦将~人生を変える習慣化を身につけるポイント~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

Pot with the Hole (穴のあいた桶)プレム・ラワット著~大きな気づきが得られる言葉集~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

しあわせになれる『はたらきかた』武田双雲〜サラリーマンが楽しく働く5つのポイント〜  | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

仕事がツライと思ったら読む本 心屋仁之助〜本当に仕事が辛いと思っているあなたにオススメの本〜  | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top