世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

「遅読家のため読書術」by印南敦史さん〜誰でも早く読める〜

「遅読家のため読書術」by印南敦史さん〜誰でも早く読める〜

印南敦史さんが書かれた「遅読家のための読書術」を読みした。

すっきりしました。

能力がないから、本を早く読めないと思ってました。

能力ではないんです。

本を読む目的で、読むスピードは変わります。

本を読むスピードが遅くて悩んでる方にはオススメです。

なんか、すっきりしますよ。

誰でも早く読める

広告

遅いのは熟読の呪縛

本を読むスピードが遅い人は、本に書かれていることを全て身につけようとします。

私もそうです。

すると、一言一句忘れないように熟読してします。

だから、読むスピードが遅いんです。

早く読む人たちは、本から印象に残ることが1つでもあれば良しとしてます。

なので、自分にとって大事ではないところは、一言一句丁寧に読みません。

本に対する考え方の差で、本を読むスピードが変わるんです。

本から何を得たいのか考える

読むスピードが遅い人は、本から得たいことが決まっていません。

得たいことが決まってないと、何かいいことが書いてないかと一言一句丁寧に読むことになります。

早く読む人は、本から得たいことが決まっています。

「探す」目的で読んでいると、早く読んでいても関連する場所は目に止まります。

アンテナを立てておくて、重要なところが自然と見えてきます。

何のために読むのかを決めると、本を読むスピードが上がります。

1ライン・サンプリング

私は、早く読むと何にも残らないのではと不安になり、ゆっくり読んでました。

ゆっくり読んでも、時間が経つと忘れてしまうんですが。

著者は「読んでるときに気になった箇所を書き写す」ことを進めてます。

気になったところを紙に書き写しながら、読んでいくんです。

すると、早く読んでも形に残すと安心できます。

熟読しても読みっぱなしなら忘れてしまいます。

1ライン・サンプリングで、形に残しましょう

安心して、早く読めます。

まとめ

読書に何を期待するかで、本を読むスピードは変わります。

書かれてる全てを吸収することはできません。

今の自分に必要なことだけわかればまいいんです。

読む目的を決めて、自分にとって必要なとこだけ読む。

これが早く読むコツです。

本を読むのが遅いと悩んでいる人にはオススメです。

もう1つ読んでみてはいかがですか?

「読書で自分を高める」著 本田健 氏〜読書を楽しむために実践したい5つのこと〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

「才能を見つけるためにしておきたい17のこと」本田健 氏~才能を見つけるための6つの挑戦~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる 藤由達藏 ~行動力を高めるために大切な5のポイント~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

人生の勝負は朝で決まる 千田琢哉 ~朝の時間をもっと活用したくなる本~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top