世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

残業せずに定時で帰る方法〜入社して12年間ずっと残業してたぼくが毎日定時退社できるようになるまでに実践した10のこと〜

残業せずに定時で帰る方法〜入社して12年間ずっと残業してたぼくが毎日定時退社できるようになるまでに実践した10のこと〜

私は会社に入社してから、12年間ずっと残業ばかりの毎日を送ってました。

定時に退社できる人は、仕事をしていない人しかいないた思ってました。

子供が大きくなってくると、仕事のために家族との時間を犠牲にしたくないと思うようになりました。

もっと自分の時間、家族との時間を持ちたいと思い、一念発起して定時退社に挑戦しました。

工夫を重ねることで、17週間ほぼ毎日定時退社することができたのです。
定時退社して楽しいサラリーマン生活への挑戦 17週目  | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

特別なことはしてません。

ちょっとした工夫を重ねることで、定時退社でき、かつ仕事も楽しくなります。

私がやってきた9つの工夫について紹介します。

残業せずに定時で帰る方法〜入社して12年間ずっと残業してたぼくが毎日定時退社できるようになるまでに実践した10のこと〜

広告

仕事が終わっていなくても定時で帰る

最初のステップは、仕事が終わって無くても定時で退社しましょう。

無理やり退社するために、予定を入れるのも手ですね。
「結果を出して定時で帰る」を実践〜とにかく予定を入れる編〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

そして、終わっていない仕事をリストアップします。

終わっていない仕事にコメントをつける

終わっていない仕事に自分の気持ちをつけましょう

私の場合は

・絶対にやりたくない
・おもしろくない
・今日じゃなくていい
・苦手だな
・乗り気がしなかったな

などとコメントをつけていきます。

やりたくないなって思ってる仕事は、実はやらなくてもいい仕事が多いのです。

やりたくない仕事・おもしろくない仕事・苦手な仕事への対処法

やりたくない仕事・面白くない仕事・苦手な仕事への対処法はそれぞれ異なります。

やりたくない仕事

やらなくて言い方法を本気で考えます。

私の場合、誰の役に立っているのかわからない仕事はやる気がでません。

誰のための仕事かを考え、

非難されないため
怒られないため
自分の面子を守るため

と判断した仕事は全て辞めました。

もちろん部下と相談してですよ。

辞めて起こった問題は何もありません。

部下たちも仕事が減って喜んでます。

おもしろくない仕事

自分が楽しいと思うやり方を探します。

どこが面白くないのか、どうやったら面白くなるのかを真剣に考えます。

まずは自分で考えて、試行錯誤してみるのです。

私が楽しめていない仕事は部下たちも楽しくない仕事が多いです。

自分で思いつかないものは会議の中で、楽しく仕事をする方法について議論します。

聞いてみると、いろんなアイデアが出てくるんですよね。

苦手な仕事

苦手な仕事は、得意な人、好きな人に任せます。

任せるときは、私は苦手なので助けて欲しいといって任せます

逆に部下が苦手で困っている仕事で私が得意なものは引き受けます。

私は仕事の断捨離が得意です。

仕事や書類なので、辞めたり捨てていいかどうかで悩んだ場合は私が背中を押してあげます。

ちなみに、断捨離するかどうかは夜や朝のリラックスしたと気に考えています。

私はお風呂で考えることが多いです。

定時までに終わった仕事にもコメントをつける

少し余裕が出てきたら、定時までにした仕事にもコメントをつけましょう。

私は、自分の気持ちを重視しながらコメントをつけます。

・楽しかった
・ワクワクした
・これって得意かも!
・義務感でやった(つまらないけど仕方ないな)
・得意だけど、ワクワクしない
・評価してほしくていやった
・自分を良く見せたくてやった

この中で、つまらない仕事、ワクワクしない仕事、自分をよく見せるためにした仕事は見直します。

見直し方は、「辞める」「やり方を帰る」「他人に任せる」を中心に考えます。

責任者になると、自分を守るためにしていることが多いんですね。

保守的にならなければ、やめられることはたくさんあります。

その日に絶対にやらないといけないことだけををリストアップする

定時で帰るための一番の近道は、仕事を減らすことです。

不必要な仕事をへらることができたら、今日中に絶対にやらないといけないことだけをリストアップします。

プラスαの仕事をタスクにすると楽しくないのです。

定時退社するためには、今日にしないといけないことだけリストアップしましょう。

本当に今日にしないといけないことは何なのかを考えるクセが大切なのです。

ちなみに、私は常に数ヶ月先までを見通して、今日に絶対にしないといけないことを書き出しています。

平日に時間のない人は、日曜日に手帳を開いて、1~2週間先を眺めましょう。

そして、月曜日から金曜日までに絶対にしないといけないことを書き出してみましょう。

実は当日中にしなければならないことは、そんなにないのです。

絶対にしなければならない仕事を終わらせると罪悪感なく定時退社することができます。

仕事のスピードを上げよう

今日中にしなければならない仕事は絶対にやらなければなりません。

必要な仕事を絞ることができたら、仕事のスピードを上げる工夫をしましょう。

不必要な仕事のスキルを高めても、楽しくないですし、誰の役にも立たないのです。

たまに自己満足になってることすらあります。

スピードの上げ方は、仕事の内容によって異なります。

私は楽しそう仕事をしている人や、速いなと思った人にコツを聞いています。

効率的にスピードを上げる方法は人に聞くことが近道です。

本を読んでまねしてもいいと思います。

その場で終わらせる

仕事は持ち越さないことが早く終わらせるポイントです。

例えば、メールは見た時に返信をします。

提出が必要な書類が添付されていても、その場で調べて提出をします。

膨大な量を調べる必要がある時は、その場で分解して、日にちごとにタスクを決めます。

部下から相談があった場合でも、その場で決断をして方向性を決めます。

仕事を通じてどうなっていたいのかを常に想像していると、進みたい方向が見えてくるのです。

この方向と部下からの提案をミックスすると、自然とその場で決断できるんです。

次に紹介する、先のことを常に考えるクセをつけると決断するスピードが劇的に上がりますよ。

仕事で成し遂げたいことを常に考えるクセをつける

休憩時間や空いている時間で、やっている仕事を通じて何を成し遂げたいのか、どうなりたいのかを常に考えます。

すると、仕事の重要度や優先順位が自然と見えてきます。

実は、仕事中に悩んでいる時間は多いのです。

仕事がスムーズに進まないときは、誰かが悩んでいて、決断できていないのです。

悩む時間を少なくするには、仕事を通じてどうなりたいのかを自分の中に持っておくのです。

すると、どっちに進むべきか悩んだときは、なりたい姿に近づくほうを選択していきます。

先を見通しておくことで、悩む時間が少なくなり、仕事をスムーズに終わらせることができるようになります。

仕事中に未来のことを考える時間を作ろう

今日中にやらないといけないことを絞って、スピードを上げると退社するまでにフリーな時間ができます。

残業ばかりの人は信じられないかもしれませんが、時間ができるのです。

この時間では、未来の仕事について考えることをオススメします。

大変だな、心配だなと思っている仕事について考えます。

ポイントは、いかに楽しく、いかに楽にできないか考えます。

数ヶ月前だと、追い込まれていないので自由な発想がでてきます。

そして、新しい試みを試す時間と心の余裕があるのです。

直前に取り掛かると、余裕がなく、過去どおりにしか出来なくなります。

過去に膨大な時間がかかる割には、効果が薄いと感じた仕事についてはやり方を変えました。

実際に、かける時間は10分の1以下、効果は倍以上のものがたくさんあります。

今の時間に余裕ができると、将来の仕事を楽しむための時間にあてましょう。

将来の仕事を効率的にする投資をするのです。

空いた時間で勉強をしよう

仕事を楽しくするには、自分の視野を広げる必要があります。

会社の中にいると、その会社の価値観や仕事のやり方に染まってきます。

すると、新しい発想や新しい気づきは得られないのです。

私は、就業時間中でも、雑誌や新聞を読んだり、セミナーに参加します。

その中から、今の仕事を効率的にしたり、新しいやり方を取り入れるヒントが得られるのです。

仕事を減らして時間と心の余裕を作り、新しい視野を取り入れ、試してみることでもっと仕事が上手くいくのです。

自分で考えて、工夫して、うまくいくと、楽しくなります。

楽しくなると、自然と更に工夫を重ねるのです。

私は部下たちにも、平日の就業中も仕事を効率的に終わらせて、セミナーに行くことを推奨しています。

まとめ

定時で退社するためは、目的に繋がらない仕事を減らすことがポイントです。

定時に帰ることも、仕事を減らすことも勇気が必要です。

人生を変えるためには勇気が必要なんです。

勇気を出して、楽しく挑戦すると仲間が増えてきます。

まずは自分が勇気を出して、定時退社に向けて踏み出してはいかがです?

幸せに働く工夫についても書いてますので気になる方はチェック

幸せに働く工夫

定時に帰りたい人はこちらをチェック

書評はこちら
結果を出して定時に帰る時間術 by小室淑恵 〜私のサラリーマン生活を変えた本〜

もう1つ読んでみてはいかがですか?

上司より妻の機嫌を大切にする~幸せに働く工夫~

忙しさに埋没しないための朝の工夫〜幸せに働く工夫〜

家族との時間を大切にする理由は?〜幸せに働く工夫〜

定時退社をすると、「平日」だけでなく「休日」も充実する

3日間つづけて定時退社をしてみて

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top