世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

「ずっとうまくいく人の習慣」本田健 〜自分の時間を確保するためにしたい3つのこと〜

「ずっとうまくいく人の習慣」本田健 〜自分の時間を確保するためにしたい3つのこと〜

仕事が忙しくなり、社内外の人と会う時間が長くなると、

自分の時間を全く持てなくなる経験をしました。

このままでは、なりたい自分になれないと危機感を強くもちました。

どのような状況に置かれても、自分の時間を確保したい!と強く思っています。

そんな時に出会った本が「ずっとうまくいく人の習慣」 本田健 です。

この本には、44個の大切な習慣が書かれています。

そのなかでも、私は「時間」に関する習慣について書かれたことが勉強になりました。

やりたいことがあるのに、時間がないという方はたくさんいると思います。

私がこの本から学んだことを共有したいと思います。

「ずっとうまくいく人の習慣」本田健 〜自分の時間を確保するためにしたい3つのこと〜

宇部 線路

広告

①「やらなくていいこと」はばっさり捨てる

この本には、

 ”その会議、その仕事、本当に必要ですか”

と書かれています。

ドキッとします。

無駄な仕事はしてません。

しかし、今している仕事が全て「絶対にやらなくてはならない仕事」という自信はありません。

まずは自分の仕事をリストアップして、3分の1くらいばっさりカットしてみたいと思います。

②「今さら、やめるわけにはいかない」を乗り越える

この本には

 ”ムダだと思ったときに、自分で捨てる勇気があるかどうか”

だと書かれています。

カットしたい仕事をリストアップできても、捨てる勇気がなければ、仕事は減りません。

過去から継続してきた仕事ほどやめることがためらわれます。

なりたい自分になるために、勇気をだしてみます。

③「短時間で仕上げるクセ」をつける

この本には

 ”普段から集中力を磨いていると、
 仕事の効率がよくなるだけでなく、
 いざとういうとき「強み」になります”

と書かれています。

厳選した仕事もより効率的に進めることで、自分の時間を確保することができます。

また、自分の好きなことをするときも、効率的に進めることができます。

常に時間の制約をつけて、集中力を磨く訓練も行いないと思います。

まとめ

 ”私たちの人生は、習慣でできています。
 うまくいく人には、うまくいく人の習慣が、
 そうでない人には、そうでない習慣があります。”

さらに

 ”人生がうまくいくコツとは、
 とても簡単に言えば、
 「いい習慣」をひとつ身につけ、
 「よくない習慣」をひとつ手放すことです。”

と書かれています。

本当にその通りだと思います。

しかし、頭ではわかっていても、実践することは難しいです。

「やらなくていいこと」を捨てる習慣を身につけられるように、勇気をもって取り組んでいきたいと思います。

なりたい自分になるための時間を本気で確保したいと思います。

関連記事

劇的な行動の変化ができていなかった

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top