世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

ありのままの自分を目指して[No.6]〜自分を卑下してもいい〜

ありのままの自分を目指して[No.6]〜自分を卑下してもいい〜

大塚彩子さんが主催されている「ビリーフリセット・カウンセリング講座」でセミナーを受けています。

ビリーフリセット・カウンセリング講座 始動しました | 自分にOKを出して前に進む!

人はいいところとダメなところを合わせて自分自身なんです。

ありのままの自分になるために、自分のダメなところを見つめて、受け入れる訓練をしていきます。

嫌いな人の許せないところ(自分で自分を罰してる部分)

「自分を卑下すること」

えっ、何がしたいのと思ってしまします。

無反応だと、「やっぱりそうだよね」と言うし

「そんなことないよ」と言うと、さらに自分がいかにダメな人間かを説明されます。

こんな生産性のない話をされるとイライラして、その場を去ります。

嫌なところを許してみる

「自分を卑下してもいい」

独り言なら許せるけど、人に言う場合は許せる気がしません。

許してもいい理由を考える

なぜなら、

・ダメな自分でもいい

・生産性がなくてもいい

・ダメな自分を晒してもいい

・拗ねててもいい

・人に迷惑をかけてもいい

・役にたたなくていい

ダメダメで迷惑をかけてもいいんですよね。

まとめ

好きなことをしようと思って日々行動をしてます。

人は誰かに迷惑をかけてるんだから、嫌なことより、好きなことをしようと思ってます。

ただ、ダメな自分を見せて、迷惑をかけることはダメだと思っているんですね。

自分を卑下してる人をみると、ばれてはダメな自分を晒しているように見えてドキドキしてたんですね。

ダメで、役に立たなくてもいいと思って、いろんなことができるようなに訓練していきますよ。

広告

もう1つ読んでみてはいかがですか?

ありのまま自分を目指して[No.5]〜三日坊主でもいい〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

ありのままの自分を目指して[No.4]〜効率的でなくてもいい〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

ありのままの自分を目指して[No.3]〜わがままを言ってもいい〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

ありのままの自分を目指して[No.2]〜人を信じなくてもいい〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

ありのままの自分を目指して[No.1]〜嫌味を言ってもいい〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

私が「ビリーフリセット・カウンセリング講座(大塚彩子さん主催)」を受ける理由 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top