世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

人生の勝負は朝で決まる 千田琢哉 ~朝の時間をもっと活用したくなる本~

人生の勝負は朝で決まる 千田琢哉 ~朝の時間をもっと活用したくなる本~

千田琢哉さんの「人生の勝負は朝で決まる」を読みました。

人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣

朝の時間を有効に使いたいと思って、この本を選びました。

読み始めて、すぐに早起きをするようになりました。

早起きが出来るようになった理由と朝に取り組みたいことを紹介します。

人生の勝負は朝で決まる 千田琢哉 ~朝の時間をもっと活用したくなる本~

広告

目覚めが悪いのは嫌いなことをやって生きているから

早起きできなくて悩んでいたことがありました。

早く寝て、早く起きようと努力してもなかなか布団からでられなかったのです。

こんな時は、早起きする努力よりもすることがあります。

嫌いなことを見直して、好きなことをはじめることです。

なぜなら、目覚めが悪いのは嫌いなことをやって生きているからです。

好きなことがあれば、勝手に早起きできるのです。

時間があればやりたいことは、ブログの記事を書くことです。

早起きして、ブログの記事を書くことにしました。

今は、ブログを書きたいので5時におきています。

早起きをしたい人は、まずは好きなことを見つけましょう。

勝手に早起きできるようになりますよ。

早朝からフル回転すると昼過ぎから眠くなってくるが、それでいいのだ

5時に起きると昼過ぎに眠くなることがあります。

そのたびに、早起きはやめたほうがいいのかなと思っていました。

著者は、

『早朝からフル回転で頭を働かせているのだから、昼過ぎに疲れが出てくるのは当たり前だ』

と紹介しています。

また、対策として

『ランチタイムに仮眠を取る』

ことが紹介されています。

このことで、昼過ぎには疲れて当たり前なことと、昼寝を有効活用しようと思いました。

5分程度の昼寝を試しに取ってみようと思います。

朝の出逢いは一生の付き合いになる

人と出会うのは、お昼または夜だと思い込んでいました。

著者は、

『朝の出逢いは一生の付き合いになりやすい』

と紹介しています。

朝は1人で考える時間にあてていたので、朝に人と会うという発想はありませんでした。

一生の付き合いを築きたいひととは、朝にアポイントを取るようにします。

毎朝同じ電車に乗っている人は、同じような人生を歩んでいる

著者は

『早い電車には、元気で向上心が強い人たちが乗っている比率が高かった』

『遅い電車には、元気がない人が多かった』

と紹介しています。

私は、通勤電車で暗い人たちに囲まれることがとても嫌でした。

結果、通勤が苦痛でした。

このことは、電車の時間を変えることで改善できそうです。

朝は家族と過ごす貴重な時間です。

家族と朝ごはんを食べて、元気な人が乗っていそうな時間の電車を探します。

こんな考え方があれば、通勤電車も楽しくなりそうです。

まとめ

朝の時間を有効に活用することで人生は大きく変わりそうです。

私は5時起きでブログを書くようになってから、すっきりした気持ちで1日を過ごせます。

朝一番に自分の一番好きなことができるからです。

もっと、朝の時間の使い方を工夫して、楽しい人生をすごしていきますよ。

朝の時間を有効に使いたいなと思っている方にはオススメです。

もう1つ読んでみてはいかがですか?

好きなことだけして生きていけ 千田琢哉〜好きなことをして生きていくために実践したい4つのポイント〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

やりたいことは、今すぐにやれ! 有川真由美著 ~今すぐ、やりたいことをやりたくなる本~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

あなたの1日は27時間になる 木村聡子〜働き方を進歩させたくなった本〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

臆病な僕でも勇者になれた七つの教え 旺季志ずか〜新しい自分に生まれ変わるための4つのポイント〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

自分を変える習慣力 by三浦将~人生を変える習慣化を身につけるポイント~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top