世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

3日間つづけて定時退社をしてみて

3日間つづけて定時退社をしてみて

目標の一つに「定時退社をする」をかかげました。

これまで長時間労働をし続けてきたわたしにとって、大きな変化です。

3日間つづけて定時退社に挑戦してみました。

定時退社しようと思った背景から、実施した結果までを報告します。

3日間つづけて定時退社をしてみて

玉造温泉 こまいぬ

なぜ、長時間労働をしていたのか

私の会社は長く働く社員ほど優秀との雰囲気があります。

優秀だと認めてもらいたくて、私も遅くまで働いていました。

実は、評価が欲しかっただけなのです。

なぜ、定時退社しようと思ったのか

自分の人生を考えたときに、本当に欲しいのは他人の評価ではなく、自分らしく生きることだと気付きました。

自分らしく生きるには、自分の時間、家族との時間を大切にしたい。

このような想いから、「定時退社」をすることを決めました。

定時退社するために

長く働くほど優秀だと思って、10年間過ごしてきました。

そんなわたしは、定時に退社することに罪悪感を持っています。

そこで、定時に退社しなければならない予定を入れました。

1日目 定時退社 ⇨ TOEICの試験
2日目 定時退社 ⇨ 赤羽会にて交流を図る
3日目 定時退社 ⇨ 子供の習い事のお迎え

定時退社を実施して

結果として、予定を入れた3日間は無事に定時退社することができました。

予定がないと、定時退社する勇気はまだありません。

予定があると、朝一で退社する時間を上司や同僚に伝えることができます。

帰る時間をみんなに宣言することになります。

意外とみんな協力的でした。

周囲に迷惑をかけないためにも、仕事の優先順位を決め、その日にやるべきことが明確になります。

もちろん、集中力も高まります。

帰り際に、他の人から仕事を依頼されることもありません。

ちょっと怖かったけど、3日間連続で定時退社してもなんの問題もありませんでした。

むしろ、仕事を効率的に実施することができました。

まとめ

怖かったけど、挑戦してよかったです。

自分の時間も家族との時間もこれまで以上にとることができました。

もちろん、シルバーウィーク明けも定時退社できるようにチャレンジしてみます。

いつまで続くかな?

関連記事

家庭を優先させることが仕事をうまくいかせるコツ?

「ずっとうまくいく人の習慣」本田健 〜自分の時間を確保するためにしたい3つのこと〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top